色々リピしてます。

先日のニュースZEROで元気そうな翔さんの姿を観てこちらまで元気になった。
ああ、良かった~
 
というわけですっかり安心して年末年始の番組を何度も観ている。
 
大野くんは絵は描いていなくて、バジルを育てたり料理しているという話に私はガッと食いついた。
 
このブログでもよく書いているが、私は昔からハーブが好きなので、なんだか嬉しかった。
10年くらい前、絵や釣りなど同じ趣味を嬉しく思っていたが、その頃は 大野くんがハーブが好きになるなんて事はないと思ってた。大野くんがバジルを育てる日がくるとは思ってもいなかったよ。
 
で、コンサートツアーが始まった頃やめたと言っていたが…
大野くん、それでいいんですよ。
バジルは日本では一年草だから水遣りに関係なく秋には枯れるもの。
「えんえん育つぜ」と言って東京で11月まで育っていたなら、上手に育てていたという事。大野くんすごいっ(何でも褒める。笑)
 
けど、女の人がハーブを栽培してるとささやかな楽しみっていう感じがするけど、男性だと なぜかちょっとわびしさを感じるのは私だけかな
 
さて、絵については「好きで描きたい。描きたい時に描こうと思っているだけ」との事で、それを再確認できている大野くんは素晴らしいと思った。
フリスタの頃は半分仕事みたいだとも話していたから。
本職ではないのだから 今後ゆったりと楽しんで描けますように
 
ゲッターさんによると、今年の大野くんは最高の仕事運を持っているらしいので、もしかすると 今後 興味が仕事のほうに向くのかもしれない。(完全に勝手な希望的観測だけどね
しかし、占いなんかどうでもいい。
 
大野くんの実力はまだまだ世の中に出ていないと私は思っている。そして今後世に知れ渡る事は 占い師でなくても予想できる。
それが今年なら嬉しいが、もしゲッター飯田さんがはずしても、遅かれ早かれいつかは必ず 大野智はデッカイ仕事で成功する。
するって言ったらするっ(駄々っ子か)
 
だから、勝手に楽しみにしておくよ。
 
年末年始の番組についてはまだ書きたい事いっぱいだけど、とりあえず今日はこれまで。
 
あ、今日から京セラドーム。
年末年始の話もありそうだし、楽しそうだなぁ。
いいなぁ~
 
ではまた
 
 
 
 
 
line

番宣お疲れ様でした。

さっさと書こうと思ってたのに、日にちが過ぎてしまって今日になってしまった
13日は もう番宣からしてドキドキしながら観た。波瑠さんは喉の具合が悪く話せないというアクシデント。でも、こう言っては何だが、大野くんは会話の上でも他人に譲る省エネ(?)タイプなので、こういう事態はおのずと積極的に話す事となり、ファンとしては悪くはない。
けど、大野くんは大変だったでしょうけどお疲れ様でした。
何かで読んだけど、波瑠さんが撮影お休みの日が取れたという事を聞いて、「ようやく休めるんだ」と、大野くんは自分が休みをもらうより嬉しい気持ちになったのだそう。人が休むと聞いて喜んだのは初めてとの事。
でも、大野くんらしさの伝わるエピソード
 
波瑠さんの体調が早く戻られますように…。
 
 
さて、番宣の大野くんはスリーピースのスーツ。ベストがシワシワになっちゃってて、いつもより増して猫背強調。(笑)
魔王の時に比べると随分大人のお顔に見えるが、でもやっぱり相変わらずのキョトン顔
可愛いすぎる~
35歳にして七五三みたいな智ちゃんであった。(笑)
仕事は出来るが、何となくどこか残念な感じのする若社長のキャラが そのまま重なるような…
 
などと言いながらも、私はこの日の大野くんのヘアスタイルなどなど、そのかっこよさに見惚れてしまって…
やっぱり魔王の頃より大人の魅力が増し、安心してみていられた。
オトボケな表情や、ちょっとリラックスしたような話し方は相変わらずだったけど、マイペースな余裕にも思え、どの番組の大野くんも素敵で大満足だった
 
早朝から各ワイドショーをはしごして、ヒルナンデスでは跳んだり跳ねたりしてたし、まぁ大変だった事。個人的には女性に人気の料理を答えるクイズで「女性の背中の筋」っていう答えが、もう意味わからん過ぎ。あれは何だったんだろ(笑)
 
一番良かったなぁと思ったのはNews every.
杉本哲太さんの的確な大野智評にうなずいた。
大野くんがよく言う「自分は指示通りに演技してるだけ」というのも 私はすごく好き。
(それについてはまた書くと長くなりそうなので次に書くとして…と)
 
「そらジロ~!」の呼び方も良かったなぁ
大野くんはやっぱり一人でご出演のほうがイキイキとした特徴が際立つね
 
朝から夕方まで ずーっと番宣、お疲れ様でした。ファンの皆様も 勿論楽しかったけど、久々のテレビかじりつき、なんだかやっぱり慌ただしかっですね~お疲れ様でした。
おかげで一日中楽しめて良い一日だった。
週末 志村動物園などなどあるし、まだ終わってないけどネ。
 
で、あちゃ~   肝心のドラマの感想 書いてない
またゆっくり書きまーす。(相変わらずのゆっくりし過ぎ、すみません…)
 
ではまた~
 
line

スーツ姿も楽しみ♪(*゚▽゚*)

先日のzipは、波瑠さんと大野くんご出演。
二人で腕をぶつけながら でっかい輪を描いて、なんかフワッと優しい雰囲気のお二人
結婚相手に求める条件は「清潔な人」と大野くん。
綺麗好きまでいかなくていいんだって。
バスタオルは 臭うまで洗わないというのをちょっと思い出してしまい、大野くんの考える「清潔」のレベルは、神経質なほどでもないと思うが、以前 洗い物や掃除の話もラジオでしていたし、きちんと綺麗にしている感じもするなぁ。
でも、前に マネージャーの車の後部座席で鼻クソほじるって話もしてたし。(笑)
いやぁ~、実際のところどうなんだろう
結婚相手より大野くん自身の事こそ謎だなぁ。
 
波瑠さんも同じく「不衛生でない」のが良いらしい。あと「健康な人」。
リアルに結婚を考えると、正直な答えでうなずけるが、
健康かぁ……「当たり前の事ですけど」っていうほど、当たり前に手に入らない人もいるので、ちょっと酷な答えにも思えてしまった。
私、何かしら精神的に過敏症なんでしょうかね ~
ひと昔前の3高やら言ってるより全然奥ゆかしいお答えなのにネ。
あ、そうだ、つい先日、優しい新次郎さんを病気で亡くされたばかりの あささんだもの。健康が気になるのも無理ないわよね(笑)
 
さて、毎朝やってる「鮫島零治のありがたい言葉」は、スーツが本当によく似合っていて素敵
白襟にピンクのシャツ、紫の柄のネクタイ…と、ちょいとしゃれていて上質そうなセレブ感がある。ドラマが始まったら、鮫島零治スーツコレクションを毎回写メって保存しておかなきゃ…と、今から密かにスタンバイ。たくさんお着替えするって言ってたものね。
それも楽しみ
 
毎朝、社長のお顔を拝見できて、ファンとしてはこの上なき幸せ。予告を観れば観るほどに大野くんにぴったりな役だわ~って期待度が増す
 
雑誌の智祭りも とどまる事なくまだまだどんどん出ているようで、私もTVライフpremiumとan・anがセブン店舗に到着していると通知があったが、まだ取りに行けていない
 
実は 先日、子宮頚管ポリープ切除をしてきた。入院なしの日帰り。何年も取らずに放置してきたが、不正出血など色々不都合があったので、取った方が良いとの事で。
というわけで 予後 多少の痛みもあり、家でおとなしくしていた。でも、もう治った。すっかり元気~っ
 
TVライフpremiumは、本屋でチラッと観たが何ページも撮影シーンショットが沢山載っていて「ネクタイを結ぶ練習しなきゃ」みたいな事が書いてあった。本屋では買わずに帰ったが、その言葉で、ネクタイと格闘してる智ちゃんを想像しては ひとりでふくみ笑いをし、すぐネット注文しちゃった。
 
楽しみです~
明日は取りに行ってきま~す!
 
line

バックダンサー嵐

V6の20周年記念コンサートの最終日にTAKE ME HIGHERで嵐さんがバックダンサーをつとめたらしい。
これは、やっぱり NHKあさイチでしょ~って見張ったが、話はしていたものの まさかの映像なし。
え~~っ?!なんで~?
 
めざましは観て、ビビットで録った。
ほんの数秒だったが。
 
客席に座ってる姿も流れていたが、嵐さん達はTシャツなどラフな姿。隣にマネージャーらしき方が…と思ったが、よく見たら城島さんだった。(コンサートにスーツにネクタイ、オールバックなんですね…オールバックはええやろ…(笑)
 
踊りだす前、暗転で黒い影の中、なぜか後方センター位置のバックダンサー、一人だけ後光が射したように光輝く大きめのシルエット。
 
大野くん
 
私の目がおかしくなったのも ここまで来たか…とも思ったが、偶然 光の加減でそう映っていたようだ。
偶然だけど、それはまさしく今の大野くんを表しているかのように私には思えた
 
ジュニア時代、テレビのカメラワークから見切れていた分、今日、取り戻したゼ!と思えるくらい。(笑)
その ほんの1~2秒を静止画像にしては観てうっとりした。
 
踊りだしたら、もう そりゃ~かっこいい~~
またまた思い出した、kyotokyoの映像。
 
私は再確認した。
結局、バックにいても、端っこでもセンターでも関係ないんだ…と。
 
大野くんのダンスは、画面のどこであっても やっぱりひときわ すごいのだ。
 
ダンスにおいての立ち姿は世の中の誰よりも真っ直ぐ。(世の中のって…笑)手を横に上げる時の手首から先に 力は入ってないのに神経が宿ってる。
それが大野くん
 
ジュニアの頃の昔映像を思い出しては いつも「すごい」「ステキ」って言ってるけど、
でもやっぱり それを超える“今”を感じる。
 
昔と今の大野くん。
同じだけど 違う。
違うんだけど、変わらないものがある。
 
その後、落ち着いてから 嵐さんおのおのを見渡すと、やっぱり みんな 身体ががっしりして、当然ながらバックダンサーには似つかわしくない存在感を放っていた。
 
けど、ニノちゃんだけは違和感なくジュニアになり切れていたように見えた。遠巻きだったからかな?   いや、彼の場合は自分で演じられる感じだろうか。なにせ カリスマジュニアで歌えたり、32歳で学ランも着れる人だもんね。やっぱり永遠の17歳って本当だわ。
 
ビビットでは国分さんが、TOKIOがダンスに加わらなかった事を ダンスを覚えられない…なんて話していたが、面白可笑しく笑かすのもいいけど、そこはそんな説明じゃなく…。
今回 嵐が踊ったのは、翔さんが僕らはV6チルドレンと言っていたように、昔 ジュニアの頃 V6のバックで踊っていたという経緯があるからだと、それを説明せんか~ぃ!と思った。
だって、そこに特別な意味があり、思い入れやら、愛があると思うので。
 
嵐さんは、知り合いのV6ファンからVHS映像を借りて、それを観ながらバックダンスを練習してこのステージに臨んだのだそう。(て言うか、そんな映像 ジャニーズ事務所になんぼでもあるやろ~に…笑)
今、自分達のコンサート前の一番忙しい時だろうにね…素敵な話じゃないですか。
 
少年倶楽部プレミアムか何かで もっとしっかり観たいなぁ。ぜひ放送して下さ~い!!
 
 
 
line

嬉しい遭遇

息子が一緒に暮らしていた時、毎週観ていた番組が、今も勝手に毎週録画予約されていて、私はたまにちょっと観てる。意外と面白い番組があるので。
BSジャパンのオンザロック。音楽についてちょっとコアなところを語る番組。
そしたら、先日、意外なゲストが出ていた。

奈良美智さん。

青森から東京へ夜行列車に乗って初めてニールヤングのコンサートに行き感動した話をしていた。
美大進学を決めたきっかけの話なども。
音楽を聴きながら絵を描き、やがてはアルバムを聴き終わった事にも気づかないくらい集中して描いているという話なども。そういう時、いい絵が描けているのだそう。
話が面白くて、少年のようなキラキラした目で話していた。
私は初めてわかったような気がした。

ふと観た番組で遭遇した “奈良っち”であった。
私は、かの奈良美智の事を アーティストとしてではなく、大野くんのお友達としてとらえていた。

そっかぁ~、こんな楽しい話をする人なんだ…
キャップをかぶり、Tシャツ、パーカー姿。まるで大野くんみたいな装いの奈良さんが 自分の好きな音楽について飾り気なく、素朴に、でも熱く語っていた。
大野くんが “奈良っち”と慕っているのがわかった気がした。

奈良さんは 昔 レコードジャケットを見て知らず知らずのうちにアートの世界にも興味を持ったのだそうで「自分の美術の勉強は、8割は音楽で出来てる」と話していた。

ちなみに、奈良さんのお気に入りの曲は…
ニールヤング「ハートオブゴールド」
ファーストエイドキット「ステイゴールド」
ロニーレーン&スリムチャンス「ポーチャー」

私が持ってるのはニールヤングだけで、あとは知らなかったが、どれも叙情的な感じで、綺麗なメロディーで素敵な曲だった。

大野くんと音楽の話なんかもするのかなぁ。
少し前に 大野くんも 絵を描く時にリンキンパークを聴いたと話していたのを思い出し、年代は違えど、ぴったりな二人に思われた。

そして、私もまた奈良美智という人の魅力にひきこまれてしまった


息子が毎週予約したままになってる番組で「マツコ&有吉の怒り新党」もあり、これも面白いのでなんとなく観てるの。
そしたら、何週か前の録画にキリンメッツCM30秒が録れていて、 私はも~~大喜び



あったのね、30秒。
もっと早よ出さんかぃっ!
どんどん流さんかぃ!

あ~~、踊る大野くんって どうしてこんなに素敵なんだろう。こういうミュージカルみたいな中で踊る映像。
こういうの 観たかったのよ~~



1分はないのかな。(だんだん欲張りになっていく…笑)

相葉ちゃん すみません。このCMだけは大野くんしか見れない。どうしても見れない。(オバハンがどこを見ようが相葉ちゃん全然困らん…笑)

なんとなく録画してある番組でも、観てみるもんだわね。
お宝が入ってないとは限らないんだから。キリンビールのCMもたまに入ってるし、
怒り新党は今後も要注意だな…とみた。

line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line