その後…


嵐活動休止のお知らせを受けてもうだいぶ経ったが、私はその後もずーっと大野くんの事を考えている。いつまでこの話をするのかは不明。気が済むまで喋りそう

先日「15年目の告白」での大野くんの話を見返した。2006年頃嵐を辞めたいと思っていたと話していた映像。

「この仕事してたら出来ない事に興味を持ち始めた。長い休日をとってとか出来ないじゃん?海外を放浪したくなって、なんかもう単純に自由になりたいみたいな感じ。その気持ちがずっと起きて。この気持ちのままいられないなと思って、申し訳なくてすごい葛藤してた。10周年で盛大に祝ってもらってから我に返った感じ。」

それを観て、私は思い出していた。いつからか大野くんが雑誌のインタビューなどで自分の立場を「使命」という言葉を使って話していた事を。なんだか切ない気持ちで読んだのを覚えている。

「我に返った」なんて言っていたけど、自分を抑えて、自分に言い聞かせていたのではないだろうか。彼は何年かけて葛藤してきたのだろう。

そう思うと、活動休止はどうあっても避けては通れない必要不可欠な事なのだと理解できる。

私は大野くんの言葉をそのまま受け取る事にしようと思う。

大野くんは言った。

 

「自由な生活を一回してみたい」

 

細かいかもしれないが、私はこの「一回」にこだわっている。

ずっと継続したいというよりも、一度試してみたいんだというニュアンスを感じた。

アート制作においては仕事の合間に趣味を楽しむという事以上に、もっとのめり込んでみたいという欲求があるんじゃないかな~などと私個人的には思うが、

大野くんの長年のアイドル生活には私なんかが想像できないほど大変な事が多かった事だろうから、今まで出来なかった事を出来るだけ沢山叶えられたらいいなと祈っている。

そして、芸能界の仕事から遠ざかり、大野くんにとって それがどんな存在に感じられるのか…未知の世界ではあるが、私は勝手に期待を寄せている。

5人で嵐。ずっと嵐はそういうグループだったので「1人休んで4人でやります」はないと思っていたが、会見は本当に優しさで溢れていた。大野くんが発端ではありながらも、5人で話し合った末の着地点だと話す嵐さんに感動した。

今までで一番強い絆だという嵐さん。それに準ずるようにファンの方もとても温かく受け入れている方が多く、嵐のファンでいる事を誇らしく感じる。

会見翌日のZEROの翔さんの話も 今も何度も何度も観ている。
あらためて翔さんの大きさを感じる。

私は12月の福岡でのコンサート、大野くんの挨拶も印象深く残っていて、よく思い出す。

「この5人で20年突っ走ってきた。こんな5人は日本中、世界中どこ探してもいないと思う。みんな知らない事もあるかもしれないけど、4人は優しいんだよ。だから、5人でステージに立つと優しい気持ちになれる。みんなのおかげでもあるので、みんなも嵐の一員。僕らは嵐の代表です」

「みんな知らない事もあるかもしれないけど」のところは、あの場ではちょっと笑って聞いたけど、今から思えばいかにも素直な話で、今ならうなずける。

先日 私は「ボーッとしてます」という記事を書いたが、今もぼんやりする事もあるが、それでも少しだけ進んだ。

ある時は、人に喜んでもらう事を使命だと思い、それが喜びとなる事もあるが、
けど やっぱり この世に生まれてきて本当の使命は、悔いなく精一杯生きる事だと思うので、私自身も 大野くんの前向きな精神に力をもらいながら、頑張って生きなくちゃ!と学ばせてもらっている。

何年後か知らないが、新しいピッカピカの嵐さんを観るまで、とにかく元気でいなくちゃいけないのだからね。

ま、その前に とりあえず今年のコンサートが先か。病気や怪我に気をつけて 毎日毎日を前向きに生きなくちゃね

スポンサーサイト



line

ボーっとしてます。

ボーッとしながらも、untitledの嵐の嵐会での
「最近カラオケしたいとか思わないなぁ」という話を思い出していた。
これを観た時、私はこの会話に落胆していた。
 

「無性に歌いたくなるとかないの?」

「ないね。カラオケのある店に行っても全く」
「家で歌ったりする?」

「ない」

「じゃ~歌うことがない?」

「ないね」
 
「前はよく歌ってたんだけどね」みたいなエピソードを語る事もなく、「ない」と即答。答え方も素っ気なく、会話が続く事もなかった。
私が衝撃を受けたのは、歌うという事に楽しみを感じていない大野くんが見えたからである。
 
私は、当時 この事をブログの記事にしようと下書きをしたが、結局アップしなかった。
なぜ載せなかったのか。それは、こんな事ぐらいショックを感じるほどの事でもない、大した事じゃないと思い直したから。
けど、今から思うとね…
やっぱりね…
 
大野くんは歌う事が好きなはず。
そうでしょ?
あんなに素敵な歌声。上手い。けど、それだけじゃない。どんなに上手い人の歌よりも 私は大野くんの歌が一番好き。
ダンスもそう。私は大野くんのフワッと軽いステップやターン、リズム感に 他の人からは感じられない美を感じる。
 
年齢とともに何らかの限界があるのかもしれず、そこは素人の私などにはわからない事だけれど。
大野くんが長年ずっと共存してきた歌やダンス、そして芸能界。初めて少し離れてみて、彼はそれらをどう思うのか、改めて私はとても興味深く思い、勝手になんらかの期待を抱いたりしている。
 
でも、そんな思いもまた 大野くんにとっては余計な負担になり得るかもしれず、ファンはどうすりゃいいのかね?
 
 
実際、私はどうするんだ?
改めて書くが、このブログのタイトル「大野智に明け暮れて」である。
2年後、テレビをつけても大野くんはどこにも出てこないのだと思うと、私は何にどう明け暮れるのか。(NちゃんはDVDなど過去映像を観ると言っていた。ショックで吐き気をもよおしながらもしっかりしてるのには感心した)
 
さらにサブタイトル「大野くんのいない人生なんて」
 
これ、めっちゃ考えて書いたんだよぉ…50代にもなっていながら、究極、大野くんのパフォーマンスが観られない人生なんて、ああ、何の楽しみもないわ…と 本当に本当に思ったんだから。
 
なので、2年後の事を考えたら、私 どんだけつまらない生活になるんだろうと恐ろしくなる~~
 
しかし、ここはファンも自分の思いばかり考えていちゃいけないよね。
 
自分の人生を真面目に考えている人であれば、立ち止まって 色んな選択肢を見回し、自分 これでいいのか?と迷い、考えるのは当然の事。
自由を望む気持ちを誰も遮る事はできない。
人生は一度きり。悔いのないように生きなければいけないのだから。
 
将来 「あのお休みの期間があって本当に良かった」という嵐の大野くんを観たい。
 
 
 
実は、私、今 身体中の力が抜けて、気力がない。何もしたくない。
でも、旦那に悟られたくないから、旦那が近くにいると、わざといっぱい笑って話して、ちょっと鼻歌とか歌ったりする。で、居なくなったら、生きてるのか死んでるのかわからないくらい放心状態でいる。
それが今の過ごし方。
 
そんな私が言うのも何なんだが
 
ホント、解散じゃないからね。
絶対 戻ってくる
変わらぬ空気感の5人がまた観られるはず。
歌う事、踊る事を新鮮に感じられるような、新しい嵐さんになっているかも
 
私はそれを信じて頑張ろうと思う。(何を頑張るのかは不明…笑)
 
けど…
まぁ、とりあえず
もうしばらくの間は放心状態かな
 
 
 
 
 
line

活動休止のお知らせを受けて

嵐が2年後 グループとしての活動を休止、大野くんはお休みする事になった。
それを知ったのは、私にしては珍しく早く、Jネット発表すぐであった。
動画を観て意外と落ち着いて受け止めた。
 
忍びの国以降、大野くんの芸能活動が少なくなっているのは、大野くんの意思であると私は確信とも言えるぐらい、そう考えていた。
オファーがない事を懸念するファンの声も聞いた事があったが、私はそれは違うと考えていた。
芸能界での彼の需要はある。あるに違いないのに受けていない。そこに疑問を持っていた。
では、彼自身が活動を縮小させている理由は何なのか?である。
それがわからなかった。
 
けど、わからないなりに考えたら、やっぱり…
大野くんが嵐を 芸能活動を辞めたいと思っているのではないか…と、どうしてもそれも考えてしまっていた。
もう1年ほど前になるが、それを智友さんに少し話してしまい、後で「ああ、あんな事言わなけりゃ良かった」と 悔いていた。
智友さん達みんな心配しているのに、そこに憶測でそんな事を口にするなんて、私ってダメなやつだな…と。
で、その後、その憶測に自分が苦しめられていた。
 
結局 言おうが言わまいが、早くから私は思っていたのかもしれない。又はそうなる事を恐れていたのかも。
 
けれど、私は発した言霊の反響っていうのを信じており、言ってしまったらその後訂正しても消えはしないし、永遠に存在すると思っており、そう思うと 本当に アチャ~であります。
 
私の中では、「大野くんはずっと嵐にいてくれると信じてる」という事はなかった。
彼は自分の人生をしっかり考える人だという認識でいたので、どうしてもこうなる事も想像せざるを得なかった。
 
福岡参戦からの帰りの飛行機でライブのパンフを読んだ時も、翔さんから大野さんへのメッセージのところで、なんだかふと私の頭によぎったのだった。今度大野さんが辞めたいと言った時、翔さんはもう止めないのではないだろうかってね。

 

思えば、私はいつもこんな日が来る事を予感し、恐れていたのかもしれない。
 
とにかく、そういう経緯があったからか、今回のお知らせで取り乱す事もなかった。
発表の日、Nちゃんから電話があったのだが、私があまりに平然としていた為「めぐりさん?わかってる?嵐からのお知らせ観た?」と言われたのであった(笑)
 
胃が痛くなり吐き気もしたというNちゃん。号泣した嵐友さんもいるとの事も聞いた。
なんか 私、ぽか~んとしていてごめんなさい。
 
なるほどね…と腑に落ちた気分で、いやにすっきりしていたと同時に 夢の中にいるみたいで実感が湧いてなかったの。
 
智友さんとグループLINEで話していると「事実上 解散ですよね」と話していて、私は
え~~っ?!であった。
 
単なる捉え方の相違かもしれないが、わたし的には、解散とは全然捉えていなかったので。
解散でなく休止で良かった~!と ホッとしていたから。
 
先の事はわからないけど、私は大野くんは必ず帰ってきてくれると思っている。
 
嵐はまた復活すると信じている。
 
まだ約2年先の事になるが、大野くんにとって良いお休みになりますようにと祈っている。
 
 
 
 
 
 
line

19周年おめでとう♪

大変ご無沙汰してしまい、もうどんな風にここに出てきて良いかわからなくなっていた。あらビックリの3ヶ月ぶり。
が、出てきた。
11月3日だから。
 
 
嵐さん、結成19周年
おめでとうございます
 
思えば 他のアイドルグループが色々と変化している中、安定して存在している嵐さんを見るたび、ホッと気持ちが落ち着く。
VS嵐の たわいもないオープニングトーク、あの感じが私はたまらなく好き。
変わらない日常をつまらないなんて思うのは大間違いで、そんな毎日こそ楽しくて面白くて、尊いのだと…彼らを観ていると そんな事を感じたりする。
 
すっかり大人の嵐さんだけど、そんな今も やっぱりそれぞれ可愛いところが垣間見え、ほっこりさせてくれる
 
ずっとこのまま続いて欲しいと願っている。
健康にも気を付けて下さいね。
 
 
さて、丸19年になったばかりなのに 結成20周年ライブが今月始まろうとしているという…
正直言って なぜ1年早めるのかな?と ちょっと疑問に思う。今までもそうしてきたのならわかるが、この20周年で いきなりの前倒しなので。
 
1年先の誕生日を1年間かけて祝う感覚は、ちょっとよくわからない。
けど、そんな事 1年間も考えて過ごしていては、私は顔のシワが増える。(最近一番怖いのはシワかもしれん…笑)
なので、すんなり受け入れるしかないのである。
 
だって、今回やっと私にもチケットの当選通知が来たのだ~~
近年ずっと友達に同行させてもらってばかりだったが、ひっさびさ。
 
Pay-easyをやっとクリアしたところのおばちゃん、デジチケとやらについていけるのか、ドキドキです
 
 
 
 
line

夏疾風に期待♪

私はなんでもよく読み間違えたり、勝手に思い込んでいたりする。
ま、要するに注意が足りないのである。

ニノのドラマが始まるちょっと前まで1ヶ月ぐらい「ブラック アペン」と読んで「アペン」って何やろか?と思ってた。
ディスイズ ア ペン しか思い浮かばない。(笑)
言葉を知らないので、「アペン」でも「ペアン」でも結局わからなかったんだが。
で、「ペアン」を調べたら、手術用のハサミ型の器具の事だった。意味ありげなタイトル。私の好きな医療もの
初回放送を観たら すごく面白かった。これは今期ドラマでワタクシ的ナンバーワンになりそう。ドラマの内容は勿論だが、ニノの悪い表情、冷めた目、熱く怒鳴る声がたまらなくいい。それらを週に一度は観れると思うと、嬉しい。智不足でだるだるの私を、ニノちゃんがちょっと救ってくれそうな気がしている。
 
あともう一つ、先日 熱闘甲子園のテーマソングが「夏疾風」になったという話を聞いたが、それもまた私は「夏疾走」と間違って読んで疑わなかった。
スポーツのテーマソングというので私のイメージが勝手に疾走してしまった(笑)
 
で、正しいところは「夏疾風」(なつはやて)
 
夏らしくまぶしく吹き抜ける力強い風をいうのだそうで、発音と文字から風流な趣きを感じる素敵な表現だなぁと思った。(間違って読んだくせに、もう素敵とか言ってる…笑)
 
チラッとしか聴いていないので、あまりよくわからないけど、爽やかさと力強さのあるタイトルから 大野くんの伸びやかな声を期待して止まない。(智不足ゆえの補給要請
前からゆずの音楽も好きなので、とても嬉しい。
長い間 嵐さんの歌を聴いていない気がする。
早く聴きたいなぁ
 
 
 
line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line