Song for you

Mステを観て冒頭の大野くんソロに衝撃を受けた事はこの間書いたが、
いやいやいやいやそれどころではなかった。
アルバムを聴いたら、この組曲とやら すごい大作であった。
11分30秒もの…。
とはいえ、長いからじゃなく、とにかく感動ものであった。
 
ハワイのクルーザーの事はリアルには知らない事だが、その後の5×10の国立の事からは私も思い出があるわけで…。(即 DVDで 無数のバルーンやら、大野くんの涙の挨拶やら、そして「釣師大野智」やら…久々に再度あれこれ観てまたじわじわ来た…
 
もうね…あの時ああだった こうだった…とか、アラシゴトに加えてジブンゴトも、走馬灯大会。勝手に言わせてもらうと、一緒に歩いてきた感があり、どうにもこうにもしみじみしてしまう。
 
この歌詞、聴けば聴くほど響く。
市川喜康さんってスゲ~。
5人のこれまでとこれからを歌っていながら、ファンも一緒に連れて行ってくれるような力を持ってる詞に思え、聴きながら参加させてもらっている感じ。
 
けど、そんな内容云々を横へ置いといても なお色んなジャンルの音楽と その歌い方を楽しめる大作。
 
そして、やっぱり大野くんが出だしを歌う事に大きな意味を感じた。
「 Get started」がめちゃめちゃ美しい
ここはMステでは感じられなかったので、聴けて大満足。
(もっと言えば、「歩いてきた」とか「奇跡に」とか、ちょっとしたところなのだが、最近の大野くんのビブラートは圧巻。急降下の低音のところまで丁寧。ま、こんな細かい事をいちいち書くとキリがないと思いつつ、また書いてしもた~
 
私が勝手に思うに、大野くんの歌は人の心にズカズカといきなり入ってくるような事はなく、ちょっと距離をおいて慎ましやか。あくまで基本、自分が納得いくかどうかで歌っているような、そういう意味での力強さは感じられる。けれど、こちらから気づいて近づくと寄り添ってくれるような優しさがあり…。その押し付けられてない感と柔軟性が心地良い。
 
だから、物語のプロローグにぴったり。スーッとなじみ、しっくりくる気がする。自然と引き寄せられる。
静寂を感じさせる美しい歌い方が、最後の同じメロディーのユニゾンを一段と効果的に盛り立てている気がする。
 
さて、初めてこの曲を聴いた時は驚いた。
壮大なイメージのスローな曲だと思っていたので、大野くんソロの後、急にディズニーの7人の小人たちが森の中から出てきたので…(めぐりさん仕様の幻想です…笑)
で、その後はミッキー、ドナルド、チップ、デール…といっぱい出てきて踊り出すわの大騒ぎ。(妄想止まりません…笑)
 
あ、こういうのが組曲なのか…と。曲調がバラエティに富んでいて、すでに舞台を思い起こさせる。
松潤&翔さんの組合せだったり、珍しく翔さんがめっちゃ歌っていたりで新鮮さも感じた。
 
You are my soulって「あれって、合言葉やったんや…」とクスッと変なツッコミも入れつつ(笑)
が、それより相葉ちゃんの「You are my soul」の声が、めっちゃいい~!(相葉ちゃんの声は他曲でも素敵な箇所いっぱい)
歌割の構成も組曲ならではという感じ
 
 
印象的に頭に残っているのは、
♪出会うべくして出会い~ のところ。
家事をしてても、この箇所がふと出てくる。
 
本当に運命の5人。
そして、ファンにとっても 出会えた事の幸せが重なる。
 
そして、もう一つ
♪新しいNovelの真っ白なページに…
も 頭から離れない。
 
おばちゃんなんか、今後の人生はもう‘余生’ぐらいにしか思えてなかったけど、その感覚は間違いだなと思わされた。どんな自由もどんな希望もまだまだ自分しだいで描いていけるような、そんな元気がちょっと湧いてきた。
 
結局のところ、この曲のタイトルが「Song for you」である事、それもまた意味があり、嵐さんらしく感じた。
これからも優しく、力強く歌い続けて、未知の世界に連れて行ってくれる…そんな光が感じられる。
 
深刻で切なくて泣ける曲はよくあるけど、この前向きウルウルは嵐さん独特だよね。こんな新しい試みを見せてくれて、こちらこそ「あ〜〜りがとう」でございます。(ここ伸ばさねばならん…笑)
 
この曲だけでも このアルバム買ってよかった。が、他の曲もいい曲ばかり。
それについてはまた今度書きたい。
だけど、ぼやぼやしてたら、来月は新曲だぁ~(忙)
 
 
 
 
 
line

お気に入りの曲

またまたご無沙汰していてすみません。
毎朝1時間ほどウォーキングをして半年以上経つ。
8,000~1万歩を速足で歩くが、大いなる食欲のせいで 体重が減る事は全くもって、ない
 
以前は、用もないのに歩くなんて事を馬鹿らしいと思っていたが、前より血行は良くなっているらしく、筋肉量が少し増え、こっぴどい頭痛などはなくなったから、今後も続けようと思っている。
 
スマホで音楽を聴きながら歩いているんだけど
「つなぐ」  やっぱりいいね~。
あのかっこいいダンスを思い出させる。(フジモンじゃないよ!いや、みんなわかってるって。笑)
もっともっとテレビで観たかったなぁ。
 
で、毎朝歩きながら聴いてると、カップリング曲も一日中耳について離れなくなっている。
 
「Reach for the sky」
ビタスイっぽくもあり、なんとなくeverythingを思い出させたり…しかし、聴いてるだけでJALだわ~!って思う曲。
 
「Under the radar」
しょっぱな第一声から素敵。
美しい声。磨きぬかれたそのディテール。(歌詞、まんま言うてるだけやん…笑)
いや~、ホントかっこいい
そして、5人それぞれの特徴ある声を楽しめる曲。私はニノのソロのところの声も好き。
 
「お気に召すまま」
今回のカップリングでは 私一番好きな曲調。私の歩く速さにもぴったりだし。「その声で星が揺れる、そのキスで時が止まる…」のとこからの盛り上がり最高
 
「抱きしめたい」
「何を言ったって絡まって空回りで…」のリズムの心地良い事。これは大野くん独特のものだと感じる。ちょっとした事なんだけど、聴いていて気持ちが上がる
 
基本 これらをリピートしているが…
 
嵐以外にも聴いてるよ。
ちょっと前はSuchmosを。
けど、最近、ハマってるのは Neighbors Complain。
日本の若者だけど おばちゃんがきいても心地良いR&B。ファーストアルバム全曲ハズレなし。
 
しかし、そんな事を言っていられるのも untitled発売までの事。
10月18日以降はガンガン嵐さんを聴きまくるからね。
早く来いっ
 
さて、コンサートだが…
先ほど 例年同様、またも落選メールを頂いた。が、またまた今年も友達の同行者で行ける事になった。
智友さんにギリギリ命を繋げて頂いた思いです。
ありがとうございます
 
 
 
 
line

“「untitled」”

待ってました~、新しいアルバム

どうやら“「 」”がいるらしい。
タイトルなしという事ではなく、「タイトルなし」というタイトル…って事の強調なのかな。
二重もカッコをつけるこだわりは、これまでになく ちょっと面倒くささも感じないでもないが
詳細はわからないけど、このタイトル 一目で気に入った。
気が早いがuntitledというツアーバッグなら持ってもいい気がする。茶色の…。(なんで色まで指定?!笑)
 
さて、
組曲って?   初めてだ。 どんなん?
 
そもそも組曲って何か?をちょっと調べてみたら↓
 
組曲とはそれぞれが単体でも完成されたいくつかの楽曲が、全体として一作品となるように作られたもの。
メドレーとは、もともと別々にある曲を編曲して1曲に繋げたもの。
 
ほぉ~。
例えば物語仕立てだったり、(いよいよミュージカルか?笑)
春夏秋冬や喜怒哀楽などシリーズ構成だったり…って事かな。
 
「組曲」って聞くとなんとなくクラシックなイメージを感じる。
内容はわからないが、楽しみだ。
 
あと、ユニット曲って何でしょ~~?
(って言いながらすでに喜んでいる)
 
大宮とか山コンビとか、そ~ゆ~事ですか~?
キャ~~、もうど~しよ~、ど~するよ~?
 
あはは、全然わかんないのに 楽しみすぎて
はしゃいでしまう~~
 
まださっき予約したばかりで、発売は1カ月以上先なのにね。
 
 
 
 
 
line

ちゃんと聴こう。

最近は、随分遠くまでの買い物でも健康の為に歩いて行く事にしている。用事なしで健康の為だけに歩くなんて事はできない性分なのだけどね。
もともとせっかちなので、メチャメチャ早歩きなのだが、嵐さんをイヤホンで聴きながらだとさらに速足になってしまう。 嵐を聴くと調子に乗っちゃう。音楽に合わせて上機嫌で歩ける。
なんなら「復活」の大野くんみたいに街中でクルッと回ったろかと思うくらい。(笑)
 
そんな事をしているからだろうね。今も毎日汗だく。汗ばむを通り越してタラ~ッと流れたりする。私はいつも暑がりなんだが、今年は特に寒さを感じない。(アハハ、ただの更年期の症状かもしれん)
 
今のお気に入りは「Ups and Downs」
(今タイトルを調べるまでずっと「アップダウン」と言っていためぐりさん
 
この曲はドラムの音が好き。特に大野くんのソロのあたりからかっこよく入ってきて、テンション上がる~
でもね、そんな事を言ってるわりに私は相変わらず やっぱり歌詞の聴き取りがダメ。何回聴いてもフワッと聞き流してしまう。
今日歌詞を見てビックリした
 
「酸いも甘いも~
Shake it up baby! Shake it up baby!
 
今日まで、ついさっきまで
「老いも若きも~」って思い込んでた。
ま、嵐にしてはちょっと変わった事を言うなぁとは思っていたが、
おばさんも腰振って踊れ!って言われてるんだと、ちょっと嬉しくなりノリノリ歌ってたよ
けど、改めて歌を何度聴いても全くそうは聴こえないね。なんでそんな歌詞を勝手に作ってたのか自分でも不思議。
おばさんの希望が膨らみ、自由な作詞をしてしまったようだ。アハハ、まいったまいった!
 
あと、もう一箇所。
「斜めボーダーライン」って思い込んでた。
 
で、いつも聴きながら「斜めのボーダーって、それストライプ?レジメンタルだよね?…てか、なんの柄?」って悩んでた(笑)
 
「挑め」やったか。なるほどね、解決。
 
アホですね。
 
うーん、たぶん他にもあると思うので、只今歌詞を見ながら修正中。
 
しっかりしよ~
 
 
 
line

Are you happy? 聴いてます♪

コメントのレスが出来ていなくてすみませ〜んmoblog_826592fa.gif
でも、まずはアルバム Are you happy? の感想をちょこっと書きたい。

どの曲もいいが、特にMiles awayがいいmoblog_fe2d24f2.gif

相葉ちゃんのファルセットなど歌割が斬新でめちゃめちゃいいmoblog_fbc8e7df.gif
って LINEで友達と話していたところだったの。
そしたら、大野くんが歌割に関わっていたというじゃないですか〜moblog_b0862d68.gifびっくりmoblog_6dcedc5e.gif
座談会メールを読んでなかったので、慌てて ジャニーズWebで さっき読んできたところ。

初めが翔さんというのが爽やかで、その後のニノ相というのも斬新。

1分40秒の松潤の「重なるフレ〜ズ♪」からの 5人それぞれの まさに その重なるフレーズ。
ニノ、智くんのいつもの高音組に相葉ちゃんも参入。一番高い部分のファルセットを相葉ちゃん…というのは珍しいし、そして、その声が綺麗で超ステキmoblog_fe2d24f2.gif(もうさっき書きましたね。何度だって言うよ…笑)
また、後半 ニノちゃんと大野くんの澄んだ高音が響き合う中、もう誰が誰なんだか前面と後ろの声が共鳴して、フワフワ〜ァッとして盛り上がるところとか、夢の世界へ連れて行かれた気分moblog_b91ef030.gif
美しいハーモニーながらも強い力を感じられ、嵐さんならでは。

それから、大野くんのBad boy。
お〜、こんな大野智もいた
こんな歌も歌える
という感じ。
これまで知らなかった引き出しを開けて見せてくれたような気がした。
どうしても毎回同様の雰囲気になりがちなソロ曲だが、今回は本当に全く新しい大野くんmoblog_a9c4b38f.gif

第一印象は、折角の美声を加工したか…と思ったが、しかし、思い直した。大野智の美声を楽しむというものではないが、加工されてもやっぱり歌の上手さはちゃんと残っている。
あと、持ち前の独特のリズム感が存分に楽しめる。今回は斬新さ、その新鮮さに拍手。

恋愛ドラマやアクション映画、プライベートでは格闘技…と、何かと新しい事に挑戦している大野くんだから、アルバムのソロ曲もまたその姿勢を緩める事なく、攻めてきたという事、そう思った。
このサウンドを聴いただけで「今回は踊りますよ」という、大野智の  踊る気満々を感じるmoblog_17498eb8.gif
コンサートがますます楽しみmoblog_34c52371.gif

まだまだ他の曲についてももっと話したくてウズウズしているが、またちょこちょこ書いていきたい。取り急ぎの ちゃちゃっとした感想でした〜。


line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line