忍びの国を観ました。

毎度のご無沙汰でございます
遅くなってしまったが、忍びの国の感想。
 
私は試写会と公開初日の初回 計2回観た。
色々と感動した。
いやぁ~良かった。
話が良い。監督が良い。キャストが良い。
もう何も言う事なしっ。
でも、書く。
原作がリアルに映像化されていた。本と変わらない感じだった。昔々の話なのに、くっきりとした綺麗な映像で表現されていて楽しめた。
クスッと笑える所が 絶妙のさじ加減で入っていて、監督さんのセンスを感じる。
 
一回目観た時は、重厚な感じに欠けてるかも… などとも思ったが、二回観た後も切なく重々しい気持ちが長く残った。
これがなんか不思議な感覚。
そう、そうか…、そういう事なのか。
「アヒルと鴨のコインロッカー」も「殿、利息でござる」もレンタルで観たが、これが中村監督の手腕だと気付かされる。(私は 特に「殿、利息でござる」が面白かった)
重厚な、そんな大層な、小難しい表現ではなく誰もが楽しめるエンターテイメントでありながら、結果ズシッとくる。
「映画 怪物くん」もそうだった。気がつけば何か考えさせられてる。
 
今も一番心に残っているのは、荷車に乗せられた幼子。大野くんの小さい時の写真にそっくりだからってのもあるかも。あの映像だけで無門の存在が理解でき、愛おしくなる。
 
お金で簡単に人を殺すなんて全く理解できないところだが、それでありながら無門の心根の悪気なさを感じさせてくれる。 
 
魔王やセカムズを観ても思ったが、酷い事をする役であっても、大野くんには視聴者の気持ちをつかんで離さない何かがある。
話の内容うんぬんの理屈ではなく、感覚的に受ける印象としてという話。この人本当は悪くない…とか思わせる何かが…
ある。
 
それは私が思うに、顔、声、しぐさ…見た目が総じて 悪気がなさそうで…(笑)
これは持って生まれたもので、なんか上手く説明できないが。
 
大野くんが演じるからこそ 観る人は感覚的にもわかりやすい。まぁ要するに、忍びの国の場合、無門そのものであった。
 
先ほど「色々と感動した」と書いたのは、映画の内容と付随して、やっと長年待っていたものが実現した感動だった。
 
もう5年ほど前になるだろうか。
嵐にしやがれで 忍者姿で出てきた大野くんを観て、バラエティー番組だからもちろん笑って観たのだが、それとともに 私はあの時なぜだか泣けてきた。
あまりにぴったりとくる忍者姿を観ていたら、この人は、ここでこんな風におどけているだけの人じゃないはず。本当に忍者役観たい…と。(その時のブログ→しやがれ☆忍びまくってる人
タァ~なんちゅうブログのタイトル。(笑) しかし、今から読み返すと、ちょっとした予感みたいにも思えるほど私は‘忍者’の大野くんにめっちゃ反応している。ブログってこうやって残るから面白いものだ。
あの時 笑いながら泣けてきたなぁ…と懐かしく思い出す。
なので、こんなに良い原作で、笑いあり涙ありアクションありの、大野くんの魅力を最大限に生かした映画を作ってくれた事が嬉しい
そのアクションも時代劇などのよくある立ち回りではなく、特に平兵衛とのシーンは無門も本気、大野くんも本気。だから、その緊迫感も作り物でなく、素晴らしいものを見せてもらった。
 
大野くんは大変な思いをしたと思う。でも、大野くんの本気が見られて嬉しい。
 
雑誌では、大野くんは、ドラマや映画を掛け持ちする俳優さんもいてすごい、自分には出来ないと言っていた。撮影期間中は気持ちの切り換えが出来ないからプライベートも節制したりで釣りにも行かなかったとも。だから、そんな自分は俳優ではないと思っている…なんて言っていたが、
私は、とても素晴らしい俳優さんだと思った。
 
観る側としては、演者がそんな真摯な気持ちで取り組んだものこそ観たいものじゃないかな。
そして、作り手である監督さんやスタッフさんとしても、それは嬉しい事なんじゃないかな。
 
これからの大野くん、俳優としてのお仕事、増えそうな予感がする。
 
忍びの国は、大野くんならではの魅力が溢れている。でも、これが全てじゃない。
まだまだ~~~!
大野智の引出しをもっと開けたい気持ちに駆られる。
今後、俳優としての大野くんにますます期待が膨らむ
 
が、まずは、忍びの国のダンスフルな太刀回りや平兵衛との戦いなど、使われていないシーンがあるらしいので、そこを全部観たい。
 
それらがブルーレイに収まるのを待ってまーす
気が早いね。まだ映画やってるのにね
 
結局、映画の感想あまり書けなかったなぁ。
でも、また ちょいちょい 思いついて書くかも。
今、雑誌やパンフなどを読み返しながら、だいだい毎日 忍びの国の事で頭いっぱい。 アハハ、今は、私のほうが忍びまくってる人なのであります。
 
 
 
 
 
 
 
line

意外と合う。

いきなりですが、うちのキッチンの一角。
ペーパーホルダーに手裏剣
 
シルバーの具合が自然に溶け込んで
合う~~
 
実はキッチンのあちこち 磁石がくっつくか 念入りに確かめてから 手裏剣を買ったワタクシ。
 
 
ウフフ…
メチャメチャ気に入った~
 
あと、タオルもね。銀糸がふんだんに入っていてふんわり厚くて幅が狭くて使いやすい。汗っかきだからこの夏 重宝しそ~。
黒と銀って、ヤバいわ~
スマホホルダーはもちろんの事、ブックマーカーやポーチその他どんどん買ってしまった。
アユハピコンから決めた「グッズはもう買わない」という決意が 早々崩れ去った。
 
忍法グッズ購入の術にまんまとやられた。
 
忍びめ~~!
 
追伸、台風こちらは大丈夫です。ご心配ありがとうございます。皆様お気をつけ下さい。
 
line

読みおわりました。

やっぱり本当の本当にギリギリになった。
昨日は半日で「忍びの国」をガーッと読んだ。
 
メチャメチャいい話じゃないですか~
爽快な戦国エンターテイメントと思っていたが、感動の物語ではないですか。
お国とのやりとりがコミカルで、読みながら声を出して笑った。またジーンときて切なさに泣けた。
びっくりしたのは、本を読んでいて無門の言葉遣いが いや本当に大野くんそのもの…と感じるところが多かった事。まるで声が聞こえてきそうだった。
和田竜さんが大野くんを想定しながらセリフを書いたんじゃないかと思うくらい、ピタッと来た。
 
読んで初めてわかったような気がした。
大野くんかキャスティングされた事も、
監督さんが 大野くんそのままでいいと言った事も。
この小説の無門は、まさに大野智だ。
(大茄子を持ってるか、小茄子を持ってるかの違いぐらいだよね…あさイチ参照)
 
存在そのものが似ていると感じた。普段は あまり出来なさそうに見えながら いざとなれば実力があり、一番頼りになるところとかもそうなんだが。
 
読んでいて気がついた。
たびたび描かれる無門のようす
「集団の中に紛れ込んで行った」「煙のごとく消え去った」などから、私個人における大野智と忍者のイメージが重なっている事に。
 
週に1~2度テレビで観てはいるものの、年に1度は実際に同じ空間にいるものの
テレビの時間が終われば、はて 彼はどう過ごしているのだろう。生きてますか?みたいな。(いやいや、確実に生きてますってば…笑)
テレビってそんな感じがする。出てきては またいなくなる。そして、また出てくる。しかし実態はよくわからない。
 
10年以上目で追っていても、たまにふと思ったりする。彼は、そもそもこの世に本当に存在してるのかな…なんてね。
それくらい私には未知の事が多い存在。
日常など 想像はできるが、想像が全てだから。
 
「忍び」と大野くんが私の中で綺麗に重なっている。何の迷いもためらいもなく映画にすーっと入り込めそう。
 
昨日は雑誌も(全部は買ってないけど)何冊か読んだり、「つなぐ」を聴いたり、メイキングを繰り返し観たり…。
なんか色々忙しかったけど
でも、やっぱり読んでおいて良かった。
 
実はこれから試写会へ行くところ。
ひと足お先に無門様を堪能させて頂きます。
 
ではっ。 卍卍====((;・・)ノ サササッ
 
 
 
 
 
 
 
 
line

お忍びキャンペーン始まりました

ご無沙汰ばかりで、完全に停滞してる
こんなんでブログと言えるんだろうか。
暇がないわけではないが、なぜか書けないでいる。早くこの停滞から抜け出したい。
 
さて、毎朝 夫と一緒にウォーキングをして4ヶ月ぐらい続いている。1時間半で1万歩ぐらい歩く。
ラジオを聴いたり、嵐を聴いたりしながらね。
歌だけじゃなく、シークレットトークを聴くのも好きで、いつもニヤニヤしながら、時には噴き出したりしながら。
歩くのは元々好きだが、嵐さんのおかげで楽しい時間を過ごしている。
 
今朝は ふと思い立った。
あ、今日からお忍びキャンペーンだ!
 
で、途中 地図を立ち上げたら、これがまたちょうどお忍びスポットなるものの近くにいたので、あら朝からポイントゲット
ゲートボールのおばあちゃん達で賑わう小さな公園の片隅にて、スマホ片手に赤と青の箱で悩み、結局1ポイントだった。初めてでよくわからないなりにも1ポイント以下はないだろうと予想でき、一人で「ぅえッ」なんて声が出た。
 
ウォーキングから帰って歯医者へ行ったんだけど、その帰り またマピオンを見てみると、これまた近所にスポットが幾つもあり、自転車で20分ぐらいで8個まわって帰った。(スポットが近すぎていっぺんに2箇所反応したりで早く出来た)
 
用事のついでで意外と簡単に取れるのね~って思ったが、いや待て
もう何処へも行く用事ないやん。明日からもうずっと増えないよ~
近所20分でも汗だくになったのに遠出するのは無理だわ。
 
めぐりさん1日めにして終わった感じ。
 
ところで ポイントゲットして何をもらえるのかまだちゃんと見てない。どうやったら無門さんがお忍びでやってくるのかも しっかり読んでない。
なのに、とにかく行けばいいんやろ?って 暑い中チャリこいでるんだからね~全く
 
しっかりしよ~。
 
けど、もっとしっかりしないといけないのは、歩きスマホしてしまったり、スマホを見る為に車が不適切な所で止まっていたりとかよくあるので、これをする時も要注意ですね。
 
気をつけて頑張りましょう!
 
 
 
 
line

忍びの国 予告映像解禁

昨日は待ちに待った忍びの国の予告映像解禁~
これ 昨日書こうと思ってたんだけど、もうそれどころじゃなくってね。なぜか朝からリモコンの早送りボタンだけが壊れ、録画したワイドショーが観れない
この短気者に まさか普通再生で大野くんを探せというのか。
観たい!観たい!観たい!と切羽詰まったら、レコーダーをWi-Fiに繋げてスマホアプリで操作できる事に到達し、長々テンヤワンヤの末 やっと観れたというわけです。

ちょんまげっぽい一本結びを想像していたので、あれ?意外とハチマキしてるだけで普通に大野さん。
それに忍者と言えば、目だけしか出てない完全防備の黒装束を思っていたが、映像ではもっとラフな軽装に見えた。(映像が素早くパッパしてよくわかんなかったけど、一瞬黒装束も見えた!(喜))
 
時代劇の大野くんといえば、舞台(私は観た事ないのでポスターや映像だけだが)の
イメージだったが、今回はそれとも違った感じに見えた。
時の流れかな、落ち着いた雰囲気で素敵
 
しかし、大野くんの番宣はイケてない。(笑) 
「一番動ける人が動いてない映画です」
「多分面白いです」…って。
とっても控えめ。
でも、ダメだよ~、そんなんじゃ観に来てもらえないよ~(いっぱい入ると思うけど)
 
福岡でもそうだった。
MCで、どんな映画か聞かれて
「銭が欲しくて行くわけですよ。あれを倒したら銭が入るぞぉ~!みたいな…」(嵐さん達「全然わかんないよ」笑)私もあまりに大野くんが銭、銭って言うから「無門」だよね、「無文」じゃないよね?と思った(笑)
 
何時代の話なんですか?と聞かれても 答えられなくて、
「もういいじゃないか。そこじゃないんだよ。」
「平成の時代に一人で忍者やってんのか?」とつっこまれ、番宣の話を一生懸命振ってくれているのに「つっかかってくるなぁ~」って言ってた大野くん。(笑)
 
ま、ガツガツ宣伝するのが世の常なのだから、頑張りをアピールしきらない控えめなところは、大野くんの良いところ。それは重々わかっているけどね。
 
映画の紹介、見どころ、時代背景など今後誰か喋ってくれる人を傍らにつけてやって下さい。(大野さんに上手く喋れ、勉強せぃとは決して言わない甘々ファン…笑)
 
ていうか、昨日のワイドショーでも、大野くんは たぶん番宣に繋がるインタビューだとは思ってないのね。映画の撮りが終わった充実感?やり切った感をユルッと語っていただけなのよね。
 
あ、そういえば福岡でも、元旦は帰宅後ちょっと寝た後、 釣りに出かけたと言っていたし(結構な至近距離でお顔を見たが、黒かった)
もうお休みモードに突入してるのかも。
 
しかし、願わくは大野くんにはもう一つ 主題歌を歌って頂くというお仕事を熱望。「暁」のような和モノをぜひ聴きたいなぁ
 
私達ファンは夏までワクワクソワソワ、そのうち雑誌祭りだワッショイショイ。なんだか落ち着かないね~
 
本は買ったがそのまま。映画の前に読むべきか読まざるべきか まだ思案中。
 
 
 
 
 

 
line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line