誰も知らない

誰も知らないリリースについて 嵐さんの座談会の様子のメールがあった。うなずきながら、ニヤニヤしながら読んだ。
その横で息子は「事務所の嵐メール担当者の妄想をババアが嬉しそうに読んでるの図」って言う。(口の悪いヤツです。念のため、ババアとは私の事。…って、説明ご無用ですわな。笑)
それを言われると私は爆笑してしまう。だって、そりゃ~ メールの文字だから真相はわからないと言えばわからないからね。
確かに 「本日発売のニューシングル『誰も知らない』その魅力を嵐が座談会形式でお届けしま~す」などと本当に5人の中で大野くんが口火を切るか?と言われたら、さて、その辺はどうかな…ではあるが…

でも、まぁ、そこは幸せな方向に考えておこうよ…と思いつつ楽しく読んだ。

で、嵐さんの会話。
大野くんのドラマの主題歌は全部ミステリアスだとの話。
確かにそうだなぁ。
きっと大野くんがミステリアスだから、曲に反映されてしまうんじゃないだろうか。
truthを聴いた時、こんな嵐さん 初めてだ…と軽くめまいを覚えるほどに惹きつけられたものだった。あれから時が経って、このミステリアスな感じもパターンとしてわかっては来たものの、飽きない。こういう曲は嵐さんに合っていて、いいなぁって思う。元気な励まし系の曲とはまた違うパターンではあるが、今ではこれもまた嵐らしいなぁと思える。

MVはダンスをしっかり踊ってくれているので、「わぁ、嬉し♪」って思った。でも、Face downやらBitter Sweetやら 今まで 踊らないMVのたびに 私はチクリチクリと文句をたれてきたので(MV制作側に。嵐さんには一切文句ない。)
なんだかね~、今回のあまりにしっかりバッチリと ダンスを撮ってくれてるMVには、嬉しいとともに…
ちょっと…
「踊りを撮れば文句ないんでしょ、踊りを撮れば…」みたいなものも感じたり…(←めぐりさん、どんだけひねくれた目線なんですか。笑)
いやややや…踊りを撮ってくれれば、ありがたいです、確かに。

座談会メールで、リハに5時間もかかったと話していたので、本当にこういうMVを撮るのは大変な事なんだなぁ…と思った。CDに付くDVDだから、ちょっとここ間違っちゃった~ では済まないわけだものね。

新曲リリースが連続の嵐さんには本当にご苦労様。お陰様で何度も繰り返し楽しませてもらっている。

が、しか~し。(まだ何か?)

嵐さんには初めっから 感謝以外の何もないワタクシだが、
5時間も練習やら ダンスの撮りなどをしたのであれば…
そんなに嵐さんが一緒にいたのであれば…
そこのメイキング映像をなんで出さない?
ちょっとでも観せて頂きたかったなぁ。
どこまでも、どこまでも スタッフ~に容赦ないめぐりさん。
すみませんねぇ。

昨日のラジオで大野くんが言ってた 前奏で手だけを動かす時、自分だけポーッと見てたかも…の件だが、どうかなぁ。
私にはいつものおちょぼ口で普通に見えたよ。
そこは使われてなかったのかな。
だからさ~、こういうとこを観たかったというわけ。この際、大野くんがポーッと見てるか否かはではなく、使われてないところも観たいのがファンというもの。

しつこく言ってすみません。

最後の翔さんの手ピラピラは、Mステではちょっと気になったが、もう今となっては アリかもしれんと思う。(笑)次のMステでしなければ、それはそれで寂しいかもしれない。(ナンデ?)
いずれにせよ、私的にはなぜか ここ明日 注目。

カップリング曲の「おかえり」は、第一印象としては、え~っ!?って感じ。私はこの類の歌詞は好きじゃないかも。

いきなり「申し訳有りません 」って…(驚)

「涙がこぼれた」「心配かけないように無理に笑顔…」やら 「何もなかったふり」やら、そんな言葉で、自分のありさまや経緯を説明する人、ちょっとなぁ~

これが独り者だと、私もひねくれずに受け取れるんだが。
松潤の紙オムツのCMみたいにね、実は家族っていうのは妹でした~ とかね。(あれはあれで、え~?そうだったの~?ってなったけど)
でも、この場合 それはないわけで。

「ただいま」「おかえり」ぐらいのやりとりで魔法のように気持ちが解けるような事なら、一家のあるじが初めから 会社帰りの道で泣くな~!!
道やで。しっかりせんかぃっ!!

…なんてね。(厳しすぎるかな)

うちの家族にはそんな繊細な心の人間がいないもので、私には てんでわからない世界なのかもね。(しょせん息子が母に「ババア」とか言う家庭です。ダメだこりゃ~)

でも、感心するのは、嵐さんがこれを歌うと、不思議と嫌味なく、温かい家族像を感じさせてくれる。
そこは、嵐のすごいところだとあらためて思う。みんな役者さんだから、優しいサラリーマン役を上手く演じながら歌いこなしているのかもしれない。

だから、ひねくれずに温かい気持ちで聴く事にしま~す。(これだけ言った後に あっさりこんな結論?!笑)

さて、ひねくれていなくても自分的に変に聞こえちゃってるところがある。誰も知らない の「胸を締めつけるから」が「オシメ~、つけるから~」に聞こえてしまって…。

義母の介護生活5年、その後 母を見送り、今は老犬介護…という境遇ゆえか、せっかくの切ない歌詞が 困った事になっている。

まぁ、しかし、この歌は好きなので、これから 何度も聴いて、「胸を締めつけるから」に 上手く変換していきたいと思う。

このままではいかんと思っている。




JUGEMテーマ:ジャニーズ


line

仕分け∞

この間の関ジャニの仕分け。
20代と40代の女性を仕分けるやつ。(←わぁ、あらためて書いたら、なんか おっそろし~番組…笑)

一生懸命女の人を見ながら、がんばって考えてた大野くん。その表情が可愛いかった。君が一番若いっ♪

好き放題言ってた大野くんだったが、それは私から見たら 子供が未知のものを観察してるだけみたいで、悪気なく、ただの無邪気な発言に思えた。
みんな綺麗な女性ばかりなんだし、調子乗らないように(笑)なんぼでも言うてやれ、言うてやれぃ!と思ったワタクシだった。(コラッ!笑)

大野くんにあんなに見つめてもらえる時間があるなら、どこがくぼんでいようが、40代と見抜かれようが、なんでもいいじゃないの…なーんて思いながら観た。

これに出ていた40代の方は、若いと同時に 綺麗な女性だったね。(ふぉろ~)

綺麗という事が若いって事なのかもしれないが、年相応でも綺麗だって事が大切だわ~と思う。

あの番組を観て、私はこっそり思っていた。

43歳。注目すべきはこの年齢だと。

(いいなぁ、若くて…とも思った。)

自分を振りかえってみても そう。
ほんの幾つか違いでも46や48では ちょっと色々とあちこちに変化が出てくるものなのよ。

思い出せば、なんだかね~、ここから始まったなぁって思ってね。
私が嵐さんいいな~って思い始めたのも43歳頃。
あの頃が一番いい時だった~(←遠い目してます)
私だって 今と比べたら、全然綺麗だったんだよぉ!(おばあちゃんの自慢話。証拠がないだけに やたら声を張る…笑)

体重だけで言っても10キロも痩せてたし。

しかし、この43歳頃は今から振り返ったら、勘違いしてたわ~。
まだまだ自分はやれる…って調子に乗ってた。見てくれだけじゃなく健康面でも。
釣りも朝から晩までやって、その後寝ないで夜中仕事したり…

で、その後5年くらいはその余韻で、絵を徹夜して描く事があったり…

48歳までは 普通に平気にやれてた。
48歳も50歳も同じようなものと思ったら大間違いで、私の場合、ここで急な坂を転げ落ちた感じだった。(見てくれも健康面も…)

だからね
5~6年前は、そのうち大野くんが年とって 私の年齢に近づいてきてくれる くらいに思ってたけど(←勝手すぎ)実際は ますます年の差が開くのを感じるわけですよ

ああ…
なんとかしたいね~(ど~にもならん)attachment00.gif


ま、
とりあえず…
パックだけしときますか?


最近、膀胱炎で、血尿が+3というビックリな結果だったワタクシ。
ただの疲れからだったみたいで、年齢ばかりのせいではないのだが…
通院して薬ですぐ回復したから良かったものの、初めての事で、ちと落ち込んでる。

パックより 早寝早起き、睡眠を取らねば…かも。

気をつけなくちゃね~

とにかく
がんばろ~(;o;)/


JUGEMテーマ:ジャニーズ


line

大野智は何を選び生きてきたのか

cutの表紙のタイトルのキャッチーな事。これを考える人、すごい。
毎回思ってた。こういうタイトルの本を 嵐さんやご本人が本屋でチラッとでも見かけたら、どうなんだろうね。
大野くんご自身は「恥ずかし~っ」って言いそう(笑)

今でも覚えてるのが「大野智のすごさを知っていますか」
雑誌の表紙の真ん中に真っ赤な文字で。
…と思ったら、あっ、それは雑誌Hだった。けど、出版社は、cutと同じロッキングオン社。やっぱり~。

さて、その中身だが。
食卓で逆立ちやら、縁の下に入れるぞーって言われた事、コルク集めの話の事。それから、「起立!」ブ~!の一件やら…
表紙の「生い立ち」ってのは、この辺の話の事?(笑)

そゆ事?!

ま、いいか。
ま、いいよ。
いいって思わせてくれるのは、この30のインタビューの中で、最後の二つがあったからかも。

「自由」から連想するのは→「練習」

生きがいは→「解放」


何も考えず 流されてきたふうでありながら、その実は その場その時で 優れた直感力で歩んできた大野くん。
そして、そこに彼の賢明な真理があるのだ…と、改めてそのような事を考えさせられた。

いつか大野くんがラジオで言ってた事を思い出した。
入試の前、緊張しないようにするには、どうしたらいいかと聞かれて、
自分のできる事を精一杯やったんだから、緊張なんてしなくていい…って。
それは勿論 単なる励ましの言葉で他に大意はないのかも。でも、私はそれを聴いていて、その時、ふと逆に感じた。
緊張したり、自信が持てないのは充分な準備をしてないからだ…という 彼の厳しいところを。

自由を手に入れようとするなら、一生懸命やりきった と自覚できるくらい、何度も何度も練習しないとダメだ…という考え方が 大野くんの中であるんだろうなぁ。
そうやってきたんだろうなぁ。

自分をごまかして、こんなもんで大丈夫だろう…って気持ちで 物事に取り組む人は、こんな事 言えないはず。

関ジャニの丸山くんが飲みながら、大野に演技の相談をした時も「役に困ってるんなら、こんなとこで飲んでねぇよ!」と言った話も思い出した。

考える前に、悩む前に、 自分のできる精一杯をやる!
これは理屈ではわかっていても、なかなかね~、出来ないものだと思う。
思い悩む時って元気がないから、身体を動かさずにじーっとしてしまう。その代わり 頭ばかり動くのよ。

だから、悩んだ時は 何でもいいから とにかくやれる事をやる!
そう教えられる。

ほんわか やんわりとした風貌とは違う、この行動力にアッパレ。
或いは、この穏やかに落ち着いた物腰そのものが、やれる事はやってきたからこそ のものなのかも。

最後に「解放」と言った大野くん。
いつも何かに拘束されているのかなと思ったら、ちょっと切なくなるが、開放の幸せを感じ、生きがいだと言えるのは素敵な事にも思える。

あと一ヶ月ぐらいでドラマの撮影も終わるのかな。その後もスケジュールに追われるのだろうが、大海原へ一旦 開放してやって下さいませ。(魚か…笑)

区切り区切りで自由や開放を味わいながら、またそれを活力に変えて練習に励む…
前向きな生き方だと思う。


JUGEMテーマ:ジャニーズ


line

アラフェス2013DVD 到着。

来ました~~

着いてすぐ開けて、正座してブックレットを見て、あら、素敵な写真。
でも、ショックなほどに 恐ろしいほど、内容を忘れてた自分にはガクッときたが。
一昨年のアラフェスは覚えてるのにね。

そうだった。このアラフェスは 夢を観てるみたいで、終わった直後もやたらフワフワしてた。それは覚えている。

映像を観たら思い出すものだ…と思いつつ、観てみたが、やはりダメ。

初めから 私達が観た日とは違う日が映像になっている事は感じたので、そういう意味では なんらかの形で覚えてるんだろうけど…

ま、いい。初めて観るコンサートを観るみたいな気持ちで、観た。

まだフラゲしてない人もいると思うので、今日はあまり書かないけど、ちょっとばかり軽く感想を…。


ラッキーマン。私達が観た しどろもどろサトラップは やはりなかった。この日は上手く歌えて、大野くんご満悦の様子。
勿論これも観れて良かったんだけど「こんな感じって、どんな感じなんだよぉ」って、もう一回ツッコミ入れたかった気もする。

ごめんね、大野くん。コンサートの事 ろくに覚えてないくせに、あんな事ばかり覚えてて。

ラブシチュ、時計じかけ、パート逆のアディ…その他 楽しみいっぱいのアラフェス映像。

最後の日ならではの特別な気持ちもうかがえる素晴らしいコンサートの様子。

大野くんソロも すっごくいい

初めて嵐のコンサート(ドリアラ)に行った時の気持ちを思い出そうと思えば、蘇るのだが、何かあの頃とは違う。
同じ曲、椅子を使った同じダンス、たぶん衣装も同じ。でも、違って見えた。
自信、貫禄の備わった大人の大野くんが歌い、踊るTake me faraway。

そして、これまで何度もコンサートに行ってる自分も あの頃とは違うからかな。

何はともあれTake me farawayをまた何度もリピできると思うと、嬉しい。
今夜気が済むまで観よ~~

寝れんかも~

JUGEMテーマ:ジャニーズ


line

ちょっと前のしやがれ☆GUTS!

しやがれのGUTSが面白くて、何週か前の録画を何回も観ている。笑える
歌なのに 笑えるとか言ってていいのかな。
Mステでは、きちんと歌番組の演出で、すごく良かった。そちらも何度も観ているが、しやがれは また違った意味で何度も観ている。

わぁ~、東京ドームの中で歌ってるんだ…と最初はすごいな と思いながら観ていたんだけど、そのうちに まず、背番号で笑った。
それぞれ ゆかりの数字だが、4桁の背番号とか生まれて初めて見たわ(笑)
でも、大野くんにはやっぱりこの番号がいいのかも。
そこまでは なんか可愛いなぁって思ってただけなんだけど、後半の審判が出てきた時は、「このおじさん誰?」って思ったよ。

これをリアルタイムで観てたとき、審判を観て、息子が「大野やん!」って笑いながら横で言ったから、
「なんで大野くんよ」なんて言って、テレビ画面を二度見したもん。

ビックリしたわぁ、
ご本人だと気づいた時は。

息子は「日テレは大野の正しい使い方 知ってる」とか生意気を言ってた。(笑)

「なんだよ!それ」って思ったが、よく考えたら まぁ 球場での配役なら やっぱりこの役しかないのかも…だわね。

でも、大野くんも「アウト~ッ!」の顔とか声で、私は即座に思った。

この人、やっぱり自分の役割を熟知してる…ってね。(笑)
瞬時にそういう事をとらえる人なんだ…って。
で、瞬間ものにするからすごいよね。

さて、ダンス。フリを覚えて 皆で踊ろうみたいな事を言ってたね。
私はまだ覚えようともしてない。

でも、この歌が好きなので、歌詞を見ながらたまに歌ってる。
サビのところが ノリが良くていい♪

それで、いつも思うんだけど、1番と2番とか、リピート部分とか、いちいち ほんのちょっとだけ歌詞を変えるのって…
そういうのについていけないお年頃なんでぇ~す。(可愛く言ってもおばさんなだけ…笑
なんか 覚えたと思っても 必ず間違えてしまう~っ!

そこで、私は言いたい!!
(以下、また くだらん事になります)
せめて、サビの「ビバ青春胸をはれ」までは一緒にしといてくれん?

次が「咲き誇れ」になる事で
そこを変えて、おばさんをオロオロさせる他にどんだけの意味があるんですか~?
他「いつでも」を「すべてを」に変えたり、(歌詞ではよくあるパターン)芸の細かさに対応不可能なのよ、ワタクシは。
困ってるのは本当に私だけか?
当の嵐さんも テレビでかなり大変そうと見えたぞ。

ま、ホント どーでもいい事ですがね…

でも、最近ちょっと思うところがあって。

嵐は、国民的アイドルと言われていて、歌唱力もあり、素敵な歌がいっぱあるのに ここ何年かヒットはしているものの、何か世の中をスーッと通り過ぎてる感じがする。

ここらで一発、街のあちこちでみんなが口ずさんだり、誰もの頭から離れないようなフレーズとか 何か欲しい気がする。

「走り出せ♪走り出せ♪」みたいなやつね。ファンでなくても 惹かれるようなのがね~

だから、サビはワンパターンのキャッチー狙いで…とか思ったもので。

ハイ余計な事でしたね。

…って言うか、ここに書いてるうちに歌詞の違いを覚えたし。それほど難儀な歌詞でもなかったかも。

だから、も~いいやっ

久しぶりにブログを書きに出てきて、長々書いて結局これかい!?毎度の事ながら、超自分勝手な結論で終わってすみません。

ではまた~


PS. カモ~ン!アラフェスDVD~!待ち遠しいよ~

JUGEMテーマ:ジャニーズ


line

CM

また3キロ太って とうとう65キロになった。私はミスドのドーナツが好き。でも、これ以上太るのはいかん。週末、仕事前にミスドでモーニングしながらブログを書くとか 最近しないようにしている。
クロワッサンドーナツを買いたくなるのも我慢してる。

なのに…

なんでやねん。

そんな気持ちを揺るがすように 相葉ちゃんがCMし始めたではないか。

また相葉ちゃんらしい、可愛いCM。

こ~てまうやろ~っ!!


食いしん坊や 意志の弱さを相葉ちゃんのせいにしてすみません。
万年 ダイエットダイエット… 口ばかりの自分に情けなくなってるよ…

あ、CMといえば…
嵐さんのCMではないんだけど…


尿もれパッドのCMかな。
アイドルのコンサートでおばさん達がうちわを持ちながら、 「あっ!チョイ漏れ!」みたいなCM。
こんな時でも その尿もれパッドをしてたら大丈夫!っていうわけ。

私、これ 一回しか観た事ないんだけど、なんかもう びっくりしちゃって…

くしゃみした時とか、びっくりした時とかなら、「あるある~」ってお気楽に観れるけど、よりによって なんでコンサートの場面!?なんでうちわ振ってる時!?

勿論 嵐とも ジャニーズとも書いてないけど、いかにもそれを思わせるシチュエーションで、私は 一瞬で自分を観てるみたいな気持ちになって、身体の力が抜けた。(笑)

そういう商品は必要なもので、どんなCMを作ろうと、流そうと、私なんぞ とやかく言えるもんじゃ~ありません。

しかし、

ひとつ願わくば…

世の中で5人だけには、このCMは観ないでもらいたい。

嵐さん。
私は、普段チョイ漏れしないとは言いません。(おばさんが嵐に なんのカミングアウト?!笑)
でも、嵐さんのコンサートではチョビッとも漏らしたりした事ないっ!
ほんと、ほんとだよ。(だから、なんの申告やねん?笑)

コンサートで興奮してチョイ漏れするものなのか?うちわ振りながら、実はそうなってるのか?とか…
もし嵐さんに思われたら…って心配で…。



…なんてネ


思わないわね。
なんで思うねん。
嵐、関係ないっちゅーねん。

しかし、
でも…

なんとなく
おばさんも若干の乙女心ってのがあるわけですよ。

なので

頼むから。とりあえず、あのCM
嵐さん 観ないで~!

追記: ご興味ある方は、「ライフリー さわやかパッド チョロッと篇」で検索したら、メーカーサイトやらYouTubeなどで観れます。あらためて観たら「コンサートってチョロッと漏れ 何回もしてまうねん!」だそうで…
ますます アタタタタ…(> <;)



JUGEMテーマ:ジャニーズ
line

毎回楽しみ♪死神くん

ドラマ死神くんがますます良くなってきた。
感心するのは、ここ4話まで 例外なく全て ストーリーがよく出来ている。私はそう思った。今回 手帳に名前がなかったのは胎児だから…というのも なるほどね…と思った。
毎回毎回どれも心の奥深いところに響くお話で、えんどコイチさんってすごい。漫画は読んだ事ないが、パッと見た印象…可愛いギャグ漫画みたいな、子供っぽさのあるタッチの絵だから、このストーリーの深さとのギャップがすごくて、びっくりする。

正直言って 大の大人が「悪魔を呼んでみる」とか「悪魔に魂を取られてもいいのか」とか、ドラマ中盤のセリフだけを聞いてると、子供向け番組か?と アホらしくなりそうだったが
この話の中心には 死神だ悪魔だという現実離れしたものを ただの架空のものと笑えないような…何か隠れた思いを感じ、どうも馬鹿にはできない。
あんな黒いスーツは来ていなくとも、死神的なものが存在するんじゃないか…とか思わされたり。3日前に知らされても困るし~って 日々の生き方を考えさせられたり。
悪魔もそう。あんな存在はないにしても、人間、欲にまみれてたら先行きが見えてるんだぞという戒めみたいなものを思わされる。
ドラマでは擬人化されているだけで、実際にも こういう心の動きはあるんじゃないかな…なんて思って。
意外と 日常のおのおのの心の中にね。
世の中には「私は死とは無関係なもので…」という人がいない。そういう意味で 誰もが考え得る事をテーマにしているところがすごい。
生と死を こんなにも考えさせられるドラマって 私は他に知らない。
説教がましくもないし、観ているうちに ふわぁ~っと癒やされるような温かさとともに「ちゃんと生きよう」って思わされるみたいな…
珍しい雰囲気を持ったドラマだと思う。深夜番組でも結構な視聴率らしい。ゴールデンタイムのドラマなら もっとすごかっただろうな…と思いつつも、これを観ていると、ただ一時間面白ければ良しとする価値観だけでもないような気もするので、週末を迎える深夜のしーんとした佇まいの中 観る事もいいのかも。これもこれで いい雰囲気なのかもしれない。
新米死神くんの心の内も しだいに何か変化しつつあるようにも見えた。
そのへんも観ていきたい。

大野くんの温かい人柄、柔らかな物腰が、このハートフルなストーリーにぴったりに思える。

大野くん、また素敵なドラマに巡り会えて良かったね。

私は、回を重ねて観るごとに そういう安心感も出てきて、毎週 少し元気になれているような気がする。

先週のツボは
「どんな目?」

気のきついオネェみたいな目つき
なんで あんな顔出来るんでしょうね。

JUGEMテーマ:ジャニーズ


line

なんとなく ハワイアンブルー

ハワイか…
海外でライブか…

驚いたわぁ

関係者を巻き込まず、こじんまりと15周年を祝いたいとか聞いていたから。

昨日はこれを聞いて 色々考え込んでしまった。

お気楽なおばさんだから 時間もお金もなんとか大丈夫で、
おまけに ハワイには親友も住んでるし、知り合いも何人かいるので、再会の楽しみもあるし、行きたい。…気持ちはある。

昨年のGWも あちこち海外の旅行パンフを集めては検討してたぐらいだから(結局ボツになったが)今回海外旅行に行っても いいっちゃ~いいんだが。

とは言え
一家の主婦がちょっと行ってくるわ~と言える距離か?嵐コンのためと言うと家族もドン引く事が懸念されるし。

でもねぇ(ウジウジ)
嵐さんには会いたい。15周年も祝いたい。行きたい。それは確か。

けど(接続詞 逆接しか知らん)
「ハワイまで行くのか?あんた」と自問したら、
やはり海外遠征まではね…考えちゃう、私は。

なんだか、もう 昨日から考えすぎて憂鬱の域に入ってる

智友さんは これを嵐ファンのハワイアンブルーと名付けた。

ワイキキの美しい景色みたいだが、このブルーは落ち込みのブルーである。

上手い!!
(言うてる場合ちゃう)

行ける環境にない場合も勿論ブルーになるし、
また、私みたいに行ける条件は揃いながらも、あれこれ考えて、思い迷う場合もあり…

いずれも いつものコンサートツアーの発表とは おもむきが違い、なんとなくブルーな感じ。

結局のところ、ワンコの体調がまた悪くなっても心配なので(←今んとこ元気だが)今年はハワイもワクワクも行かないで、家でおとなしくしておく事に決めた。

決めた…と書いた尻から、でも行きたいな~って思う決断力の無さが悲しい。


なので、昨日 思い切って ワクワク大阪の日に もう仕事を入れた。入れちゃったよぉ~

でも、まだ東京公演の日は空いてるし…とか考えてる どんだけ~な自分


さて、話は戻ってハワイでのライブだが、いつまでもブルー ブルー ばかり言ってても仕方ない。
嵐さん達には特別な思いのある場所で、彼らはきっと楽しみにしている事だろう。新聞にも載っていたが、またここからもう一度行くぞ~!って気合いやら、原点での再確認もあるのかもしれない。
そして、ハワイはしやがれも放送されているらしいので、現地のファンにとっては嬉しい事だろう。


そう思って納得しとこ~っと。

でもね、やっぱり15周年のお祝いとして日本でのライブも期待している。
こじんまり、温かい15周年…って言ってたやつ…何かやってほしいな。どーぞよろしく。

…って、結局 なんもなくて、めぐりさん、家で一人で祝う羽目になったりして。(こじんまりすぎるやろ。笑)



JUGEMテーマ:ジャニーズ


line

MORE読みました

MOREは買わずに立読みで済まそうと思ってたが、やっぱり買ってしまった…その話はこの間書いたか。

ちっちゃい字がギッシリ書かれてたので、もっとロングインタビューかと思ってたが、家で読んだら短く感じた。
私は斜め読みする能力なんか 元々ないようだ。こうやってちゃんと読まないと、立読みではどうも何が書いてあるのか把握できない。

しかしながら、あ~~んまた買ってしもたがな~attachment00.gif

別冊act+とcutに大野くんがのったらいつも買う事に決めてるので予約しちゃったし。
アタタタタ…読むのは楽しいながらも、やっぱり大変だ~。

さて、MORE。
まず、とにもかくにも 交友面での悩みがあったという話が気になって…私は この記事を読んで そればかり頭に残っていた。
以前もこのように話していて、その時も気にかかっていた。

私などにはわからない芸能人としての悲しみもあるんだと感じた。
大野くんがこんなふうに 何度も言葉にするのは、やっぱり相当のダメージだったんだろうなと思う。

プライベートで新しく出会った人を友達だと信用して 何でも話しちゃダメだよ、もっと気をつけなよ…と大人ぶって警告したくなるところもあるけど、私は相手に正直に向き合う付き合い方をする大野くんが愛おしく思えてならない。
一見 人なつっこそうに話しながら腹の中に警戒心を抱え 様子見しながら付き合うのは悲しいから。
結果、素の自分で接してるのに 相手は芸能人としてのイメージのまま捉えていて、そのギャップに思い悩んだ…という事なのかな。(想像)

大野くんが悲しんでいるのに、こう言っちゃ何だけど、そんな大野くんは素敵な人だ。
「人」が好きだから、人付き合いに悩むわけで、そこに人間味豊かなところが見られて。これを読んで私は、ああ、大野くん 普通の人なんだ~、素の自分を大切にしてるんだ…と感じられて。

そして、雑誌のインタビューで交友関係の悩みを漏らすようなガードのゆるさもまた柔らかい人柄が見え、こういうところ、丸ごと素敵だ。

雑誌やラジオで 大野くんの発言を何年か追っていると、嘘のない正直なところが感じられ、私は単純に

この人は信じられる。

…と思う。

この雑誌のインタビューは余すところなく大野くんが感じられて良かった。私はやっぱり写真よりテキストを読む方が好き。グラビアを見ては、表情が素敵やら、目が可愛いとか、首筋がセクシーとか、腕がどう、足がどうだとか、アイドルタレントゆえにそりゃ~色々思うところはあるにはあるが(めちゃめちゃあるが)でも、多分 大野くん自身も 見かけなどより実質本意な考え方の人だと思うので、ならば、こちらも中味を知りたいと思えてくる。

それは深い。

このインタビューの他の部分を読んでも 大野智の深さに溺れる。

いくらでも書いてしまいそう。
一日中でも大野くんを語りたい。

でも、とりあえず今日はこの辺で終わっておこ~。

あ、先日の釣果は最悪だったよ。
フグとカニのリリース組ばかりでお持ち帰りなし。
というわけで、その日の夕食は、松潤が話していた「タモリさんの生姜焼き」にした。
とっても美味しかった。タモリさんてすごいね。

ではまた~

コメレス、GW明けにはお話しに行きます。長らくの放置申し訳ありませ~ん (>人<;)

JUGEMテーマ:ジャニーズ
line

GWです。

お久しぶりです。
今年のGWは、仕事を入れていなくて相変わらずお気楽なもんです。
お気楽なわりにブログの更新もコメレスも遅れていて、気になってはいながら、家の事をしていた。
ちょっと遅めの垣根の剪定や 庭の手入れ、ハーブや花を買って植えたり。
昨日は前の晩 パンを焼くのを忘れていて、食パンを買いに 早朝からセブンへ自転車を走らせたら、MOREを買ってしまった。
前日、本屋で少しだけ目を通してもう買わずに済まそうと思っていたのにね~

相変わらず、買うとか買わんとか…やってる日々。

書きたい事がまたあれこれ…
Mステ、死神くん、しやがれ、そして雑誌記事の事。

しかし、とりあえず日焼け止めクリームを思い切り塗ったくっている。

今日は久々の釣り。

また次回 ゆっくり書きたい。
では。



JUGEMテーマ:ジャニーズ


line
ギャラリー
line
プロフィール

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line