お誕生日おめでとう

 
 
大野くん お誕生日 おめでとうございます
35歳!!
あらためて年齢を思うと
えっ!そうなんですか~って感じ。
 
アラフォーじゃないですか~
何を喜んでる!
喜んでる場合か!私も年とってるって事だし
 
先日のベストアーティスを観ても 大野くんは美しかった。ふわっと固めた髪が印象的。(ふわっと固めた…って何だよ。でも、ふんわりしてるけど、触ったら硬そう…笑)
 
どの表情も 優しくて穏やかで。
ユルユルしていて、でも、歌もダンスもビシッとキメており…。衣装も黒で腕まくりだし
もう言う事なしであった。
 
負けないで~って叫びたくなった。
(言われんでも 誰も負けてないわっ!)
 
大野くんって つくづくすごい。
この人に年齢なし。
若い頃から努力 継続してきたものが宝物となっている。
最強だ~~
 
いつも通りの美しいダンスだが、考えてみればその維持もすごい事なのよね。さらに色艶も加味されて見えるし。それを観て、私は、なぜだかちょっと英気が湧いた。
いかんいかん、私も年とってなど おれん!負けちゃいかんのはこっちの方だ!ってね。
 
あなたにかけてみたい。
大野くんを観てると、自分まで輝けるような気がする。
 
 
さて、先日のハピバ嵐会も楽かった。美味しい生パスタを頂きながら 時の経つのも忘れて嵐話智話をした。なみちゃん、お店を手配してくれ、ありがとう。(いつも別の話ばかりでちゃんと言えてなくて、こんなとこで私信すみません)
 
デコパージュに凝っているというたかりんさんが、タツノオトシゴをデコパージュした服や、嵐さん智さんなどなど付いたネックレス、靴など身につけて登場。
その姿を観て、私の中で 
デデン デン デデン♪と流れた。(なぜかターミネーターの音楽…笑)
いやぁ、ここにも最強現るという意味で。
 
彼女の車にはコンT改造の手作りクッションが幾つもおいてあったし、
コンサート1カ月前からうちわも出来上がってるし。 
 
気合いが違うわ~
 
私も負けてられないなぁ。
もう すでに負けてるけど。もっともっと嵐ファン智ファンを楽しまなくちゃ!
 
大野くんに、そして智友さんに元気をもらいながら、今後 私もがんばろ~~!
 
 
よし、とりあえず まずは睡眠だ。
昼寝してからだな。(おい~~~っ! 笑)
 
寝てスッキリしたら またベスア観よ~っと。
 
櫻葉アイコンタクト、大宮ワチャワチャキュンキュン、そして潤くん美ジュに癒されました~
 
 
 
line

11月26日はローソンへ行こう!

朝から嵐友さんに教えて頂いた。
11月26日 10:02~、21:02~
ローソンの店内で「暁」が流れるのだそう
ローソン店内で流れているCSほっとステーションという放送のリクエストショーにて流れるとの事。
お誕生日に「暁」
嬉しいじゃ~ないですか!!

家からローソンがあまり近くでもないので、行かないかもですが(タイトルに行こう!と書いて、行かんのかぃ?!)

でも、26日10時前にローソン近くにいたなら、ぜひ入って聴こう!(なんか歯切れの悪い意気込み…笑)


さて、最近のめぐりさんは、自転車でこけて両膝ズル剥けで血を流して帰ったり、雷雨の中、包帯を買いに行ったり(肝心な時に切らしてる)
なんでこうなるの?!…って欽ちゃん跳びしたいぐらいだが、打撲もあり、それもできない。

(何十年と自転車に乗っているが、ケガはほとんどないので油断してたかも。若い頃、自転車に乗って蜂に追いかけられ、止まってる車に突っ込んで打撲した事があるが、それ以来の惨事)

しかし、もうすぐコンサートのチケットも届くだろうし、日曜日は智バースデー嵐会だし。(足を引きずっても全然行く気さ…笑)

もう元気出すしかないのだ~ 

でも気をつけなきゃね

line

ジブンゴト☆冬支度

はい、また サトシゴトから離れ、どうでも良い話をする時間がやってまいりました。今日は完全ジブンゴト。

少し前の事になるが、乳腺科へ行ってきた。
半年前のマンモグラフィーで異常なしだったんだけど、もう1年以上前からわずかな痛みがあり、婦人科ではなく、専門の乳腺科でちゃんと診てもらおうと思い、混雑の中、予約を取り、1か月待ってやっとこさ

またまたマンモグラフィー、そして超音波検査によって、乳腺のう胞と診断された。
乳腺に分泌物が溜まっているのだそう。しこりもなく、治療も必要ないが、また半年後に検査に行く事になった。
しばらく定期検診は必要なようだが、今後、病気を早く見つけて頂ける率も高くなるんだから、良かったじゃないか…と思っておこう。

さ~て、今後は子宮ガン検診と…あと何をすればいいのかな。胃と肺はレントゲンに行ったし~。
インフルエンザ予防接種も予約したし。来月の福岡行きにも向けて準備!準備~!


もう少しジブンゴトを書こうと思ったが、そんなに面白い記事になりそうでもないので、写真を載せて終わっとく。

夜中 部屋を徘徊するくせがある老犬のために 冬に向けてセーターを編んだ。


あと、換気扇の掃除をしたり、床のワックスを塗ったり、早々と年末掃除のような事もぼちぼちやったり…

16年使ってボロボロに汚くなった 洗面所の引き出し、扉に 木目の壁紙を貼ってみたり…


こういうの DIYって言うのかな。
思った以上に上手く出来た。
少しは綺麗になり、お正月を迎えられそう。

猫のしっぽカエルの手でベニシアさんが作っていた 生姜の砂糖漬けも作ってみた。
私は砂糖の代わりにエリスリトール(ノンカロリー甘味料)で。
身体を温めるのに良いかな~


さ~て、あとはHDDをディスクに移さねば~!!
年賀状も書かねば~!

わぁ~、まだまだする事 いっぱい…

冬支度 でいっ!
line

早い!(°o°ノ)ノ

今日は BLAST IN MIYAGI のBlu-ray 発売の嬉しいニュースが入り、びっくり
元旦発売というのにもまたびっくり
 
未だかつて コンサートから映像発売まで こんなに早かった事ってある~?
 
なんだ、やれば出来る子だったんじゃないですか
 
それに加えて 福岡のチケットの発送通知メールも来たし。これも いつもなら 2週間前くらいだと思ったが、今回はまだ1カ月前。
 
どした?  何があった?
遅けりゃ まだかまだかとうるさいのだが、早けりゃ早いで どうしたのか?と思ったりする。
 
事務所に 敏腕社員でも入ったか。
もし、そうなら、仕事が早いのだけが取り柄とならぬよう、頑張りたまえ。
(この間まで振込が早すぎただの言ってはオロオロしてたくせに、チケットが届くとわかれば、急に態度がデカくなってしまった
 
まだ届くまで気は抜けないが、なんとか一段落。
一歩、また一歩 大野くんに近づいている気がする。
 
がんばろ~~! 
(何を?  とりあえずFANKYかな…)
 
コンサートの日を待つ今が一番いい時なのよね。何回も観るんじゃなく、たった一回というのも 自分にとって すごく貴重なんだという気持ちが高まる。
ああ、元気でいなくちゃ…
 
よし、インフルエンザの予防注射 行こ~っと
 
 
line

紙の月を観た。

先日は、ちょっと偏頭痛がひどくて寝ていたが、なんとか復活した。
しかし、まだ頭がボーッとして、何を書けばよいやら。
 
あ、そうそう…
この間も書いたが、紙の月という映画をレンタルで観た。ウォーミングアップにその話をしよう。(「この間も書いたが」と入れる事で、年寄り特有の話の反復なんかではないぞ…と、微妙にフォロー
ずーっと前にもテレビドラマでやっていたが、テレビも映画もどちらも良かった。
 
簡単に言うと、若い男へ貢ぐ為のお金を横領しちゃった 40代ぐらいの銀行員の話。しかし、その説明ではあまりに簡単すぎ。
この話はもっと深い。
 
「紙の月」
紙で作ったペラペラの月、或いは紙に描いたような、いつでも消せる月。
所詮は 嘘もの。でも、確かに美しい。
癒される。でも、やっぱり月。どうやっても手の届かないところで輝いている月を紙に例えて、また紙幣を思わせるような…
なんとも上手い比喩のタイトルである。
 
恋に堕ちたというより現実逃避に走ったという感じに思われた。
 
なんだかね、
半分 しかばね化しながらも、アイドルに堕ちている自分と重ねたりした。
 
あんなに明るくてユーモラスで、そしてキラキラしてる大野くんだから、本来なら太陽に例えたいところだけど、やっぱり太陽じゃない。月に例えたい。
なぜかそんな切なさが伴ってしまう。
 
嘘でもなんでも 夢を見ていたいっていう事には私は惹かれたりしない…と思ってるつもりだが、実は自分にはそういう感情があるような…
 
嘘は嫌。
たとえ自分にとって悲惨でも ごまかされるのも、自分でごまかすのも、結局悲しいだけだもの。
 
なのに、この刹那的な話には惹かれる。
 
よくわかんないけど、なんか奥深いところで感じるものがある気がする。
 
 
思えば、アイドルを追うのも、夢を追っているという事なのかな。
現実は嫌な事があっても、妄想で幸せになれるわけだし。
偽りでも何でもいいから、そこにいて楽しそうに笑っていてくれたら、もうそれだけでいい…な~んて思うものね。
 
私って…
心の奥深いところで、おっそろしいぐらい夢見る夢子ちゃんなわけでしょうか?(知らんがな…笑)
 
けど、美しいものに魅せられているだけ…と、芸に惚れてるテイを気どってみたくもなる。
 
自分の事だけど、実際どうなんだかわかんない。
 
夢を見たいのか?
私も紙の月を見ていたいのか?
(コンサートを観るにあたっては、本当にキラッキラの夢の世界に陶酔するから、やっぱりそうなのかな)
 
 
最近 ちょっと思うのは、
嵐のコンサートへ行くのも、CDを買うのも グッズを買うのも…
なんだかちょっと囚われてる気がする。
心が囚われの身である。
買う買わないの判断力も何もあったもんじゃない、この指が勝手にポチッとな。
次の曲がどんな曲かも全く知らないのにタイトルだけでネット予約に必死になってる。
もう そうせずにはいられなくなっている。
嵐の魔力に囚われているって感じかな。
 
勿論 大野くんにも囚われている。
魅力に翻弄されて 手も足も、ぐうの音も、何にも出ず、ついて行くのを辞める選択肢すらない。
ずーっと大病を患っている。
(案外楽しんでますけど
アラシック、サトシックとは これも上手い造語だなぁ。
 
私が思っている大野智は、虚像なのか?
(どう思ってるかにも よるわな…笑)
 
そんな事を考えながら、そこのところが生涯 謎のまま、私は本物のしかばねになっていくんだろうなぁ(笑)
 
ハハハ…
とんだウォーミングアップ。
へんな話になってしまった。
 
ここまで書いて、クリフクライムで格好よかった話にするべきだったと後悔。
 
でも、まぁ とりあえずアップしておきます。
 
PS.  今月の満月を調べたら、11/26なのだそう。
あらまっ。
 
 
line

タリラリラ~の襲来

何なん?今日のブログ記事のタイトル。天才バカボンのタイトルみたいになってしもた。(笑)

この間は、マスカレードを大野くんの振付けで観たいと書いたが、昨日、miyabi-nightを聴いていて ビビビッと来た。
これだ~!って。
大野くんはこれを振り付けたんじゃないか…と。
イントロの三味線の軽快な音色からして、大野くんにダンスを付けてほしくなる。
VS嵐で和風な振付けとか話していた事もあるが、なんかこの曲が大野くんの発想とぴったりくると、どうなるのか観てみたくなって…。
 
結局 どの曲でも大野くんの振付けで観たいって言えば、そりゃそうなんだけどね。
私の「ビビビッと来た」が頼りにならないのもわかってるし。
 
でも、この曲 どんなダンスになるのか 考えただけでワクワクする
 
この間も書いたが、この曲の印象は、とにかく「タリラリラ~♪」
 
タリラリラ~♪って、初めて聞いた時は本当に「タリラリラ~のコニャニャチワ~♪」しか思い浮かばなかったが、今は、なんか慣れてきて、ノリの良さとユニークさがすごく好き。
 
が、ワタクシ、これを聴きすぎたのかな。
今、タリラリラ~攻撃に見舞われている。(大げさ…笑)
 
今日、友達とメールしていて
「最近、暑かったり寒かったりで体調を崩しやすいので、ご自愛下さいませ。」と書こうとしたら、全然違う文が入力されててビックリ
 
「最近、暑かっタリラリラ~寒かっタリラリラ~で…」って、いちいちタリラリラ~と出てくる。
 
先日のブログに タリラリラ~ と書いてから、私のスマホったら、もう「た」の入力だけで、「タリラリラ~」が第一候補に出てくる事になってしまってる。
 
スマホを使ってる人なら、こういう事ってよくわかると思うんだけど、「た」を選んだつもりでも、隣の「タリラリラ~」の方が長いから、すぐそこに指が当たってしまうの。
で、文末がビックリするぐらい頻繁に タリラリラ~になってしまう。(笑)
 
文の最後に「た」って多いから、いちいちお調子者か。
 
私を真面目な人間に戻しておくれ~
 
 
本当に困っタリラリラ~(笑) 初めっからお調子者やん


line

カウコン楽しみ♪

今年は、嵐さんは紅白の司会ではなく、ジャニーズカウントダウンコンサートの司会なのだそう。
昨年までは、私も視聴者審査員で白組に一票投じたりした紅白だったが、今年は嵐さんの出番以外は、ちょっと力が入らなそう。時間が長いから観られないわ~
 
その代わり カウコンは楽しみ
正直なところ、紅白よりコンパクトに濃い内容で楽しめるし、こちらの方が嬉しい。
嵐さんもリラックスしながらノリノリになれるような気がするし。
 
しかしながら、カウコンは、我が地域は今まで遅れ放送だったりした事もあり、心配だったので、さっそく問い合わせてみた。(アラシゴトは何でも心配になるワタクシ)
テレビ宮崎様は、とても丁寧に対応して下さった。
 
「まだ確実ではありませんが…フジテレビで大晦日23:45~翌0:45に放送される場合は、テレビ宮崎でも放送します」
とのお返事。
 
(ここでも、めぐりさんは「その時間の場合は放送する事は間違いないんですね?」と、詰め寄る姿勢で、繰り返して念を押した。アラシゴトになると、なんでこうも いちいち うるさいのか、自分…笑)
 
はっきりと おっしゃいましたよ
 
放送します
 
 
というわけで、あとはワタクシ、小躍りするのみ
23:45から放送と 今日付けでフジテレビサイトの広報から正式発表されてるもん。
というわけで、ほぼほぼ大丈夫みたい。
 
近いうち ちゃんと正式に決まったら、私も再度改めて 正式に踊るつもりである。(ソンナンイラン)笑
 
地域限定情報ではありますが、
それについてはまた追記しまーす♪


【追記】月刊テレビ誌の番組表に テレビ宮崎で放送される事を確認しました(11月末日)

 
line

実は、やっとJaponism

今回Japonism通常盤はレンタルする事にした。今日はレンタル開始日だった。
朝イチで近所のお店を覗いたがまだ到着していなくて、お昼頃 ちょっと離れたお店へ。
イヤホンでJaponismを聴きながら、Japonismを借りに行くワタクシ。もうジャポまみれであります。
 
 返却された棚に1個だけあったのをゲット。
ランキング1位は勿論の事、お昼にもう返却されてるんだから、開店と同時に借りてる人がいたという事。すごいね。
通販の初回盤予約も大変だが、レンタルもやっぱり大変。
 
店員さんに「通常盤に間違いないか?」「2枚入ってるか?」など やいのやいの しつこく聞いてしまった。
だって2枚目が入ってないと意味ないし。
 
なんか最近 すごく慎重というか、何に対しても不安っていうか、心配っていうか、ちょっとした事にドキドキしてしまう
 
昨日も 嵐コンの時 泊まるホテルに ちゃんと予約出来てるか確認の電話をした。ツアーの発表日に電話予約したっきりで、何の控えも保証もないわけで。しかも、なみちゃんの分まで勝手に予約してたし、ここでヘマは許されないと思って、ドキドキしてきちゃって
 
チケット代の振込も 本当に出来てるのか?と ネットバンキングで何回確かめたかわからない。
コンサート事務局からは「確かに振り込まれました」などのメールはないので、自分を信じるしかない。
一番頼りない この自分をかいな
 
というわけで、何に対しても不安 というよりは、やっぱりアラシゴトに関してのみ こんな風にオタオタしてしまうんだと思う。
他の事には割とケセラセラしてるもん。
 
そんなこんなのうちに、昨日からツアーが始まり、
あんな衣装で、こんな演出で、
え~っ!そんなセトリなんですか~!って事になってるかもしれないけど、今はネット情報も 全く目を通していない。
今回は、当日までネタバレなしで行こうと思っている。皆様 どうぞご協力のほどよろしくお願い致します
 
ワタクシ的には今日やっとJaponism全曲聴いた。また4曲ともいい曲だったので、今後いっぱい聴きたい。
 
いっぱい聴きたい…ばかりで、全然 曲について書いてないが…
ちょっとだけ書くと…
 
少年隊を彷彿とさせるマスカレードが 今、お気に入り。智さんの振付けだといいなぁ。
 
あと、miyabi-nightの「タリラリラ~♪」ってのが耳について離れない。
 
君への想い のイントロがめちゃめちゃ好き。イメージは源氏物語~
 
あと、今回は翔くんのソロ曲にハマった。何度も聴いてしまう。
 
それから、The Deep Endがなぜか私の中では戦隊モノの主題歌を思わされてしまった。「ヘイ!蒼に染まれ ヘイ!蒼に染まれ」ってところとかね。
 
あと、インザルームのニノちゃんの歌い出しがすごく上手くてエロくて ワッショイショイ。(←いちいちこれを言いたくなる…笑)
とにかく どの曲も全部いい。
 
もっと書きたいのだけど、今日 映画「紙の月」もレンタルしてきちゃったので、さっさと観なくちゃならず
また今度ゆっくり書きまーす。
 
では
コンサート、引き続き、楽しく無事行われますように…
 
line

本当にやりすぎちゃってる

え? もう?
もう ジャポコンツアーが始まるらしい。
(私は思いもつかなかったけど、智友メールでみんな「ジャポコン」って呼んでるのね。なんかガチャポンみたいで可愛いっ♪)
 
この間アルバムが届いたところって気がして、もう始まるのかという感じ。
 
昨日は智友さんから、購入をお願いしていた限定グッズ「買えたよ」とメールを頂いた。
ありがとうございます。
で、カレンダーも一緒に送ると言って下さった。
いえいえ、カレンダーは頼んでなかったんだけど。
けど、あまりに面白すぎるから、早く見たいだろうとのお気遣い。
 
え?面白い?
という事でネット情報で画像を見てビックリ。
 
なんじゃこりぁ~!?
 
 
以下、カレンダー画像の内容 多少含むネタバレ有り。
 
 
「やりすぎちゃった」という言葉を 私、軽く考えていた。
攻めに攻めまくっとるやないか、三十男達。
アルバムで和テイストで原点回帰な攻めを見せた嵐さんだが、こんなところでも また違う攻めを見せてきた。
 
いつ撮ったのかしら、これ。
もう大ウケで爆笑したが、内容がすごく凝っていて、感心もした。
 
智さん、顔 丸い頃かな。少し前かしら。(しかし、歯抜けのじっちゃんの顔から 撮影時期を判断しようとするのはどうだろ…笑)
 
忍たま乱太郎みたいなのも、昭和の家族も、明治?大正?の学生も。
 
どれを見ても、も~ぉヤダ~!と悶絶。
 
昨日、メールで話したら…
「やりすぎちゃった」という言葉で
裸にふんどしで太鼓を叩いてる日本男児の写真を思い浮かべた智友さんもいらっしゃったようで、彼女はジークンドーで鍛えあげられた身体に悶絶する準備万端でいたようだが、まさかのじっちゃんと遭遇…(笑)
 
もうあのお顔はリアルに 智さんの何十年か後を現しているように思えてならない
 
もう これは ファンが全く予期せぬ事という意味では、緊急事態と言っていいんじゃないだろうか。
 
翔さんがオッパイを仕込んだ時点で 充分そう言えると思う。(色々な写真の画像を見たが、ワタクシ的には、特に 翔母ちゃんのぴったりハマリ具合が衝撃だった。とても櫻井キャスターと同一人物と思えん…笑)←ワタクシ的に最高に賞賛してるんですヨ
 
しかし、これだ!と思った。
これこそ   ザ  嵐だとも思った。
 
30代なんて なんのその。
バク転ぐらいで驚いてんじゃねぇゾって事か(笑) 
こんな事もやっちゃうよ…ってね。
 
そう思うと、このカレンダーもまた原点回帰を感じる。
これをサラッとやってのけるところ、それも嵐さんならでは だと思う。
 
相葉Dの企画 要望に これだけノリノリでスピード対応でこたえ、やりすぎちゃう事ができる嵐さんに脱帽。
 
ずーっと見ていたくなるような写真。
笑わせるだけじゃなく、どこか温かみがあり、芯から楽しんでる感、満載。
それぞれ歌詞のピックアップもいいね。
ジャニーズWebのグッズレポにあった“ファンの皆様への感謝”  確かに感じる。
 
ははぁ、しっかと受け取りましたぞ。(めぐりさんも時代劇風に膝まづいてみる)何しとんねん
 
フリスタの日記帳もそうだが、カレンダーという、毎日使える商品企画が私は大好き。
 
まだ実物を見たわけじゃないけど、こんなに一生懸命 丁寧に作ってくれて本当に嬉しい。
 
こんなのだったら、もう毎年やりすぎてほしいなぁ。嵐さんらしい内容のカレンダーをいつも部屋に置いておけたら、ファンとしては嬉しい。
 
というわけで、智友さんのご厚意に甘え、私はまだ参戦前なのに、カレンダーを送って頂く事にした。
お先に思い切り笑わせて頂く事になりそう。
 
アルバム曲の感想もまだ ブログにろくに書いていないのに、実際に見ていないカレンダーの話を 早々と書いてしまった。
 
しかし、今 私がすべき事はアルバムをいっぱい聴く事と、FANKYを 寝てても寝ぼけて火を噴くぐらい完全習得せねばならん。ボッボッボッボッ…(←怖い…笑)
 
さ、がんばろ~
 
 
 
 
 
line

バックダンサー嵐

V6の20周年記念コンサートの最終日にTAKE ME HIGHERで嵐さんがバックダンサーをつとめたらしい。
これは、やっぱり NHKあさイチでしょ~って見張ったが、話はしていたものの まさかの映像なし。
え~~っ?!なんで~?
 
めざましは観て、ビビットで録った。
ほんの数秒だったが。
 
客席に座ってる姿も流れていたが、嵐さん達はTシャツなどラフな姿。隣にマネージャーらしき方が…と思ったが、よく見たら城島さんだった。(コンサートにスーツにネクタイ、オールバックなんですね…オールバックはええやろ…(笑)
 
踊りだす前、暗転で黒い影の中、なぜか後方センター位置のバックダンサー、一人だけ後光が射したように光輝く大きめのシルエット。
 
大野くん
 
私の目がおかしくなったのも ここまで来たか…とも思ったが、偶然 光の加減でそう映っていたようだ。
偶然だけど、それはまさしく今の大野くんを表しているかのように私には思えた
 
ジュニア時代、テレビのカメラワークから見切れていた分、今日、取り戻したゼ!と思えるくらい。(笑)
その ほんの1~2秒を静止画像にしては観てうっとりした。
 
踊りだしたら、もう そりゃ~かっこいい~~
またまた思い出した、kyotokyoの映像。
 
私は再確認した。
結局、バックにいても、端っこでもセンターでも関係ないんだ…と。
 
大野くんのダンスは、画面のどこであっても やっぱりひときわ すごいのだ。
 
ダンスにおいての立ち姿は世の中の誰よりも真っ直ぐ。(世の中のって…笑)手を横に上げる時の手首から先に 力は入ってないのに神経が宿ってる。
それが大野くん
 
ジュニアの頃の昔映像を思い出しては いつも「すごい」「ステキ」って言ってるけど、
でもやっぱり それを超える“今”を感じる。
 
昔と今の大野くん。
同じだけど 違う。
違うんだけど、変わらないものがある。
 
その後、落ち着いてから 嵐さんおのおのを見渡すと、やっぱり みんな 身体ががっしりして、当然ながらバックダンサーには似つかわしくない存在感を放っていた。
 
けど、ニノちゃんだけは違和感なくジュニアになり切れていたように見えた。遠巻きだったからかな?   いや、彼の場合は自分で演じられる感じだろうか。なにせ カリスマジュニアで歌えたり、32歳で学ランも着れる人だもんね。やっぱり永遠の17歳って本当だわ。
 
ビビットでは国分さんが、TOKIOがダンスに加わらなかった事を ダンスを覚えられない…なんて話していたが、面白可笑しく笑かすのもいいけど、そこはそんな説明じゃなく…。
今回 嵐が踊ったのは、翔さんが僕らはV6チルドレンと言っていたように、昔 ジュニアの頃 V6のバックで踊っていたという経緯があるからだと、それを説明せんか~ぃ!と思った。
だって、そこに特別な意味があり、思い入れやら、愛があると思うので。
 
嵐さんは、知り合いのV6ファンからVHS映像を借りて、それを観ながらバックダンスを練習してこのステージに臨んだのだそう。(て言うか、そんな映像 ジャニーズ事務所になんぼでもあるやろ~に…笑)
今、自分達のコンサート前の一番忙しい時だろうにね…素敵な話じゃないですか。
 
少年倶楽部プレミアムか何かで もっとしっかり観たいなぁ。ぜひ放送して下さ~い!!
 
 
 
line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line