世界一難しい恋 第6話

毎回面白くなっていくセカムズ ほとんど他について語ってないし、ここがセカムズブログみたいになってきた。
 
あの性格では一波乱あるぞと先週心配した通りだった。プライベートでは社長と呼ばないでと言いつつ、デート中にパーティー出席の社長命令を出す。挙げ句の果てには「最初から俺の言う通りにすればいいんだよ!」って。
 
嫌なやつじゃの~。
 
あ、そうそう「ええ子じゃの~」ってセリフ、ギャグみたい。(笑)
喋り方のニュアンスが大野くんっぽくて、
セリフを言わされてる感がなく、すごくいいなぁ
 
 待ち合わせ時間の確認メールに「了解です」と返すのに、1時間もかかって考えたり…
(「はーい!\(^o^)/」でも良かったのにね)
 
メールが来ないからってケータイショップに行くって…アホやなぁ。
 
でも、そんな恋する零さん、可愛いくてたまらない
 
これまでは面白いラブコメだなぁと思って観ていたけど、
“いさなみすやお”のくだりは、なんだか雰囲気が違っていた。恋愛というのを上手~く表現していて、なかなかいいじゃないですか~
周りから見たら、恥ずかしくなるようなバカバカしい事をやったり、話したりしているのだけど、恋愛する二人とはそういうものだよね…などと遠ぉ~~~~~~~~~~~~~い(長すぎるわ!)昔を思い出してみたりした。
 
二人だけの世界観を共有する充足感もあり、「ホシミナサイ」などロマンチックな事を考えたり
「絶対に会えない場所にいるわけでもないのに会わないのは、いかなる理由だろうか」など、文学的な事を言ったり。
 
素敵
 
内容が複雑だったり、ドロドロした物語が蔓延しきっている昨今、こんなドラマなかなかないよね。
 
正座して電話してる零さんを観ていると、いい大人だけど昔の高校生の純な恋愛みたいにも見え、美しいシーンだった
 
思えば、出会ったと思ったら次はベッドシーンだったりするような展開のストーリーに慣れてたなぁ…な~んて気づかされる。(めぐりさん、あんたどんなドラマ観てきたん?…笑)それも今の時代なんだろうけど、でも、そればかりが今ってわけでもないはず。
こういう純な恋愛は新鮮に思え、心が洗われるようだわ~。(私ひどく汚れてたかも…笑)
 
何かで読んだが、「笑いをとろうとするとつまらなくなりそう。一生懸命やるだけ…」と大野くんは言っていた。
なるほど!大野くんの一生懸命は、鮫島零治の一生懸命な姿に反映され、面白さ、可愛らしさと化しているようにも思われる。
 
さて、次回は(次回って もう今日だけど)キスしようとして逃げられたか?鮫島。(笑)
あと、いい人だったり悪い人だったりする和田社長。あんぽんたんすぎる三浦。
あれこれと楽しみでなりません
 
鮫島零治の歩き方がだんだん自然と社長っぽくなってきた気がする。やっぱり憑依型俳優 大野くん。
その入り込み具合も こっそり興味深く感じる。
line

世界一難しい恋 第5話

またまたギリギリの5話感想更新であります。どうしてもっと早く書けないのかね。
 
世界一難しいはずが結構スムーズに告白、そしてOKの返事をもらった鮫ちゃん。
 
「74分、11キロも走ったんだぞ、何がスムーズなんだ!」と あのけたたましい声で怒られそうだが(笑)
 
でも、ランニングマシーンの表示と共に「実は…俺もついさっき来たとこなんだ」の言葉には本当に感動した。
「実は…」で一回ためてから話し出すところも このセリフの効果が増している。
1話の秘書の話とリンクしている事もあり、そのあたりの全体的なバランス、本当に脚本がよく出来ていて、素敵
しかし、美咲さんは断ろうと思っていたのね。
それを すんでのところで 考え直してのOKの返事だとは…女心とはわからないものです。
 
石神さんのお祝いの場で、私、社長がガブリエル連れて来たのかと一瞬思ったよ。違ったか。(当たり前です)いやぁ、だって なんでここで急に外国人採用?
まぁ、ジャックで良かったけどサ
 
自分の株を上げようとしたのに 美咲さんに全然見てもらえず、鮫島社長ももうあきらめていたかもしれず、良い返事をもらった時も動揺していて、そのシーンがまた良かった。
 
「俺と交際して頂けるという事か?」というセリフ。
 
「俺と」(ちょっと偉そ)
「交際して」(「交際」って…今どきもう言わない言葉)
「頂ける」(急に敬語)
「という事か?」(また偉そ~)
 
偉そう と丁寧が入り混じって、そして 恋に堕ちた男性と社長の立場とで混乱しちゃって茫然となりながらも必死で確認する零治さん。もうそのセリフだけで 気持ちがぎゅーっと凝縮されているようで、すごく良いシーン
なので、やっぱりこのドラマ、脚本がいいなぁと思った。
 
しかしね~、
返事を待つ間も、秘書と運転手の前では 美咲さんが普通に仕事してるだけでブーブー怒ってたくせに、美咲さんの前では「そうか、わかった」と 耐え忍んで待つ零治さん。
好きな女性の前であんな風になる男性って、きっとよくありがちなのだろうけど…
でも、この先 付き合って親しくなって、その本性があらわになった時には、やっぱり本質は待てないでブーブー怒る男なわけだから  相手の女性をがっかりさせてしまいそ~。
 
世界一難しいはずが、第5話にして 成就したかのような展開なので、まだまだこの先 波乱がありそう。もしかして、本当にガブリエルが出てきたらどうするよ、鮫島さん。
 
ドタバタのコメディーのようでもありながら、物語の筋がよく出来ていて、爽快なドラマ。
今夜も楽しみでなりません
 
うちのブルーレイレコーダーは、録画中にテレビの電源とか、リモコンの何か別のボタンを押したりしたら、時に録画を中止したりする事があるの。うちではそれを「また機嫌を損ねてしまった」と言うのだが、
毎週水曜10時からは、レコーダーの機嫌を損ねないように、当たらず触らず おとなし~~く「いい子だね~」って呼びかけながら観る事にしている。
機械に向かってだよ~。アホらし(笑)
 
line

I seek Mステ&CD

昨日 I seek/Daylight 来た~~
今回は初回盤2種のみ買った。
とりあえずDVDを一度通して観た。
 
先週のセカムズの最後にMVがチラッと流れた時もかなり不思議映像で戸惑ったが、実際観ても、あれはどういうシチュエーションのMVなのかしら。
 
なんかいい事でもあった日なのかイケメン達がこじんまり踊り出した…みたいな
かなりぎゅーぎゅーの狭いところで、いいスーツ着て飲みながら あんな小っちゃい輪になって踊る大人はなかなかいないものです。(笑)
 
最初の大野くんの雰囲気からして、完全にしんみりとかっこいい系のつもりで観てたんだけど(暗い映像のせいもありtruthの衣装かと思った)途中、フランスパン登場から「えこれ笑って観るやつですか?」と思ったりした。
でも、最後も大野くんはやっぱりかっこいい系。
…と ここまで書いて ふと気づいたが、友達と楽しげに過ごした後、一人しんみりと自分の在り方、生き方、又は恋愛の事を考えてる…まさに これがI seekって事かも。
或いは、映像の意味を探求しろって事で、観てる人おのおの I seek って事か。(完全こじつけ)さて、バゲットから何を読み取ろうか…な~んてね。
 
 
話が前後してしまったが、MステのI seek 素敵なダンスだった。輪になって踊ろう(?)も良かったけど、このダンスのMVも観たかったなぁ。
 
MVもそうだったが、私的印象として、赤と黒はメンバーカラー以上に大野くんカラーな感じもする。
嵐さんみんなちょっとギラギラな生地のジャケットで、言うたら私の大好きなホスト系な装いだが、(いや、ホストが好きなわけじゃないよ。ファッションの話です)
でも、それがもう数年前とは違って五人とも全然チャラチャラに見えず、しっくり着こなせていて、もうすっかり大人の男性なんだなぁ~と改めて思った。素敵
髪も相葉ちゃん以外はほとんど黒髪で全体的に落ち着いたイメージだし。
I seekは 初めて聴いた時、私はなぜかmiyabi-nightの曲調となんとなく感じが似てると思った。リズムかな…
で、作詞作曲を見てみたらやはり同じ人のようだ。
聴いていて、タリラリラ~♪が いつ出てくるかと思って怖かったよ(笑)  怖がる事ないと思うんだけど、嵐の歌にしょっちゅう タリラリラ~出てきたら やっぱ怖いじゃん
でも、タラタラ♪かパラパラ♪みたいなのは、あった。曲を作った人、こういうの好きなのかも。
 
大野くんのソロ部分がちょっと低め、落ち着いたパートで大人の雰囲気
しっかりとした安定感で相変わらずの魅力ある美声。このソロで曲全体をぎゅっと締めていて素敵
でもね、大野くんの声の一番際立つのはもう少し高音ではないかな と私は勝手に思う。こういう軽快な曲の中のソロは、特に やっぱり高音で かつ力強い声をガツンと聴きたかった気もする。大野くんの声が大好物なのでグイグイ欲しくなり、贅沢に注文をつけてすみません
 
さて、のん気な私は、メイキング有りで満足のDVDを観た後、「さぁ、B面聴こ~!」なんて思ってたよ。
ないじゃんっ
B面のない初回盤って、結局AもBもないやないか!
やっぱり 何かしらもう1曲ぐらい聴きたいような…なんか物足りない気がした。
 
あ、そうね、だから通常盤買え!ってわけね。ハイハ~イ(腑に落ちないくせに聞き分けの良い振りをする面倒くさがり屋…笑)
 
今回は2曲それぞれ全く違う感じの曲なので、その変化も楽しめる。Mステも2週に渡ってご出演で嬉しい。
落ち着いた曲調のDayLightも踊ってくれるとの事なので、それも楽しみ
 
line

最強でした。


いきなりですが、そもそも、ウィンクっていうのは…

 

Mステで大野くんがたった一回したウィンク。

あれをウィンクというのだ!!

 …と、ごくごく個人的な解釈だが、私は思う。

 単に片目をつぶる事じゃなく、明らかに表情を変えたり、くしゃくしゃに笑って可愛くアピールするというのでもなく、受ける人が瞬きしようものなら見逃してしまいそうな、その たった一瞬に思いを伝える。そんな秘め事のような匂いのするところにドキッとするものではないかしら。

 

って、なんでウィンクについて おばさんが語らなきゃならんのか。

 

さて、当時のブログではどう書いているものかと見返してみたら、我ながら面白い。

 ご興味ある方はこちら↓


(以前のブログなので、絵文字化が出来てなくて[るんるん]とかで読みづらくてすみません

 “いかにもなイケメンがバチバチかますウインクとは意味が違うのだよ、これは”

 とか書いてる。

 

“草食さんもたった一秒だけ肉を食べる”

 なども

 ちょっと意味不明な感じではあるが

難解かもしれない個人的表現を

今更ながらちょっと解説すると…

 ウィンクなんて興味なさそうだったり、恥ずかしくてできないとか言いそうでいながら、実は色気を秘めており、そして意識しないまま たった一瞬だけ漏れてしまう…

 まぁ、そんな事を言いたかったのだと思う。

 

以前 バラエティ番組でPerfumeからMステでのウィンクを指摘された時も大野くんは覚えてなくて驚いてたよね。当時 放送後、智友同士「ウィンクしてたよね!」「してた、してた!」って こっちがビックリしたのを覚えている。

 

よく考えてみたら、アイドル歌手が歌いながらウィンクしたからって、ファンが驚いててどーする。(笑)

で、本人が覚えてないって…

 

セカムズの「お前が好きだ…。え~っ?!」みたいな状況やないか。

 

とにかく、たった一回だからこその最強の破壊力で、めぐりさん腰が抜けた。今更観て 改めて破壊されててどうするんだ…とは思うのだが、観れば観るほど「手の中に」のリズムのタイミングといい、もうトラップと言っていいくらいで、なんだか してやられた感じだ。

しかし、矢野健太のウィンクを観た時、嵐さんも歓声と拍手で盛り上がってるところが なんだか嬉しかった。世にも珍しいものを共有して一緒に驚いてくれた気がして…。

 

 今回は やっと カメラ目線特集 やってくれたし、とってもスペシャルな回だった。

永久保存版だ~!(Mステは全部永久保存してるけど)

 アタタタ…  I seek の事、何にも書いてない。それだけ智のウィンクで、ワタクシ 手いっぱいな状態って事かも

 

新曲 歌もダンスも良かった。

書きたい事は まだまだい~っぱいあるのに なかなか書けなくて歯がゆい思いだが、

色々と次回にしまーす。

 

来週のMステも嵐さんだし、CDの発売ももうすぐだし、楽しみいっぱいで~す

でも、とりあえずMステ健太をもう一度見返す事にしよ~っと。

line

世界一難しい恋 第4話

セカムズ、とっても面白い。
本当に面白い。
 
第4話 …
始まりは、秘書の村沖さんの言葉で社長との関係性が語られていて、あれっ?と思った。“世界一難しい恋”とは、社長と秘書の間なんじゃないのか!?なんてね。
 
今回は切ないシーンもあった。和田社長に言われた通りにしようとしたけど、告白もできず、薔薇さえも渡せなかったり…。
まぁ それにしても、和田社長のアドバイスはひと昔もふた昔も前の まさにベタな恋愛戦術にも感じられ、
「ベタじゃないすか?」と つっこむ鮫島、恋愛はわからんが、それがベタだとはわかるようであった(笑)
 
「告白して嫌われるのが怖かった」「もう疲れた」と泣きながら話し、二人に感謝の気持ちを言う社長の姿には その正直さ、誠実さにグッと来てしまった
 
物語も面白いが、社長の仕事の同行をどの社員にするかを 社長自ら クジ引きの箱を持って「並べ」とか、細かいところ あれこれ おかし~~っ
ネットで観たが、ヤクルト真中監督はカラオケでいつも嵐を歌うそうで、家族も嵐ファンで、このシーンを観て「自分もドラマに出たみたい…」と喜ばれたとか。以前 VS嵐にも出ていらっしゃったものネ。
 
さて、今回は浜辺のシーンのファッションやら、昔の鮫島零治やら 色んな装いも観る事ができ、楽しかった。
 
車ごとトラックに乗せて走行シーンを撮ったとも聞いたが、想像したら面白いやら可愛いやら…。大きなトラックに乗せられた軽自動車の中でハンドルを握って運転の演技してる ちっちゃい大野くん。(そこ、「ちっちゃい」付けんでいい…笑)なんかオモチャみたい(トミカの働く車シリーズに加えてほしい。絶対買うし…笑)
よく見たら、歩道の人達、振り返ってみてるね。トラックにはカメラマンも乗ってるわけだし、面白い光景だったんだろうな~と思う。
 
あの時の「こちらの誘いに応じてくれる可能性は充分ありそうだな」ってセリフ、大野くん ちゃんと言えてる~?
あ、そうか、あれは動揺してアタフタしてる演技だからだよね。そうだよね、きっとそう。細かい計算なのよね(←おまえがアタフタしとるやないか…笑)
 
しかし、シェフを口説き落とした翌日、出勤時なんで走ったのかなぁ。
わからなすぎて、またおかしい。
美咲さんに会いたくなかったのはわかるよ。でも、だからって走りながら出勤する社長。付いて追いかける秘書って、どないやねん(笑)
面白い会社だ。
 
で、一番良かったのは、やっぱりあのシーン。知らず知らずに告白してしまったところ。
告白した後「えっっ!?」って言うヤツいる?(笑)
ここの脚本 いい!
これぞラブコメならでは。そして、大野くんが演じるキャラならではのセリフにも思われ、なかなか他のドラマの告白シーンではあり得ない。
次が観たくなる終わり方だった。
 
ああ、ますます楽しみ
今後の展開もだけど、それより この社長の行動をずっと見ていたくなる。そんな存在に思える。
 
今年のタレントパワーランキングで、大野くんは かなり上位だったようで、それがうなずける。テレビの画面に映った時に、不快感なく、なんかずっと見ていられる感じなのではないかなぁ。安心できるっていうか…
ガツガツしてない、ゆったりとした内面が にじみ出ている気がする。
 
 
恋愛はあきらめても、シェフにオファーに行くのはあきらめず、仕事だけはしっかりしていた社長。魅力がある
薔薇の花束なんかより 全然素敵
 
下手な小細工なんかより、その実力こそが魅力。隠れた努力と真っ直ぐな心も垣間見える。
そういうところが大野くんとリンクし、また惹かれてしまう。
 
line

世界一難しい恋 第3話

あ~、もうすぐ第4話が始まってしまう~!
第3話の感想、書いていなかった。
て言うか、毎週書くつもりなんだろうか、私。
で、ご無沙汰続きで、もうブログにほとんどドラマについてしか書いてないし~
ラジオの事とか 全くのスル~になってる。
 
ちょこっと書いては いなくなり、またひょっこり現れては書く…そんなワタクシをお許し下さい。ちゃんと読んで下さっていたり、コメントを下さる皆様には申し訳ない気持ちでおります。でも、嬉しい
本当にありがとうございます
 
 
さて、ドラマ第3話も面白かった。
虫、メダカに加えて「キノコ便り」を定期購読している鮫ちゃん。毎週、マニアックな趣味が垣間見れるのも楽しい。
 
バランスボールのシーンやら、お付きの二人とのシーンなど、コメディ通り越して コントみたいになってきた感じもあり、笑わせて頂いた。
 
ファン的に、ビジュアル的に静止画で観てしまったのは
「そんな簡単な事が言えなくて社長が務まると思うか! 」の時。小池栄子さんのにらみ(女豹のようであった…)に対して、智さんのつぶらな瞳、可愛すぎ。あの下まつ毛は どうなってるんですか。ビューラーを使ってセパレートにマスカラしてるわけじゃないよね。まさかね(笑)
アレグラの旗を見ても思っていたけど、私、大野くんの下まつ毛に破壊されている(季節が終わり、ドラッグストアにアレグラ人がいなくなり寂しい…笑)
 
あ、鮫島さんの話に戻ろう。
 
腹を立てたら何でもゴミ箱に投げ入れる癖ありかな?せっかくキノコの写真が載ったのにネ。
(「でかした鮫島!」と 一人で大騒ぎしてたわりに入選ではなく「佳作」っていうのがまた味がある)
 
それより今回は、お付きの二人とのシーンにハマった。「パリで密会 」で飛んできた杉本哲太の顔ったら、もう。(そろそろ役名で呼んだらんかぃ!笑)
その後の3人それぞれの表情豊かな事。
「狼になります」の顔なんてたまりません。白目までむいたのに、発想が古いと言われてたし
とにかく ここのシーン、テンポ、間がよくて、おかしくって…今週のお気に入りであります。
 
あと、宮崎駿のくだりを聞いて、私ったら不覚にも「なるほど。」と思ってしまった。
「鮫島零治が手がけたホテルを好きなら、鮫島零治が好き。確かにそれはあり得る!」とか、妙に納得してしまったよ。
単純すぎ?
でも、モノを作るコンセプトに共感し合えるって大切な事だもの。
そういう意味で、今のところ 美咲さんと零治さんの関係性としては、恋愛に発展する為に難しい要素は全然なさそうな気がするけどなぁ。
 
あ、そうそう、
社長が何度か言う「ムズイ」がちょっと気になった。そこはタイトルからして「難しい」の方が良くないのかな~。(いや、どうでもいいか。余計なお世話かも…
 
最後、和田社長の前であっさり涙を流し弱味を見せるところは 「エ~~!?泣くんかぃ?」とつっこんだが、まぁそこは、やっぱりこのドラマは怪物くん人間バージョンだなぁ…と思った。
ワンマンだけど、どこか可愛げあるキャラなのね。このドラマは真剣に観るというのではなく、娯楽的ドラマの決定版だと思う。
 
 
ああ~~、もうすぐ次が始まる。ギリギリだった
 
予告にワクワク
鮫島零治、浜辺で戯れるの巻…みたいなシーンをもってくる作り方、わかってくれてるやないか!!
彼はやっぱり海ではしゃがせてやってくれ~。(笑)
 
楽しみで仕方ありませ~ん
 
line

ジブンゴト

大変でございました~
口内炎になり、ちょっとひどい事になっていた。こんなのは初めて。
頭痛になり、リンパ腺も腫れ、唾液腺にまで影響し、食べるのが世界一難しくなった。(ふざけてる場合か!)
幸薄いのにオタフクみたいな顔になった
口腔外科やら耳鼻科やら通い、一週間ほどでやっと完治。
 
ワンコの具合があまり良くなかったので 寝不足だったのと、ダイエットで食事を減らしてたから、ビタミン不足で 免疫力が落ちたからかも
 
もう無理のきかない ヤワな身体なんだな…と実感。ビタミン剤を飲み忘れないようにしたり、
あと、サラダなど野菜も食べて…
 
あ、そうそう、  最近 豆腐をよく食べるようになった。
単に 大野くんのラジオの影響ね。(何でも感化されやすいヤツ)
以前はネギと生姜ぐらいだったが、大野くんみたいに色んなものを乗っけて食べたら、ホントに美味しいね。
リスナーからのアイデアも(オリーブオイルと塩コショーなど)とても美味。
ジャムは今のところスルーだが。 
 
体重は2週間ほどで4kg減った。でも、体調を崩したのも手伝っての減量なんて…自慢出来たもんじゃないね。
健康でなくちゃいけません
 
私は婦人科、乳腺科、歯科、耳鼻科。旦那は腕を痛めて整形外科。
病院ばっかり。いつも身体のどっか悪い、そんなお年頃でぇ~す(明るく言ってもダメ~
 
うちの4月の医療費、すごいです~
 
今日もワンコの病院。
行ってきま~す
 
 
line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line