ふと考えた事。

自転車に乗ってる時は、めぐりさんは大抵大野くんの事を考えている。

女40代、他に考えねばならない事があるのに…である。
それは前後の脈絡なく、ふと、いきなり浮かぶ。
今日はそんな ふと考えたような些細な事を書いてみると…


嵐ちゃんのVIPルームの時など、その他の番組でも大野くんの歌やダンス 演技などをゲストにほめられたりする事があるけど、
あの時の大野くんの表情

好きだなぁ[:ハート大小:]とかね。


アートについて 話を聞かれたりする時もそうだけど…
ほめられると なんだかちょっとバツが悪そう…っていうか。
「ありがとうございまーす!」みたいに軽い受け答えを彼はしない。

だいたいは、その評価に「ほぉ~」とか「へぇ~」とか驚きながら、口をとがらせてる事が多い。
まあ そりゃ~本当に驚いているんだとは思う。
人の評価より自分のやり切った感を重視する人だとも思う。

けど…



私は 昨日、自転車で走っていて、その驚いてる風な顔を自然と思い浮かべ…

これは本当に個人的な感想だけど、
勝手な意見だけど…


私には、あの表情は 少し照れ隠しにも見えて。

大野くんが最高に喜んでる顔だとなぜか思えてしまう…勝手に[:モグモグ:]

彼は、演技を見て感動してもらえる事がやっぱり何より嬉しいんじゃないかなぁ…と想像する。

[:ぴかぴか:]
ドラマに出る 主演映画に出る 売れる ソロで歌う アーティストとして認められる 受賞する…とか、
そういう世間の評価ではないところの

普通の、一般的な感想としてほめられる事については、彼は素直に受け止めるんじゃないだろうか。

男三十にもなれば、仕事において夢や目標、野心を持つのが当たり前だ。
という事に 世の中ではなっていても

大野くんはどうなんだろう。

世の中の働き盛りの男性と同じ傾向なのか…

私は 何か そこが違うような気がしてならない。
もしかしたら、私が 大野くんを見ていてホッとさせられるのは そこなのかも。

世の常である上昇志向とは全然別の場所で独りでキョトン顔してるところ。

いつだったか、しやがれで 松岡修造さんに 将来の夢を聞かれて「ないっ[:!:]」と即答したとこ。

あれは良かったなぁ…[:ぴかぴか:]

彼には本当に夢がないんじゃなく、むしろ溢れている。
はるか前や上を見ていないけど、目の前や足元をちゃんと見てる大野くんは、とても地道だ。


そんな一途で真面目な姿を見ているせいかな。ただの私の願望かもね。

私らファンの「大野くん、かっこよかったよ[:ハート大小:]素敵だったよ[:!:]」という感想を 何より喜んでくれているんじゃないかな…と勝手に思ったりする。


そんな事を考えてた。
田舎の田んぼ道にて…

[:イヒヒ:]
関連記事
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

めぐりさん、おはようございます。

私も同感です。
って一言しか言えない自分がむなしい(涙)
・・・めぐりさんのように語彙が豊富ならいろいろ語れるのでしょうが、ホンッットありきたりの言葉しか見つからなくて。

わたしも感じてることを、めぐりさんも同様に感じてるんだなって思っただけで、嬉しくなっちゃいます。

大ちゃん見てると、本当にホッとします(*^_^*)

No title

めぐりさん、はじめまして!
さくといいます。
ずっと拝見させていただいてましたが、はじめてコメント入れさせて頂いてます。
私は洋裁の仕事をしているんですが、ミシンを踏んでいる時は、ほぼ大ちゃんのことを考えています(笑)
そして、今回の若冲のお仕事のことなど考えていたら、想いが巡って。今、めぐりさんとちょうど同じようなことを思っていたのです。だから、とても共感してしまい、初コメです。よろしくお願いしますm(__)m

嵐のみんなは、感じた感情が素直に顔にでるから好きです。普通の芸能人だったらしないような、戸惑うような微妙な気持ちも、隠さず顔にでますよね。私たちはそれになれちゃっているけど(笑) ああいった人に観られたり、観られることで評価が付いてくるような世界にいて、ある意味「素」な表情でいられるって、すごいな~って尊敬してしまいます。自分だったら、カッコつけちゃいそうですもの。
その中でも、めぐりさんのおっしゃっている大ちゃんの褒められた時の、あの微妙な表情。
いいですよね。私も好きです。
お金とか数字とか世間の評価でなく、個人として発せられた声に反応してるというか。うまく言えませんが。
めぐりさんの言う、人の評価より自分のやり切った感を重視する人だからこその反応という気がします。
わからないことは、きっぱり「わからない」といい。いつでも自分の立っている場所を知っていて、
そこから真っすぐ、まっさらな自分で関わることに向き合っている。自分から見えてる世界や自分の感覚を信じている、というか。
それが、世間一般があたりまえに想っている世界とまったく違うところにある
ということを、本人は知らないかもしれないけど(笑)
なんか、うまくまとまりませんが、そんな大ちゃんが、やっぱり大好きだな~、
と結論はいつも同じところに落ち着きます。
これからもめぐりさんのブログ楽しみにしてます! 失礼しました!

No title

お久しぶりです。
めぐりさん。

最初、お邪魔するようになってから、 3年になりますね…

大ちゃんへの、柔らかいめぐりさんの思いと、春らしい陽射しが重なって~
ほっこりしてるお昼です。

最近、自分を取り巻く環境が、少しずつ変化して、 大野智くんへの熱い思いを封印しなきゃいけなくなるかもしれず、
かなりへこんでるチャロです(涙)
CMだって観たい。
怪物くん3Dだって観たいな…
けど叶わないかも知れない…

めぐりさん、私の分まで、智くんを、支えて、 愛してください。
一度もお会いしたこともないのに、ごめんなさい。

国立、ラッキーにも3年連続参戦出来たことは私にとって宝物です。2008、2010は、DVDの中に私が居ます…
今年はめぐりさんの番ですよ。嵐コンに 私の魂を連れてってやってくだちい! お願いしてもいいかな… (;^_^A
てか、嫌でも、着いて行くわ(笑)風に乗って~←無料(笑)


No title

めぐりさん こんにちは♪
恥ずかしながら連日お邪魔してしまいました(->_<-)

大野君が褒められた時のあの表情&リアクション、私も照れ隠しかなぁ~?って思いながら観てます。
そしてそんな大野君、私も好き(〃д〃)

大野君、10周年あたりからのインタビューで、よく‘自信がついてきた’っていうことを口にしていますよね。

それこそ今回のこともNHKの評価がどうであれ、きっと大野君は‘えッ!俺が…?俺でいいの?’って、思ったくらいで、そんな世間の評価に一喜一憂したりはしないだろうなぁと思います(むしろ私のようなファンの方が右往左往しちゃったりして(笑))

でもきっと、彼の中ではそんな一つひとつの出来事が、 自分自身への答えとなり、少しずつ‘自信’となり、素敵に成長してきているんだろうなぁと思ったりします。

常にきちんと、自分自身と向き合い、自分が納得するか、満足するか…それが彼の基準なのかなぁと。

まわりに踊らされることのない大野君。
凄いなぁ~

No title

めぐりさん、こんにちは。
自転車乗ってると風を感じながら自分の世界に浸れますよね。大野君のことを常に考えているめぐりさんさすがですわ。私は無になってるかな?!
ウチの夫の「大野君はすごい度」は急上昇で、私が知り得る大野君情報をあれこれ話したこともあり、「大野君は今ものすごい人気だけど、いろんな思いをしてきたんだと思うと怪物くん観て泣けてくるわ」と娘たちと怪物くん観ながら言ってました。
『嵐にしやがれ』の足湯シーンでは、大野君のふくらはぎの筋肉をべた褒め。格闘技好きで自らも格闘技する人で、筋肉に詳しく、「努力もあるけど、天性のものもある。あのダンスが出来るのも分かるよなぁ」と話してました。
夫のような一般人の褒め言葉にも、大野君ならテレビと同じ反応をしてくれそうですよね。

No title

こんにちは。ポワントさんに引き続きまして、私も連日お邪魔いたします。

めぐりさん、大野さんへの思いたっぷり満ちていらっしゃるんだと感じました。
やっぱり、私にはない部分だなぁと思います。自転車に乗っていると、風景に放心したり宇宙を想像したり、そういうことが多いですもの…
(でも大丈夫、こぐのが遅いので、穴にはまることはあるけど安全運転です^^)

めぐりさんやみなさんのお話を拝見していると、大野さんへの強い思いそのものだけじゃなくて、それをこういうふうに言葉で表現できるんだ~!と、はっとします。大野さんという生身の人が、平面の言葉に変換されてる…なんともすごい光景に見えます。

大野さんについては、「惹かれる」「安心する」の言葉しかない私ですが、以前はその一言さえなかったことを考えると、ちょっと成長したかなぁ?と思います。
どうして言葉ってこんなに難しいんでしょうね。それでも、言葉とは一生お付き合いの仲ですものね!仲良くやっていきたいです。

No title

めぐりさん♪
自転車の調子良さそうですね彡♪

めぐりさんの大野さんへの想い☆
心地よい満腹感を感じています(*^^*)

大野さんの魅力は、歌ダンスはもちろんだけど、あの人となりが一番なのかなあ、と感じています☆
揺るがない、自分を過大評価も過小評価もしない。在るものを素直に受け止める☆
語りだしたらきりがないですね(^^ゞ

ますますサトシック重症化しております、ハイ(@_@)

No title

こんあいば♪めぐりさん♪
将来の夢『ない!』即答の彼。
ワタクシもそんな大野クンが大好きです。
夢なんて沢山ありすぎて一つに絞れないですよねぇ♪それとも、現実主義なのかな?って。

世の中の30代
やはり大野クン違いますよね。
野心がないわけではなくても人と競い合うのを好まないタイプって。
むしろ、お先にどうぞと譲りそうです。
ワタクシ自身かなりの負けず嫌いなので競い合うの大好きですが、やはり敗北した時のダメージは…(-_-;)
だから、大野クンみたいにゆったりとした人に癒されます。
彼独特の雰囲気はなかなか貴重です。
我が会社に勤務していただきたいです(笑)
たぶん、気になって仕事どころではないかも(笑)

自身の印象や選ばれたこと対して
『ふぅ~ん』や『ほぉ~』と発する大野クン
下手に言葉にするより一番いい表現だと思います。
なんか、純粋に出てきてる感が大野クンらしいです。
そんな、表現をしてる彼が一番好きです。
TV的にはNGですかね(^_^;)
ふと考えて自転車乗るめぐりさん♪
素敵です♪
ワタクシも常に大野クンのこと考えながらお仕事
他に沢山沢山考えなきゃいけないことあるのに…。

No title


saccoさん♪

いえいえ 私も語彙力ないです…
同じ表現ばっかりです。
最近は、物や人の名前も出てこなくて怖いです。(年を感じて…)涙

大野くん かっこいい!素敵!「癒やし~~!!」(IKKOさん風)って繰り返すばかりの毎日です♪
(≧∇≦;)

No title


さくさん♪

初めまして。いつもお読み下さってありがとうございます。

大野くんは「俺は馬鹿だから」なんて自分でサラッという事があったり…
また、大きな舞台、立場に置かれても平静でいられるところとか…
そういうのを見るたび、まっさらな姿を感じます。誰がどう思おうとこれが僕です…って 真っ直ぐに立ってる感じがして、素敵な人だと思います。
本当に 世間一般と違う精神世界にいる事を自覚してないかも…(笑)
私もそう思います。
そういうところも魅力的ですね。


No title


チャロさん♪

三年になるんですね(^-^)
今年はこれまでとは違い、チャロさんに何かあるのですね。
色々な事情はあるとは思いますが、応援の仕方もまた色々だと思います。
コンサートに行きたくても行けない事情があるのはつらい状況かもしれませんが…

チャロさんがまた楽しく参戦なさる事ができますよう祈っています。
大野くんは逃げませんよ♪ それまで待っていてくれると思います。

事情も知らず、的はずれな事を言ってたらごめんなさいです…


No title


ポワントさん♪

恥ずかしながらなんて…いつもコメント下さって嬉しい限りです。
私が書きたかった事をポワントさんが書いて下さっていてうなずきながら読ませて頂きました。
大野くんはほめられて喜びながらも、決して踊らされる事なく、かえって慎重 堅実になってしまう人なんじゃないかな…と想像しています。
見習いたいです。
o(^-^)o


No title


ののさん♪

さすがといわれるとは…(笑)
でも、四六時中、勝手に考えてしまうこの頭は 自分でも驚異です。

旦那様のお言葉、自分がほめられたように嬉しいです。(←誰もあんたをほめてない)(笑)
大人の世界は ほめられて怖い事もあるでしょうから、大野くんもそんな素直な感想でほめられるのが一番素直に喜んでくれそうな気がします。

あのふくらはぎは マジですごいと私も いつも感心しながら見ています
(*^o^*)

No title


おおのさんありがとうさん♪

私は、大野くんの事を心溢れるほど考える…という熱のこもった感じは 案外なく、わからない つかみどころのない不思議なものの事を常にフワフワと、思いを巡らせている感じです。
言葉って難しいですね。生身の人間を言葉で語るなんて想像でしかないですものね。実際話した事もない人について、よくもこれだけ語れるものだと、自分でもびっくりします。


No title


みいこさん♪

常に大野さんの事を考えていますが、特に週明けは番組がない分 頭ばかり働きます(笑)

実際は古い自転車をギコギコこぎながら 思いを巡らせている おかしなおばさんです。
私も あの人となりに惹かれています。考えても考えても…まだ考えてしまうサトシック重病人です。
(^_^;)

No title


さーちゃん♪

大野くんは 好きな事を続けたり、目の前の仕事を着実に完璧にこなす事で 自然と明るい将来を築いていってるように見えます。
ゆったりとしている大野くんですが、ジュニアの頃、後輩がセンターで歌い、そのバックで踊ってる時 不満に感じたと話していた事がありますね。彼もとても負けず嫌いなのだと思います。
でも さーちゃんがおっしゃるように彼は人と競い合う事が嫌だったのかもしれませんね。
いつも自分と闘っているようなストイックさを感じます。


line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line