Hung up on …激リピ…

それは、翔さんの超エコーのかかったささやきから始まる…

「よっしゃ、しゃしょっしゃ~ん…(智さ~ん)」

翔さんが智さんに
よっしゃ、頑張って歌えと言ってるイメージであるが、わかっとります、100パー 間違った解釈。「蛯名鯛」やら「しゃとっしゃん」やら…めぐりさんの耳 どうなっとるんでしょ(笑)

それにしても、翔さんの参加の仕方、あまりに地味。裏方に徹して大野くんを盛り上げてくれているのね…。
アザース!m(_ _)m


初めのさらっとした歌い出しから終盤の急速ジェットコースターのような盛り上がりに持って行ってくれる、その流れが爽快な曲。

Hung up on…が繰り返されるメロディーラインや、その歌詞よりも そこに飾られてる「Oh! Hey, super soul」の所が私は好き[:るんるん:]

ダンスフルな洋楽っぽいアレンジに、大野くんがその感覚にぴったりの声を出している。

特に
「Give me a check」の「check」

「Tell me a truth」の「truth」

後半の「Oh! Hey, super soul」「Give me a check」
超好き[:ハート大小:]

並ならぬ感覚…
上手く言えないが、この感覚的なものが好きなの[:るんるん:]

ここは大野くんにしか歌えないよね…と思う。

フフフ…[:イヒヒ:]ハイハイ またまた始まりましたね…私。

[:イヒヒ:]
超大野智ファン的目線な感想やね。

でもいいやん[:汗:] 言わせて、書かせて[:!:]
街ゆく人捕まえて「ハンガッポン最高~[:ハート大小:]」
(≧∇≦)/
とか叫んでるわけじゃないし(本当は叫びたいけど)ここ限定だし[:イヒヒ:]

とにかく、大野くんじゃなきゃ歌えない[:!!:]この曲は[:ラブ:]


私は、歌詞を深く理解すべく何度も聞き込む…という事もしてない。
そういうところも洋楽の良さにハマる時と同じだ。感覚的に堕ちている。

一つ難を言えば、個人的な好みとしては歌詞にここまで英語を入れるなら、ちょこちょこ入ってる日本語歌詞が、かえって中途半端に思える。アイドルの枠を超える大野くんのクオリティーを再度アイドル枠に無理に収めましたな…という気もする。
完全英語の歌詞を歌える人だし、聴きたい。そうならめぐりさんは泣いて喜ぶが…ね
ま、そこは、めぐり泣かしても何も出ないし、これで良かったのかもしれない(笑)

それに、今以上にさらに アラオケで歌えんし[:汗:]


何度もリピして十分に堪能していながらも、
この曲はまだ半分しか味わっていないのかもしれない…などと私はふと思う。
今までの曲以上にダンスをふまえて作られているように思えて…。

この曲が大野くんの感覚に通され、ダンスとなってまた噴き出される…

歌と そのダンスの妙で完全な形になるのかも…と思ったりする。

「よっしゃ、しゃとっしゃん」と期待してやまないめぐりさんなのでありました。

[:イヒヒ:]
関連記事
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

私もです!めぐりさん

朝に夕に“Hung up on♪”です(〃д〃)

この曲を聞いた時に、“これは大野に!”と思ったというスタッフの方、さすがですよねぇ。

カラオケでも英語の歌詞を雰囲気で唄うのが好きという大野君…(雑誌で話してましたよね)

この曲も大野君の声とか歌い方とか、ホント 雰囲気があります(*^^*)

これに踊りがついたら…想像しただけでドキドキ

更にリピが止まらなくなりますね

No title


ポワントさん♪

本当に大野くんにぴったりの曲をありがとう…って思います。
わかってるスタッフさんですね~。(←って、えらそうに…。私なんかよりスタッフさんの方が大野くんの歌の事、わかってるのにね…笑)

何度聴いても 踊ってる大野くんを想像してボ~ッとしてしまいます。
一曲であれこれ楽しみをくれる大野くん、ステキ~♪
(^∀^)

No title

めぐりさん、こんにちは。


めぐりさんのおっしゃる「感覚的なもの」♪なんとなくわかる気がします。

というのはわたしは、そういえば…大野さん、何て歌ってるんだろ?
と、あとになって歌詞を見て、びっくりぎょうてんしたのです。

えっ!こんなこと言ってたの…この部分、この音、日本語だったの。って。
(なんと、わたしが聞きとれていたのは♪どうしたって♪だけでした)

一体いままで何をきいていたのか…と反省。たぶん、音をきいていたのかなあ?
大野さんの歌の、声の音に、耳がひかれていたような気がします。


(たんに耳がわるいだけですか^^;)

No title


ユーさん♪

歌詞を読んで 初めてわかる事ってありますよね。洋楽などは歌詞を見てもあまりよくわかりませんが、曲調や声、発音の仕方が、文の意味よりも心に語りかけてきたりします。
この歌も 大野くんの歌い方やメロディーによって、 翻弄され、追い詰められている感情が伝わってきます。
ダンスや絵もそうですが、言葉ではないもので何かを伝える事にたけている人だなぁと感心させられます。


line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line