ラジオ☆秋晴れ「 涼しい感じかね」

今日の一言は、「 秋晴れ」。
これについて、大野くんは説明文を読み上げたあと、さらさら~っと話してた。
「 涼しい感じかね。これから魚も釣れ始めますからね。サバとかイナダとか…もう釣れてますけど。まぁ そういう 変わってくシーズンですよねぇ。10月ですよ。」
スムーズにしゃべっていた。
ここのところ十年前の声を聴いているせいか、秋を語るこの声がとっても落ち着いていて、話すリズムとか 声のトーンが整っていて、声を張ってるわけじゃないのに聴きやすい感じで…。

今日流れた十年前の声も、声を張ってる感じなんだけど、なんだかちょろちょろ落ち着きのない兄ちゃんで(笑)
ブレない、変わらない大野くんが、十年でこんなに変わっているという事実が面白い。
ニュアンスの違い程度のものだけど、比較してみると、違うな~って思う。
例えば、この十年前の声で紅白歌合戦の司会は、違和感があるだろうとか思った。いや、出来なかったんじゃないだろうか。
間違えて、「ね。」ってごまかしてたかもしれないけど(笑)


私の記憶では(ファンになる前、なんとなく覚えてるイメージです)大野くんは何をしゃべり出すかわからないような、ちょっと変わった人だった。こんなふわふわとあやふやな話し方の人がリーダーなんだ…と不思議に思った記憶がある。
でも、別に私には何の関係もない人達だと思っていたので、大野くんのその話し方を聴いて(失礼ながらm(_ _)m )面白がって観ていた。
だけど、今から考えると 実はこの期間は重要だった。その時は勿論気づかなかった事だけど。


😁

人は、人を認識しようとする時、いつも好印象から始まるとは限らないのね~。むしろ、私みたいに常々‘面白い事’が好きな人間は、悪い印象だったりする方が‘興味’として頭に残りやすいのかもしれない。

今から考えてみれば、やっぱり この期間はもうすでに序章だったという事になる。

ふわふわと落ち着きのない兄ちゃんの本質が 全く逆で とてもしっかり地に足をつけて歩んでいる人だと知る…そのきっかけは

歌を聴いてから。
そして、その後にダンスも観て。


それらを聴いて、観て、なぜ印象が変わったかは説明するとくどいし、話が止まらないので今日はやめとくが…。(笑)

とにかく 言葉でも文でもなく、それらによって認識した。

そういう経緯があり、私はこうなっている💦

落ち着きのない、実体のつかめないような頼りなげな話し方は、今から思えば、若さゆえの不器用さにも見え…

そう思うと、期間限定の貴重な…
それは、やっぱり
宝物だ✨

あんな頼りなげなリーダーに 嵐さん達は「 もうちょっとしっかりしろよ」と思わなかったのは…
きっと早くから彼らは大野くんの本質をわかっていたからなんだろうなぁ。




さて、それはそうと…
今日の大野くんの話し方を聞きなおすと、「 涼しい感じかね。」って、どうなんだろう。
「 かね」って…(笑)
なんか、おかしくない?オッサン入ってるって言うか…東京の話し方だとこんな感じで普通なんだろうか。
ごく普通にさらりと話してたし、多分ツッコミどころでも何でもないんだと思うけど
ワタクシ的には、大野くんどうした?って思えたんだけど。(笑)

ちょっとへんなところでツボった感じかね?😁(こういう使い方?やっぱり要領得ないわ。笑)



あと、BGMのWelcome to our party 
これがかかると、この歌に気を取られて話が聴きづらくなるんですけど~。
一回聴いた時からグングン入ってくる曲だなぁって思ってたけど、まだ数えるほどしか聴いてないわりに聴くたびに印象が強くなり、なんだかハマりそうな予感です🎵


😊🎶
関連記事
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

めぐりさん☆こんばんわ

連日お邪魔している感じ…かね…(笑)

めぐりさんが意識された「…かね」~やわらかい物言いとして使いがちです~私も。少し同意を求めてる感じも含みますね。

智くんの場合、自分の頭で思い描いている状況をかなり端折ってお話になるのが特徴だなぁと常々感じます。

秋晴れ…(夏が過ぎ、晴れてるけど湿度も下がって心地いい日…)「涼しい感じかね。」
なんだと思います。智くんの頭の中では。

よくこういった結びの言葉だけが発せられて途中が省略されていますよね。

私、結構無意識に…この空間を自分の脳内で埋めて、再生するのを楽しんでたりします。
~て言うことだよね、智くん!…て結構やってます。(笑)

でも、凄いと思うのは瞬間的に終いの言葉が出てくるところ。省略してるかに思える間が短いんです。つまり感覚的な意識の捉え方、処理がとても早い気がするんです。

まとめた答えみたいな一言をポッと言うんです。感性と感覚が研ぎ澄まされた人ゆえ?と思えるのは、やはり沢山の才能が詰まった人だと知っているからに他なりませんが。(賞賛)

鍵部屋の制作発表の席で司会者に質問を受けてその返答がおかしい?みたいに突っ込まれて、翌日のWSでも話題になって…

覚えています。その時めぐりさん、「大野くんは間違ったことは言っていません」てキッパリ載せてくださってました。嬉しかったですよ。

あの時も智くん、端折ってたんです。でも話の前提があっての事、その繋がりで見てる側は十分に脳内補足もでき、何にも問題ありませんでした。

鍵部屋DVDが届き制作発表の全容を見た時に、全くおかしくないと確認できましたしね。

感覚的な言葉をぽつりぽつりと投げてくれる智くんの心や頭の中を探るのも面白い♪


No title

らんらんさん♪

>何にも問題ありませんでした。
ここを読み、声をあげて笑ってしまいました。そう、世間がどんなに首をかしげようと、私達には何にも問題ありませんよね~!
らんらんさんのおっしゃる事、よくわかります。大野くんは、端折りすぎてか、世間一般にはわかりにくいですが、私達はもう訓練されてますから(笑)理解できますね。

私も大野くんの〆の言葉には毎度感心させられます。引き出しから道具を出す早わざ、すごいと思います。


line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line