未来を生きる君たちへ

書くのが遅くなってしまったが、先日のNHK「未来を生きる君たちへ」がとても良かった。

日野原重明さんは、物を持った幸福ではなく、心の中の幸福感が大事だと…
101歳の方のお話を聴けるなんてありがたい。
「夢が必要。ビジョンを持ってgo!go!」とおっしゃっていた。
101歳がgo!go!って言うんだから、その半分にも満たない私が立ち止まっているわけにはいかないと思った。
あんなにおじいちゃんなのに、行動に起こしていると思うと、目からウロコだわ~。
自分が恥ずかしいわ~。
未来を生きる君たちって、自分は含まれてないと思ってたけど、なんだかそこに入れてもらってもいいよね、と思えた。

よっしゃ~!!
私も 大野くんに向かって
\(^o^) go goやで!!
(え?そんなこと?笑)



坂東玉三郎さんは、直接会わないで済む世の中、会う事の大切さを話していらした。
会えるものの中で、夢を見てもらいたいという事もおっしゃっていて、ものすごく共感した。

会うっていうのは、とってもリアルな行為で大切。でも、やっぱり人と人は、精神的に繋がりたいな…と願う。

サトシックで、夢と現実が混ざりあってばかりの立ち位置だが、これはこれでやはり活力的なのだ。(なんでも大野くんに結びつける癖あり。笑)

現実あり…夢あり…両方必要だな…と思う。

だから、私達サトシックは、これでいいんだよ!(容易な納得)笑

どんなふうに解釈してもいいよね。多分 玉三郎さんはそんな話はしてないだろうけど。
(^▽^;)



山田洋次さんは、悩んだり壁に当たったりする時、人は成長するとおっしゃっていた。
若者の特権だと。

私も、日々面白おかしく話しているが、毎日のように会っていた母親があっという間に他界してからというもの、もうまるでやる気が失せている。
病院でも葬儀場でも全く涙も出なかったせいか、今も全然立ち直れないでいる。
年齢のせいとは別に、なんかしおれていってるのを感じている。

でもね…
私は 若者ではないが、それでも 立ち止まっている事も 少しでも成長してるのかも…と考えると、少し気が楽になった。
そして、若者でなくても 悩んだり、変わろうとしたり、何歳からでも新しく踏み出す事もできるよね…と思う。



宇宙飛行士の星出彰彦さんの話もまた元気をくれた。生きていれば、色んな悩みや悲しみがあるが、よく考えてみれば、万人皆、この地球という星に生まれてきて、死ぬだけの事。大きくみれば、全員地球がふるさとという見方は、真理をついているようにも感じる。
細かい事でウジウジしたり、ケンカしたりなんて、バカバカしいね…と思わされる。
同じ生きるなら、イライラせずに大野くんみたいに おおらか~に生きたいなぁ。(また大野くん…笑)



さて、草間彌生さんには 昔からいつも何かとびっくりさせられている。現在の発言も 歩んできた過程も ぶっ飛んでいる。
年を重ねるごとに風貌さえも宇宙人に近づいているようにも感じる。(笑)
だけど、意外だったなぁ。
大野くんの歌やダンスの映像をご覧になったとは…。
さて、何を観たのかなぁ。

でも、作品は観てない様子かな?

あの映像で一番のシーンは、なんと言っても、
「あなたも描きたい?」って言う発言。
草間さんは、きっと大野くんが描く事に興味がある事を雰囲気で感じたんだろうなと思った。

ちょっと遊びにきた孫に言う感じ?
年齢的にもそれくらいだものね。
普通の田舎のおばあちゃんなら「お腹すいてない?」って饅頭か何か出してくるところだが、草間さんだから、こうなった。みたいな…(笑)
そう言われた時の大野くんの表情が、今まで見た事ないくらい 素だった。
一瞬にして子供に見えた。

やっぱり草間彌生さんはぶっ飛んでる。
不意打ちとはこういう事だわね。

大野くんのこんな表情を引き出す事ができるのは、草間さんの他にはいないかもしれない。


ああ…
どの方のお話も心に残る素敵なものだった。

特に 草間彌生×大野智は、流れる時間が良かった。他の人がインタビューという感じだったのに対して、ここには会話という雰囲気があった。
大野くんが饒舌でない事、柔らかな親しみがある事が幸いしていたように感じた。

また見返したいと思う。

o(^▽^)o
関連記事
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして~!!!福岡在住のサトシック、かねごんママと申します^m^

智くんが大好きすぎて最近壊れかけていますが(笑)

智くんへの愛があふれたブログとっても大好きです!!これからも楽しみにしています!!

突然失礼いたしました(^^ゞ

No title

私も未来を生きる君たちへをリピして観ています。若者になのかなーって思ったけれど、それぞれのメッセージは、私にもすごく伝わってきました。
私もまだまだやりたいと思ったことはやろう!
会いたい人にちゃんと会おう!
悩むことこそ、特権!
とことんやりたいことをやろう!
一回で諦めない!

そして今日は会いたい昔の同僚に会って来ました!嵐のお陰で会わなくちゃって約束したんです。
結果、会って本当に楽しかった!
嵐があって、わたしがいる。
めぐりさんと同じく、なんでも嵐&大野くんと結び付けてしまう病です(笑)

No title

かねごんママさん♪

初めまして。お読み頂きありがとうございます。
私も年中壊れているため、ブログで吐き出しております。どうぞよろしくお願いします。
o(^▽^)o

No title

さゆさん♪

若者に向けてのメッセージかもしれませんが、日野原重明さんがおっしゃるのですから、年齢なんて関係ないと元気をいただけましたよね。今後色んな事をやってみたいと思いました。
嵐さんのおかげで、素敵な話に出会えて良かったです。

No title

めぐりさんのお母さまに対する気持ち…
「あぁ そうだな…」と思いました。

私の場合母は大分でしたので大阪に戻れば日々の生活は変わらないのに、毎日空っぽだなと思って過ごしてた記憶があります。
父にいろんなことを丸投げされたせいか涙脆い私があまり泣くことなく葬儀を済ませました。帰阪して何日か経ち一人っきりになると涙が出て仕方ありませんでした。
(毎日ではないが約3年くらい)
でも涙が流れるとストレス解消効果があると云いますから結果楽になっていったのかもしれませんね。

さすがに4月で丸7年になるので実際にしおれてるのは自分の見かけだけになってしまいましたが(笑)

ブログの様子からめぐりさんは今めいっぱいお仕事されてるんだなと思うと頭が下がります。私なら何もできずに大好きな大野くんだけで手一杯になってると思います。
訳の分からないことを長々と失礼しました。

早くこの録画を見たいと思います。
どうかご自愛下さいね。







tいつも素敵なコメントが一杯で読み逃げしてますが、つい一言言いたくなってしまいました。

No title

かめさん♪

ありがとうございます。面識もないのに、私などの為にお話して下さって嬉しいです。
私の場合 母の死を考えると、泣くというエネルギーもなくて、身体じゅうの力が入らなくてちょっと気分が悪くなったりするので、もう考えたくない感じです。
今から考えると、葬式後 間もなく仕事をしたのも良かったんだか悪かったんだか…わからないです。年末年始を過ぎたので、今は極端に仕事を減らしてもらう事にしました。
でも、生まれてからずっと存在していた人が居なくなるというのは、簡単な事ではないですよね。
きっと仕方ない事なんだと思います。
line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line