ラジオ☆家族旅行のお話。コウモリ撃ち

今日の一言は、目の薬。

大野くんは、家族旅行で綺麗な海を見たり、お魚を見たり…が目の薬だったそう。
現地ではフルーツだけを食べるコウモリを獲って料理するらしく、
ガス銃でコウモリ撃ちをするという話を聞き、枝に缶をつけて的にして狙って遊んだらしい。
智くんと父ちゃんは当たらなかったが、バズーカみたいに構えた母ちゃんは見事命中。「私、いけるかも」と喜んだとの事。
母ちゃん口調を真似る感じの大野くん。たぶん似てるんだろうね。
またまた大野家のほのぼのとした様子がうかがえる話だった。
あ、そうそう…南国での朝食は、納豆ごはんばかり食べてたんだって。(笑)

「おさかな」や「フルーツ」という可愛らしくて上品な言葉遣いが サラッと出るところがなんか いいなぁと思いながら聴いた。

大野家はほのぼのだが、フルーツバットというやつを検索したら、キョトンとした可愛いお顔をしたコウモリで、おまけにスープになった写真もあった。(姿煮っぽくて、ものによっては歯をむき出していたりして、ちょっとグロテスク)(>_<)ゲッ

これを撃ち落とす遊びって…
哺乳類だしなぁ…ちょっと…
日本での感覚ではほのぼのとは程遠い、いかにも異国ならではですな。
大野家、缶を狙って遊んでて良かった。そして、コウモリも食べなかったらしいし、それも正解だったかもと思った。

しかし、智友様には とりあえず早速 サトシック参考資料として、写メをお送りしたりした。
きっと要らなかっただろうな。(笑)或いは迷惑だったろうな。

智友様からのメールで、美輪明宏さんの名言集というのが届いた。
実は私も夕べこれを調べていた。
これを調べるに至った経緯は言うまでもない。
美輪さんが感じる「面白い」とは何ぞや。それを突き止めたい気持ちからである。

しかし、それは置いといても、この言葉は興味深い。

色々あったが、まずはこれ。

「つかみどころのない自分を楽しめる人、茫漠とした男性は面白い。面倒くさがりでも移り気でも、同じ波長の女性にとっては 楽しくて素敵な人。」

この「茫漠」という言葉は私は馴染みがなく、調べてみた。(智を知る為にはどんだけでも調べるで。笑)

とりとめのないさま。はっきりとしないさま。

という意味だそうで、「?」と思ったが、その下にこう添えてあった。

類語: ぼんやり

はい、ここで大野くんと繋がった。(コラーーッ!!いいのか、そんなワードで繋げて。笑)

うんうん…
わかる。

つかみどころがない。はっきりとした実体がない。=面白い。

これは昨日 ブログで話した、興味深いという要素ではないだろうか…と想像した。

そして、2、3日前に書いた「謎があった方が良い」という事にも通ずるように思った。

もう一つ、

「色気とは、仕草や形ではなく、精神的に相手を包んであげる上品な優しさの事」
という言葉。

これも先日の「心の奥底から本当に温かい人だと思う事が先で、その次に色気がある。」という話と また関連付けて、いちいちうなずいた。

やっぱり セクシーってのは、いやらしいものじゃなくて、なんかすごく崇高なものだという事を改めて思った。

この年になって、そんな事は とんと考えずにいたが(笑)大野くんを見てると、考えてしまった。

というわけで、明確ではないにしろ、美輪さんが大野くんを「面白い」と言った意味のヒントが見え隠れしているように感じた。

読んでいると、こんな事も書いてあった。

「運が良くなりたければ、微笑んでいれば良い。人に優しくすれば良い。思いやりと優しさで、運は開ける。」

これは、相葉ちゃんが、「楽しいから笑うんじゃなくて、笑っていれば楽しくなる。」を思い出した。

「自分に満足した人は天狗になる。自分に満足できないから向上心が生まれる。」
これは、「歌は一生納得いかない」と言ってた大野くんを思い浮かべた。

他にもよい言葉があり、色々と考えさせられた。

大野くんラジオを聴いて、美輪明宏名言集から、コウモリの姿煮まで調べてるなんてネ。(笑)

ちょっと物知りになりました~。
関連記事
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは~

智くんは一体いくつの顔を持っているんだろうと
常に感じるし、たしかに努力してのダンスや歌のうまさだと思うけど、持って生まれた才能がほんと素晴らしいだと思う。
潤くんのような見た目の色気もあるけど、智くんは体の中からにじみ出た色気に思う。それを自然にだすからたまんない。
みんながこの色気にやられてること本人はわかってるかなと思いますね。
見た目だけの人はすぐに飽きるけど、心からの優しさや思いやりや色気など魅力をもつ人はほんといつまでも飽きないですもんね。智くんはほんとずっ~とみていられるし、見ていたいです。
美輪さんもずっと見ていたいタイプだったんでしょうね。それだけ素晴らしい魅力をもった人で、ほんと尊敬します。
これからも智オーラに包まれて幸せな気持ちになっていたいです。

No title

めぐりさん、おはようございます!

大野家って本当素敵で、家族の話をする智くんがとっても嬉しそうなのが、またいいですよね~♪

智くんのご両親に、どうしたら智くんみたいな子が育つのが聞いてみたいです(笑)

私もめぐりさんのブログを読んで、物知りになりましたよ~d(*⌒▽⌒*)b

No title

めぐりさん、おはようございまーす!

色気のはなし、うなずきました。そうそう、そうなんだ~。
包み込むような優しさ。
何を意識するわけでもなく自然に出てくるからこその色気。
なんども、なんなんだ?と思いながら、重症化するのはそれですよね~。

No title

みっちんさん♪

やっぱり持って生まれたものを感じますね。育ちも関係あるのか知れませんが、もともと持ってると思われる気品とか 感じます。
ツンとすましてるわけじゃないのに、そういうものって なんとなく伝わります。
それがオーラっていうものなのかも。心地よくて癒されます。

No title

kazueさん♪

大野家、素敵なご家族ですよね~。育て方もあるんでしょうが…私は息子が二人いて、生まれた時から全く違う性格で、同じように接してきたつもりですが、大人になった今も違うので、
持って生まれた性格というのを感じたりもします。子育ても不思議で、わからないものです。

No title

ころさん♪

そうですよね。セクシーだとか色気だとか言うものの、ただ異性として惹かれるというだけではないですよね。
何かあるけど、何に惹かれてるのかは明らかでない…そんなモヤモヤがありますが、やっぱり包容力のある優しいところが、そういうものにつながってるのかなと思います。
line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line