ラジオ☆僕 基本 一発OKですから。

おっとっと…昨日のラジオの事を書いてなかった。鍵のかかった部屋の第3話の将棋の話について。

覚えたセリフを間違いなく言い、将棋をさし、正座で足がしびれ、夜中の撮影で、大変だったが、良い緊張感だった…と振り返っていた。

面白かったのは…

大野くんはドラマの収録は基本一発OKで、その回の長セリフの撮影もミスした覚えはないと話していたのだが、
ここでF横スタッフさんがこっそりツッコミを入れたようだった。
「大野くんが覚えてないだけじゃないのか?」って。

大野くんは慌てて
「自分で覚えてないわけじゃないよ!はっきり覚えてるよ!」
と、ちょっとムキになっていたようだった

「おいら、ずっと莫大なセリフしゃべってんだよ。一回で撮るって言われて「マジかよ!」と思って。一発OKだったの!周りの人もね、ビックリしてた…一番驚いたのは自分。あれは気持ち良かったね~、うん!」

なんか、僕 頑張ったんだからね…って、一生懸命言ってるみたいで、大野くんにしては珍しいなぁと思った。
このドラマに打ち込んでいた事や、
頑なにも、一発OKにするぞ…という意気込みがあったんだなぁと感じられた。

F横スタッフさんのツッコミは、グッジョブ

今日の一言は
「私は才能は一瞬のひらめきだと思っていた。しかし今は10年20年30年を同じ姿勢で同じ情熱を傾けられる事が才能だと思っている」
棋士 羽生善治さんの言葉だった。

この言葉について、大野くんは直接触れてはいなかったけど、私はいい言葉だなぁと思って聴いていた。
そもそも才能って…
存在するのかどうか知らないし、
突き詰めたら難しそうでわからないけど、とにかく…

一瞬のひらめきも素敵だけど、長年 同じ情熱で続ける事が才能だとは…理解できる。

天才棋士と言われる羽生善治さんが言ったとなると、また深く感じられる。

さて、才能やら天才やら…と言う言葉で 今、思いつくのは草間彌生さん。
昨日はチャリT制作についての映像やら、スッキリでやってた。特に新しい映像はなかったが、この間のZipを見逃してたので、ちょうど観れて良かった。

それについて、また次回書きま~す。
ではまた。
関連記事
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line