TVガイドPERSON

今回の雑誌の智祭りで一番良かったなぁ…

まず、明暗のコントラストの綺麗な表紙を見た瞬間、「ぉお~~!!」とうなり、中を見ずしてレジへ直行してもいい感じ。

そして、テキスト、本当に読み応えがあった。何せ、昔から大野くんを知っていて、男同士で色んな話をしてきたかたの文だもの。
それだけで貴重。

初めの文でわかる。大野くんを的確に表している。

「核心を突いても、ぼんやりとはぐらかす…」

「彼の真摯な姿…」

「今一度聞いてみたい。この男の、大野智の原動力ってやつを…」

上手い!
聞いてみたい!みたい!それを聞いてみたい!
しょっぱなから引き込まれた。


あたらしあらしで翔くんが大野くんを認める発言について大野くんは「そう思ってくれてたんだ…」って言ってて…
こういうところ、私が思ってる二人の関係性とピタッと重なって、嬉しくなった。
智くんと翔くん、本当にいい関係だなぁ

「背中で語る」と言われていた事について
「すごい、ちっちゃい背中だなぁ(笑)」って…

こういう照れ方をする大野くん、かわいっ


釣りについて話すのを読んでいると、また大野くんらしいなぁと思った。
一人になれるところが何よりのポイントだと言う。
釣り部は嫌だとも。(顧問の先生なのだそう…笑)

これを読んでふと思ったが、私、大野くんが一人が好きなところも好きだと気がついた。

自分も一人を楽しむところがあるので、華やかなお仕事をしている大野くんもそうだと思うと、ちょっと親近感が感じられて嬉しくなる


この記事をずっと読んでいて、漠然と「縁」というものを感じた。人生の中、いつ誰と出会ってどうなるか…という縁が数々あって今につながっている。
絵を描くきっかけや、突然のデビューだったり、ジャンケンでリーダーになったり…釣りに出会って精神的にバランスをとったり…

でも、それは幸運というより、すごい努力あっての事。
生きるって楽しいけど、つらいよね。きっと誰もがそうなんだろう。
でも、大野くんは負けてない。
弱音も吐かない。
おごらず、腐らず頑張っているのが感じられ、本当に見習うところが大きい。



私って、大野智に明け暮れてても、実は思う。
大野くんって本当のところ どういう人なんだろう…と。
私はわかってないんじゃないか…なんて問いかけてしまう。

こういう雑誌を読んでも逆の事を考えたりするくせもある。

この雑誌の他のタレントさんについて書かれた記事を読むとわかるけど、雑誌で取り上げる限りはそのタレントの良いところをうまく表現してなんぼだし、いい事を書いてくれてる文を読んでは喜んでるってのもど~かね?自分… な~んて、ひん曲がった事も思わないでもないわけ。

でも、でも、でも…(逆接うるさすぎっ

それでも、このライターさんの文は他の記事とはちょっと違うよね…と思うの。大野くんを愛してる気持ちが 文から感じられる。(同じライターさんが書いた他記事を読んでも、やはり大野くん記事は独特の親しみがこもってるように思う。)

大野くんは男性からみても本当に魅力ある男なんだよ…と 勢いよく伝わってくる。

だから、この記事は素直に喜べる。
この記事はどこをとっても 大野くんの素敵な言葉があちこちにあって、何度も読んでしまうが、ここ、素敵だったなぁ…

歌もダンスも素晴らしく、きっと嵐さん達から見ても 見習うべきところであっただろうに…
それを「うーん、ひっぱられる。オイラと違って4人は10代の頃からプロ意識が高いと思うのね。みんな頑張ってるから、それを見て自分もここまで来られたんじゃないかな」
と言うところ。
わぁ…すごい!って圧倒された。

お互いがお互いを認めて成長し続けてきた嵐さんって素晴らしい。


さて、話の半ばで出てきたTOP SECRETの話で、今年のアラフェスでやってくれるんじゃないだろうか…という期待が私の中でいきなり浮上

或いは、これだけは永遠に超お宝のまま、封印されるのかなとも思え、それもアリかもしれないが…

松潤もああ言ってる事だし、何卒お願いしたいなぁ
関連記事
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

めぐりさん。こんにちは。

このエントリーを待っておりました~!同じに出た「オリスタ」と比べてチョッとお高いわぁと思ったんです、ところが
開いて内容の濃さにKO。テキストもグラビアも秀逸です!
テキストの素晴らしいところはめぐりさんがすべて書いてくださったのでo(^▽^)o グラビア。。ミネラルウオ-タ-?を飲む大野くんに撃沈です(//∇//)
喉から鎖骨に掛けて光る汗!ペットボトルに付けた口元!なんて色っぽいんでしょう、他も勿論素敵ですがここから目が離せなくなってしまいました。
智ラジでの脱ぐ脱がないは、このお方にはまったく不要だと確信しました。
アラフェス参戦組さまが、生「TOP SECRET]が観られますように!DVD化熱望しますm(_ _)m

No title

私もめぐりさんと鶴好さんの意見に大賛成で~す!!
かっこいい表紙に魅せられそして内容も濃かったので、お高めだったけど購入してよかったぁ(´∀`)

それにしてもペットボトルの水を飲む智クンは、セクシーすぎてやられましたねぇ!

私は智クンの喉仏と筋張った腕が大好きなので、たまりません。(。≧∇≦。)

さっそく写メを撮って待ち受けにしていますよん。
夏らしくて待ち受けを見るたび、爽やかな気分になれま~す!

No title

そうそうそう!!と思いながらめぐりさんの記事を読んでました(>_<)自分がひいき目で見てるから過大評価しちゃってるのかな?とかファンじゃない人が冷静に見たらどんな風に思うのかな?そんな人の意見も聞いてみたいなとか♪とか考える時があります。でも最後にはファンであることを差っ引いてもやっぱり大野くんは素晴らしいってなっちゃいます♪
実際の大野くんってどんな人だろう?ってすごく思いますよね!こんなに大好きだから、対自分となればちょっとした事で激的にショック受けちゃったり、考え込んじゃったりするのかな?でも画面を通してでは分からない魅力が沢山でもっと大好きになっちゃうんでしょうね。
おごらず、腐らずという言葉がホントにピッタリ!大野くんは出来ないことや失敗を素直に認められる人だと思います。全部受け止めて、そこから腐らず、つくり上げて行ける人。大野くんの生き様に何度救われたかわかりません。
私達の原動力は【大野智】ですね♪♪

No title

めぐりさん、こんにちは。
TVガイドPERSON素晴らしい!
大野くんに、うっとり・・・でした♪

めぐりさんの「・・・でも、大野くんは負けてない。
弱音も吐かない。
おごらず、腐らず頑張っている・・・」を読んで、
私は背筋がピンとしました。がんばらなくちゃって・・・静かに心に火が灯りました。
凛としている大野くんが見えました。
めぐりさんの文章にまた心揺さぶられた~♪
ありがとう!めぐりさん♪(≧∇≦)

No title

グラビアがホントに綺麗ですよね♪
特に、表紙と汗をかいたおーちゃんがペットボトルに口をつけている写真が好きです!!
後者なんて…、もう…色気がだだ漏れし過ぎですよ…(//▽//)

ホントに内容が濃いですよね!
確かにライターさんとおーちゃんの関係性も垣間見えて素敵だったな~と感じました!
ライターさんはおーちゃんの事を嵐なりたての頃から知っているんですね。

めぐりさんが素敵だと書いてる一文、自分も読んでて「ほぉ~っ」となりました(゚ω゚)
逆に「ひっぱられる」と言ったのが印象的でした。
おーちゃんがまとめようとはしていないというのは解っているけれど、リーダーであるおーちゃんが言ったという事が何だか不思議で。
本当に嵐さんの関係性は素晴らしくて、尊敬しますよね!

アラフェスで『TOP SECRET』披露してくれると良いですね~!
私もその他の欄に書いたので、歌ってくれる事を願ってます♪
私は「『TOP SECRET』に代わる歌をお届けしなきゃね」みたいな文を読んだ時、今度のNewアルバムのツアーで『TOP SECRET』並みのダンスナンバーを披露してくれるんじゃないかと思いました(゚ω゚)
何かそう言ってくれているように感じてしまったので、Newアルバムのソロ曲を物凄く楽しみにしています(^O^)/

No title

鶴好さん♪

テキストについてを意識して書いてみました。でも、グラビアも鶴好さんのおっしゃる通りです。本当!脱ぐ脱がないではないですよね。
さりげなく溢れるセクシーなところ、素敵です。

No title

さともんさん♪

大野くんって、爽やかですよね。セクシーだけどイヤらしくないところが自然で、ドキドキもしながら、ホッと癒される感じもあり、本当にいいなぁと思います。
買って良かったです。

No title

るのみさん♪

私もそうです。ファンとしての欲目のない意見も嫌ではなく、むしろ聞きたいです。それが現実だから。たぶん何を聞いても 自分の中に確固たるものがあるから、私も最終的には、彼はやっぱり素晴らしい人だとなってしまいます。
ホント!大野智は私達の原動力です!

No title

ゆうさん♪

いえいえ、私の文なんてヘタクソですみませんです(≧ ≦;)

大野くんは本当に凛としていますよね。絵を描く事だけをとってみても、好きだからと言って、多忙な中 描くのは、並大抵の事ではないと思いますし。影の努力で今が成り立っているのがすごい事だと思い、尊敬です。

No title

麗愛さん♪

「ひっぱられる」という言葉から、リーダーだから引っ張っていかなきゃ!という意識ではないのがよくわかりましたよね(笑)
でも実際は「ひっぱっている」部分も多々あるはずなのにね。
そういう言葉の選び方も、大野くん独自の考え方が表れていると思いました。
体力の衰えも感じないと頼もしい言葉もありましたし、今後も素晴らしいソロを期待できそうですね♪

line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line