Mステ「A・RA・SHI」

前から思ってはいたけど、この間のMステでまた改めて、A・RA・SHIっていいなぁと実感。
デビュー曲なので然と言えば当然だが、この歌が一番 15年という年月を表している。
 
まず初めの翔さんのラップの声が明らかに違う。
今は大人のしっかりした声になっていてかっこいい。
当たり前だが、嵐さんみんな大人の声になっている。そして、一言で言うなら

 
歌、上手いっエクステンション
 
だけど、一番感動したのは、やっぱり最後の大野くんソロ。
聴き比べなくても もうわかってるが、あえてCDを聴いてみる。
デビュー曲なので、CDは入念に制作されていると思うが、その声は まるでその心中を表しているように 繊細で弱く、儚げキラキラ 青
そこがいい。  うん、それはそう思う。
 
そうか、そうか、心細いのか、智ちゃん…と頭を撫でてあげたくなる声なのである。
 
でも、今回のMステのA・RA・SHIったら
も~ホントに な~んて綺麗な声。
 
素敵き
 
繊細さ優しさは15年前と変わらず
でも、声の艶が全然違う。
 
表面をツヤツヤに磨かれた、滑らか~な
完璧  You are my SOUL  SOUL…♪
 
今や 大野くんは入念に収録したであろうCDを はるかに、完全に、

 
超えた矢印
 
嬉しい点は、今もなお 初めの歌い方のままなのよね。
ここ大事=3
長く歌ってると そういう事は稀にも思われる。
 
どこも大人ぶってもいなくて、粋がってもなく、初心を思わせる素直な歌い方。
でも、驚くほど成長しているという…
ただただ 自然な成り行きを思わせるだけの美しい変化。
 
華麗なる成長と言いましょうか…
 
とにかく、
このソロ 感動きらきら
 
今朝のラジオで、またビンゴな事を言っていた。
 
「人間の仕事というものは、それが文学であれ、音楽であれ、絵であれ、建築であれ、 その他なんであれ、常にその人自身の自画像である」

 
ウンウン…私は頷いた。
 
自分が作り出すものは、自然とその人の鏡みたいなものなのかも。だから、たとえ同じものを作ったとしても、歳を重ねるごと変わりもする。
自画像を描くと、ちょっと盛ったりしそう(実際よりイケメンに描きそう)で恥ずかしいと大野くんは言っていた。
 
誰でも他人に自分を良く見せたいものだが、彼はありのままの自分に見られる事で、それを良しとしているのがわかる。
自分が不自然な事をしたら、それが恥ずかしくておかしくて笑えちゃうんだろうなぁ。
 
歌も ダンスも 絵においても、大野くんは、自分そのものを偽りなく素直に吹き込んできたのではないだろうか。
A・RA・SHIのあの美しいソロを聴いて、大野くんが素敵な15年間を過ごしてきた事が伝わったような気がした。
 
あと、片手側転は、30代の今だからまた数倍かっこいいと思った。
 
さて、Mステの白いスーツを上品に着こなして素敵な嵐さんだったが、うちでは必ず爆笑してしまう箇所がある。
One Loveの松潤ソロの直前の大野くん。
 
息子と一緒に「奥に素人のおじいちゃんが間違って映りこんでる」と話している。
(笑えるのだが、身体をかがめて顔をしかめていてめっちゃ可愛いちゅん
で、松潤ソロ後は 普通にイケメン智さんに戻っていて 美声とともに階段を降りてくるので、これまたビックリ。
このおかた、時々こんな摩訶不思議なところがあるね。
 
笑わせて頂いたり、美声にとろけたり、こっちは忙しいよkyu
 
今日はゆっくり何度もMステを観ているが、そうこうするうちに お待ちかねのプラスアクトがやっと田舎にも届いたよ。
今度はその話をしましょう。
 
沢山のコメントを頂き、ありがとうございます。
レスが遅れておりますが、今夜お話しに行きまーす走る
JUGEMテーマ:ジャニーズ
関連記事
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

めぐりさん

こんばんは、お久しぶり、yamanohaです。
めぐりさんの記事を見ながら、ARASHIを再度かみしめています。本当に「素直に大人になった」を感じますね。もちろん33年も生きていれば、あんなことやこんなことがあっても当然ですが、それでも染まらずに、芸の腕はあげても「ピュアなまま」なところが、おばさんたちの心を捉えて離さないのだと思いました。
実は初めてライブビューイング(2日目)に参加しました。これまで怖くてコンサートには行けませんでした。行ったら、現実社会に戻れないのではないかと思って。なので、場所を隔てたライブビューイングはむしろ快適でした。それでもこの引きずり様で、智さんの威力の大きさを感じています。
色白だった2日目の智くんは、パワーはあるけど、儚げでしたね。1日目の感動がまだ抜けきらず、メンバーに守られている姫のようだなと感じました。Mステの印象はいたずらっ子のようで。本当に変幻自在なお方で、振り回されます。
またお邪魔いたします。


No title

めぐりさん今晩は、智くんのyour are my soul soul は透き通った天使の歌声ですね。デビューの時も透き通った歌声だけどピーンと張り詰めた糸のような歌声でした。ニノがTimeの挨拶で「俺たちの歌は下手かもしれないけれど」と言ってたけれど、Mステの嵐さんみんな充分ハモリも綺麗にハモッテいて上手くなったな~と思いました。そして智くんの側転はいつ見ても真っ直ぐで美しい30過ぎても衰えずまだまだ行ける~と確信しました(*^▽^*)そろそろめぐりさんの絵を見たくなってきまさた。

No title

めぐりさん、おはようございます。

「A・RA・SHI」、良かったですね。
メンバーがすごく楽しそうで。
娘たちとTVの前で歓声あげながら観ちゃいました。
娘たちは、銀テープの行く末が気になって仕方なかったみたいで。
ターンと共にテープをほどいた櫻井くんには「おお~っ!」、相葉くんの左足見ては、「がんばれ~」と、相葉くんが転んだりしないか心配しながら観てました。

大野くんの歌声は、心に染み入りました。
大野くん大好き娘も、惚れ惚れしておりました。
あの歌声で子守唄を歌ってくれたら、娘も、毎晩寝つきが良いことでしょう。
いや、興奮して、眠れないですね。

「マイガール」といい、「One Love」といい、ライヴビューイングにさえ行けなかった私には、ハワイから届いた嵐さんたちの歌声に感謝カンゲキでした♪

No title

こんばんは(^_^)/

「A・RA・SHI」といえば、15年前はメンバーの名前すら知らなかったアタシ。
でも、あらし~あらし~と手を回してそこのところだけまねして歌っていたな。。。
それが今!!!
こんなにも大切な曲になるなんて・・・
智くんのソロにジ~ンとくる自分に笑ってしまう(笑)
30代の「A・RA・SHI」最高ですね(^o^)

って、白いスーツちょっとちっちゃかった??


No title

めぐりさん こんにちは

A.RA.SHI良かったですね~♪TV観ながらうっとり聴いて 
どうだ!全国の皆、リーダー歌上手いでしょ!格好いいでしょ!って自慢したくなりました(^^)
お兄さん二人しか歌ってないようなデビュー曲。翔くんの声も大人で太くて格好よくなったし、智くんの不安定な細い声だったものが これだけ魅了する声に変わるとは。どれだけ惚れ直せばいいのでしょう(//∇//)ホントに まだまだやれる!ですね♪
またドーム駄目でした(ToT)近くて遠い名古屋ドーム…いつになったら入れてくれるの~(笑)今回も嵐さんの匂い嗅いできます!

No title

やまのはさん♪

お久しぶりです。コメントありがとうございます。ピュアなまま…本当にそうですね。
やまのはさんのコメントを読ませて頂き、大野くんはやっぱりアーティストなんだなぁ…と思いました。年月を経ても しっかりと純粋な自分の世界を持ち続けていて、何か特別な 自分なりの高みを目指しているようにも感じられます。

コンサートは夢の世界でもあり、又、現実の距離を感じ、複雑な気持ちになったりしますが…
でも、一生懸命 ファンと心の交流をはかろうとする大野くんを自分の目で生で見ると、テレビでは感じ得なかったものもあり、素敵ですよ♪
(*^_^*)

No title

愛ママさん♪

デビューの時の大野くんも 若いのに上手かったですね。でも、おばちゃん(私)をグイグイ引っ張る力はなかったかもしれません。今は引っ張られて溶かされて、されるがままですけど。(おばさんをどうするつもりもないと思いますけど…笑)
あの片手側転は着地の足が完全にあっちを向いていて、普通の側転とは違い、少しひねりが入ってるらしく、ロンダートとかいう技のようです。サラッとそういう事をするなんてすごいですね。

No title

ののさん♪

ホントに… 相葉ちゃんの足元、私も心配してました。銀テープちょっと多すぎですよね(笑)

大野くんの子守唄なら、子供だけじゃなく おばちゃんも喜びます。同じく眠れませんけどね(笑)
初めにハワイでライブと聞いた時は、映像も観れないと思っていましたが、Mステでたくさん歌ってくれて、嬉しかったです。嵐さん達には夜中で大変だったでしょうが、本当にありがたかったですね。


No title

ちさとさん♪

15年前のこの歌の印象を 私は全く思い出せません。その後 嵐といえばUSOジャパンに出てる子達…とか、慶應ボーイがいるんだ~ とか、いずれも歌の印象がありません。
今から聴いても大野くんは歌が上手いのですが、その頃はわかりませんでした。
それが今はジーンと来てるんですから、本当に不思議なものです。
今、スリムスーツとかストレッチスーツとか ちょっと ちっちゃかったり、丈が短かいのが流行りみたいですね。ダンスには、ちょっときつそうですね。

No title

MKさん♪

こういう いかにも若い歌詞だと 年を重ねると、ちょっと合わなくなりがちですが、ますます良くなっていて、うっとりでした。
大野くんのソロは 本当に誇らしく思いました。初めから ここまで上手かったわけじゃなく、それは彼自身の力でしかないのですものね。そこがファンとして嬉しく、ありがとうと言いたいです。
今後もどんどん惚れ直しそうです♪
line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line