3.11

今 ちょうど家にいたので黙祷を終えたところ。
東日本大震災からもう6年。
 
被災地では今もなお深い哀しみを抱えていらっしゃる事と思いますが、被災者の皆様が少しでも前向きに過ごされますようお祈りいたします。
 
先日は、テレビで 震災で亡くなった娘さんの遺骨を今も探しているお父さんが映っていた。
土をザルでふるいにかけ、小さな骨や歯などを探すという、地道な作業。
その気持ちを思うとたまらない。
年月が経とうとも 家族を亡くした哀しみは癒えるものじゃないだろう。
でも、周りで支援する仲間と楽しげに話しながら作業するお父さんを見ると、辛くても とにかく生きなければならないという、人として あるべき姿を見たような気がした。底力を感じた。塞ぎ込んで泣く時間も、行動して笑って過ごすのも 同じ「時」なのだから。
 
私は自分の平穏無事を 改めてありがたく思った。楽しく過ごす事、すなわち今を大切にする事、そして それが私にとっても、生きる事であるような気がする。
 
今年もyahooで「3.11」を検索した。(10円募金)昨日はイオンで黄色いレシートも箱の中に入れてきた。(1%が東北と熊本へ送られる)
それが実際意味があるのか あまり定かでないけど
ほんの少しずつでもできる事からね。
 
いつものように非常食の点検をして、今年は新しく非常食を追加注文した。
 
私は、実家が阪神大震災の被災地だったというのに、自分は実際は経験していないのもあり、2011年までは非常食などほとんど用意した事がなかった。そういうぼんやりとしたところがある。
でも、本当に 思いつく事から備えなくちゃと今は思う。
 
賞味期限切れのパンの缶詰めを開けて 今食べている 
5年間の無事をありがたく思いながら…。
 
期限をめっちゃ大幅に過ぎてるけど大丈夫かな~
美味しいからいいよね~
 
 
関連記事
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

gungunさん♪

こちらもたまに少し揺れます。震度2や3で身が固まります。
震度6強ってどういうものなのか想像するだけでダメです。考えられません。
宮崎ケーブルテレビ局では毎日のように災害の想定映像や 注意、備えについて、この時期に限らずずーっと番組が流れていて、いつもいつも準備を急かされてる気がしてます(笑)
そのせいで(おかげで)押入れの中に食料を色々備えています。
その番組によると最低3日分、出来れば7日分らしいですが、量がイマイチよくわかりません。お腹一杯食べたら即なくなりそう。(笑)
とにかく水だけでも…と思います。

愛ママさん♪

2011年は私はそれまで元気だった母親がガンで急に亡くなった事もあり、3.11がくるたび、色んな事を思い出しては、人の命や これからの自分の生き方など 考えてしまいます。
実際に震災を経験していないので何もわかっていなくてトンチンカンな事を書いているかもしれませんが、毎年 心に留めたいと思います。
震災の日に生まれた子はみんなの希望の光ですから、色々な思いはあれど誕生日は大いにお祝いしてあげてほしいですね😊

うっかり期限切れになってしまった水も押入れの奥に 大きく「飲めん!」と書いてあります。水洗トイレを数回流すぐらいはできるかな…とか思ったり。
期限前に忘れず飲んでは買い替えなくちゃね😅💦






鶴好さん♪

娘さん ご卒業おめでとうございます。
小中高と卒業式を経るぐらい 震災から時が過ぎているんですね。
小学生の時と 高校を卒業された娘さんでは もうすっかり変わられたでしょうから、本当に時の流れを感じる事でしょうね。
私は母親の亡くなった年でしたから、そういう思いで「あれからもう6年か!」と感じています。
また5年後まで缶詰めを開ける事なく過ごせたらいいなと願いながら備えています。
きな粉餅、懐かしいです! (同じものかどうかわからないけど)昔 非常食としてではなくお菓子屋で売っていて、私は大好きでした。カチカチのかたまりを水に浸すだけでベロ〜ンとした餅になるのが楽しくて母とよく食べてました。
もう忘れかけていた思い出が蘇り、食べてみたくなりました😊

No title


めぐりさんおはようございます✋

毎年3・11に震災のブログ上げてくれてあの時震度6強を襲われた
私たちには有難いことですm(__)m
あんな経験をしてても非常食をきちんとしてません👊
めぐりさんブログ読んで「マズイ」と思いました😥

この頃ちょくちょくこちらは地震があります😨
まず備蓄をきちんとしたいと改めて思いました👌

ありがとうございます🙇

めぐりさん毎年この日をブログに挙げて頂きありがとうございます🙇今年は仕事で職場で黙祷しました。6年経っても私達にはあの日が未だに色褪せる事なく鮮明に記憶に残っています。まだ6年、木曜日にめざましで伊野尾くんが石巻をレポしてました。未だに海岸線つたいは更地のままで復興は進んでません。そして、心に刺さったのは震災の日に生まれた子のお母さんの言葉、小さな命の誕生、本来ならおめでとうと祝福されるのに親戚が亡くなり喜べず未だに誕生日もお祝いして良いか躊躇してしまうと。でもこの子の笑顔に何度も癒されているとのことでした。まだまだ色々と解決されない問題も沢山あります。これからも前を見て進むしかない、被災者の皆さんの心が全て癒された日が本当の復興の完了なのだと思っています。めぐりさん今日はありがとうございました。ps期限の切れた水は危ないのでめぐりさんのガーデンにあげて下さい😁

一日一日を大切に

5年間の無事をありがたく思いながら...。
本当にそうですね。日々穏やかに過ぎていく事が、どれだけありがたいということかを噛み締めなくてはいけませんね。
震災後の余震の影響で次女の小学校の卒業式は途中たびたび中断していましたが、その次女も先週、無事に高校を卒業しました。
あの日を忘れずに毎日を大切に過ごせたらと思います。
家族には「そうかぁ?」と言われましたが鶴好は「きなこ餅」という非常食が美味しかったです。
line
ギャラリー
line
プロフィール

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line