コンサートの大野くん[:るんるん:]

福岡から一週間がたったとは…早いっ。
この一週間 相変わらず嵐の事をずっと考えている自分の重症ぶりには呆れる。
けど 変化もあり。
大野くんが私の頭に 心に じわりじわりと また押し寄せてきている。


大野くん個人より 嵐に気持ちが傾いたふうにも書いておきながら…

やっぱり
どうにもこうにも
大野智なワタクシなのか…

なのか…って
疑問符ではないだろ~が…
(>_<)[:ハート大小:]テヘッ


思い出してしまう。
福岡での大野くんの歌声。

去年は 細くて繊細で美しい声…という印象で、
ガーッと迫るような声量ではなくて 丁寧に歌う人なんだな~って思ったの。

でも 今年はまるで違って聴こえた。

お腹の底から大きな声が出ていて
直接 こちらのお腹まで届くような迫力のある声だった。

言うてみたら
腹to腹 みたいな…?
(言うてみない方が絶対良かった‥[:あせあせ:])

とにかく、すべての歌において 大野くんの声は素晴らしく力強かった。

特にソロ。
あんなに踊りながらでも 最後の最後まで勢いを失う事なく、声量を保ちながら完璧に歌いあげる人って…
単純にそこだけ取り上げてもすごいと思った。

でも 彼の歌の本当の魅力は 踊りながら上手に歌えます…って、そんなんじゃない。

おごりなく 誇らしげでもなく、ただ素直に真っ直ぐに響く。

ここ重要。


歌の上手い人だと
長く歌っていると、やっぱりその自信が過剰に声に出ちゃうよね。

大野くんにはそのいやらしさが何年経っても出てこない。

やっぱり
いないよ
聴いた事ないよ
こんな美しい歌声。

メインステージで「5×10」を歌う大野くんを双眼鏡で覗いたら 偶然に体と視線が真っ直ぐこちらの方向を向いていて、ドームに大野くんと私と2人きりかという錯覚に陥ったよ(病院病院…!!)

あと、「できるだけ」のフェイクを聴いた時も

うわぁあ~
健在[:!!:][:!!:]

って思った。

いや、健在どころか こりゃCDの頃よりまた素晴らしく美声になってるとも言えるんだけど。

彼はまだまだのぼっているんだ…と思い知らされた。

彼のピークは
CDで聴く、あの素晴らしい声でもなければ
今でもない。

きっとまだ遠く先にあるのかも。


ダンスも その姿は驚くほどに大野智だった。
テレビやDVDで観るダンスと同じように指の先まで美しかった。



つづく…(まだ書くつもりか)
関連記事
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは♪

大野くんの歌・ダンス・アート・挙動...それらモロモロの彼の表現についてを語るめぐりさん大好きです!
ほんとうにおこがましいのですが...私も長年、絵・書道・歌...を学生時代から下手なりに続けてきて、
手段はどうあれ、自分の底から湧き上がる感覚を、カタチに表現したい欲求が抑えられない時ってあるんですよね。
あれって何なんでしょう?病気?

だから、全く違うのかもしれないけれど、大野くんのその衝動にシンパシーを感じるというか...
で、それを的確に語ってくれるめぐりさんに、これまたシンパシーを感じてしまうというか...。
もはや、どちらをスキなのか判らなくなる?(また出た...病気?)
私の勝手な思い込みですけれどね(^^;)。

これまでめぐりさんが書いていらっしゃるメッセージの中で、とくに共鳴して心に残っている内容のひとつが、
「ご主人と大野くんとめぐりさんの関係」です。
我が家の夫も、よくよく大野くんと性格が似ておりまして...
まさしく、その、周りの評価を気にしない、おっとりした優しいところが好きで一緒になった...はず。
にもかかわらず、やっぱりそのオットリが歯がゆく感じた時もあって...
私も大野くんを通して夫の良さを再確認させていただいたクチです。
(ちなみに夫は、高橋克実さん激似のフォルム!
目が大野くんに似てると3人に言われた奇跡を持つ!←パッと見はまるで別物です。陳謝m(__)m )

もうひとつは、「嵐の行く末を見届けられない寂しさ」...年齢差ゆえの、ひとしおの感慨ですよね。
友人に同じことを語ったときには、鼻で笑われてしまったんですけれど、
こんなことを同じように感じてる方がおられるのだなぁ...と、とても嬉しかったんですよ♪

だからまた、
熱い想い...語ってください!...ね。

No title


サトゥママさん♪

湧き上がる感情を表現したくなる感覚…
それは何か…お教えしましょう!

ムラムラです。(笑)

フフフ…(≧▽≦)
実は私も描く事、造る事が昔から好きで、大野くんが言うムラムラっていう感覚が本当によくわかるんです。

転世薫風の特典映像の中で 大野くんが、創作欲求を表現するのに
胃の辺りを触ってざわざわと興奮する仕草をしながら、
「学生時代に授業が終わる前のワクワクと同じ…」みたいな事を言った時に 激しくシンパシーが走りました。
表現せずにはいられない人っているんですね。芸術とか大げさなものじゃなく、上手下手は違えど、同じ部類の人なんじゃないかな…と思ったりします。


さてさて…ダンナ様、目が大野くんなんですか~♪
高橋克美さんは、さておき(笑)

いいじゃないですか…目だけでも。(コラッ)(笑)

そして、のんびりおっとりしている方がいいですよネ…男は。
o(^▽^)o

No title

くわぁ~~っ(^^;))///
ここで「ムラムラ」だったのかーっ!

そうですね。
ムラムラですよね。
これがムラムラなんですよね。
(サトゥ、ちょっとうるさいな....)

転生薫風っ!そうでしたそうでした!
めぐりさん、その通りだ!
(サトゥうるさい!)

いつもユーモアたっぷり、温かなお返事ありがとうございます。
めぐりさんの語り口が嬉しくて仕方がないです。
ほんとうは、私自身もブログか何かで気持ちを綴りたいなぁ....
と思い始めているのですが、
こちらを訪ねると、自分の気持ちを全て....
いいえ、それ以上に代弁してくださっているので、未だ、開設しそびれてしまっているんですよ(笑)。

でも、近い将来、自分の生活と大野くんとの幸せな関わりを
日記にできたらなぁ....と思っています。
(老後の楽しみ??)

先日、初お目見えのコ○ンコ○ンさん。
ワタクシの大昔の職場の先輩です。
これからも気づかれないように、ズリズリ~と
彼女を大野ワールドに引きずりこんでみせまっせ~♪
p(^-^)q

No title


サトゥママさんったら…

も~っ!!(≧▽≦)
面白くって笑いが止まりませんでした。
で 読み進んだら
「ユーモアたっぷりな返事ありがとう…」とか書いてあるので

どっちがやね~んっ!!
って 一人でキャッキャしちゃいました(笑)

サトゥママさんのブログ 読んでみたくなりました♪
o(^▽^)o

line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line