優しい時間を観た。

優しい時間 全11話 見終わった。
ニノもいい。で、それと同じくらい長澤まさみちゃんの演技が上手いなぁ‥って思った。
何回観てもいいドラマだな。


さて今日の話は、ちょっとジブンゴト。

私は独身時代、会社員をしながら、夜や土日も休みなく企業のキャンペーンの仕事などしていて(いわゆるキャンギャル)休日というものがなかった。

30代は、自分の趣味に没頭するあまりに、子供を九州において、大阪の専門学校で単身で勉強し、その後、資格を取って、作ったものをお店に卸したり、ネットショップをしたり 教室を開いたり…。家で姑の介護もしながら、それらをした。
実は、大野くんみたいに毎日短時間のラジオ番組に出たりもしていた。それらは充実していたけど、すごくしんどかった。寝てなかったから。
全部 自分がまいた種なんだけどね。


で、全部辞めた。


今まで生きてきて、今、初めてゆっくりと時間が流れているような気がする。

20年来 やりたかった「絵を描く」って事も 少しずつできているし。


なんだかね…
今から思うと

何かを始めたり、続けたり、頑張る事で自分がイキイキしていく…って思い込んでいたけど、

今はちょっと考え方が違う。


[:ぴかぴか:]
私の場合は
自分が思う生活を送るには 何かをプラスする事じゃなく、余計なものを取り去っていく事だな…とつくづく思う。


「優しい時間」を観て このタイトルが身にしみる。

今、自分が大切だと思いこんでるものって、実は そうでもない事もあり、それを削り落とした時、本当の大切なものがちゃんと残っていたり…。
初めて 優しい時間(大切なものを見失わないでいる余裕)が持てるんじゃないか…なんてね。



さて
私は、頑固で 気の強い女だけど
(自分で言うのもなんだけど)ここ2年ぐらいで 少し丸くなったと思う。

それはヒマになり余裕ができたせいばかりじゃなく

これはもう 絶対 大野さんのおかげだ。
私は彼に影響を受けた。強くて大きな思想があってこそ、穏やかな物腰と笑顔でいられるんだな‥ってね。彼に優しい時間を頂いた。

ハハハ(≧▽≦)

ニノの話 してんだか、大野くんの話 してんだか、自分の話 してんだか…
わかんなくなってきたよ。



そんな風に色んな事を考えさせられましたとさ。

つ~か…全編観れたという、こんな時間があるって…

優しい時間やわ~(笑)



(スイマセン…長々書いた末がこんな結論で…)笑


[:モグモグ:]
関連記事
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

めぐりさん、こんばんは
優しい時間というタイトルがいいですよね・・って私見てないんですけど(笑)

めぐりさんの今までのお仕事
でしょうとも!と頷きながら拝見しました。
あの優雅な雰囲気と美貌と美声ならば
さもありなん!!それにしてもお忙しい毎日だったのですね。
きっと今だからその大切さも、また反対に手放すことの大事さも理解されたのだと思います。
私もこんなに働く人生とは若いときは全く思っていませんでした。経済的問題もあるので仕方ないのですが、仕事についているからこその楽しさも辛さもあり、何もない日の貴重さも分かってきました。でも今言えるのはちょっと肩の力抜きましょう、自分の思うままもいいんじゃない?って思います。
私にとっては嵐さんや大野くんが
『深呼吸』みたいな存在です。

No title

めぐりさん こんにちは!
なんだか勝手に共感してしまい、グッときちゃってます。
私も20代、30代と公私共に多忙を極めておりました。ガンガンイケイケっていう毎日を過ごしてそのまま一生続くのかと思っていました。

縁あってドイツに暮らし、今ゆる~い時間が流れているまさにその時に大野くんにめぐり合い、、、なんだかちょっとオオゲサだけど自分自身との向き合い方みたいなことを教わった気がします。いい年してなんだけど、、、
その上、癒しと元気までもらっちゃって☆、。・:*:・゚`★.。・:*:・

アアア~、サトシックかなり重症です。

No title


花散里さん♪

こんにちは。
あらまッ!私ったら「優しい時間」のあらすじさえ書きもせず、勝手に喋ってましたね(笑)
父子のわだかまりある関係を修復する時の流れを描いた物語なんですけど、お父さんが脱サラして北海道で喫茶店を経営していて…
私はその生き方に焦点が合ってしまったようです。

花散里さんの書き込みにうなずいています。色んな経験をしたからこそ、仕事する事も 休む事も 双方の良さ、大変さがわかるんですね。

何はともあれ、必要不可欠なのは「深呼吸」ですね!!(笑)

No title


ゲンゼリーゼルさん♪

こんにちは。
あ そうだったのですね…それで そのHNなのですね。

本当は女40代50代はまだまだガンガンイケイケな年齢かもしれず、ユルイ時間を過ごすのはまだ早いのかも…って思わないでもないのですが
私は姑が 祖母ぐらいの年齢なので 早い時期に介護を経験した事で
一生のうち 最後にこんなにも大仕事があったのか…(介護する方もされる方も)という事を知り、自分自身、早く老けたかな…なんて思ったりしています。
でも、そんな人間にも 大野くんなら「人それぞれだから、色んな生き方があるよ」って言ってくれそうな気がしています。
本当に癒やしをくれる人です…
(ここにもサトシック重病人)
(≧▽≦;)

No title

めぐりさん、こんにちは!

余計な物を取り去る…
そんな事が出来る歳になったというもんですな(^-^)
アレもこれもと詰込んだタンス、重くて出し入れしにくいのをスムーズにね!

でも、そのタンスにもガタが来ちゃってる!
修理の一つの手段が智くん…
一つの手段じゃなくて、ほとんどが智くんなんですがね(^-^)

そのタンスに智くん、嵐さん用の引き出しを作れたのも、今だからであって、娘時代だったらどうなのか?

智くんの歌、ダンスは素晴らしいと思えても他は受け入れる事が出来ないかも…?
例えば、
悩んだり壁にぶつかったら…
「ひたすら我慢!時を経つのを待つ」って智くんの考え、今ならわかるけど娘の頃は、「そんな事言ってないで何か考えて!」って思っちゃう。

あっ!今でも旦那には、そう言うだろうな…
もし、旦那が智くんだったら許せるけど、旦那が智くん、み・た・い・な性格だったら、同居してる私は「かぁちゃん、かぁちゃん!」の旦那はやだし!ん~?
大野智だから、いいんだよね、結局私達は...(^_^;)
何だか、私、いつも上手く文章にならなくてごめんなさいね。

No title

アイスさん♪

こんばんは~。
私の場合は、かつて 趣味を持たない姑の介護(認知症)をしていました。何もやりたい事のない生活は、症状の悪化も招くものでした。自分の好きな事をする時間をもつ事の大切さを思い知らされました。

好きな事をする時間を持つって難しいけど、そういう意味でも大野くんを見習いたいな~と思います。
できれば、やっぱり詰め込みすぎたタンスより 少し余裕のある引き出しに大野くんゴトも大事に並べてしまっておきたいですね。

今だから 大野くんを知る事ができて良かった…と思う事 私もあります。随分年下だからこそ可愛くて なんでも許せそう…
o(^-^)o
line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line