混乱…

深い。
時々ドキッとさせられて 怖いほど…。
Cutを読んでいたら
なぜかこの間の嵐ちゃんの時の事を思い出した。

口説き文句なんか いらない。告白する。という事を説明する様子。

「こういう事でしょ。こっち行くんならこうでいいじゃん」

こういうのを右脳で考えてるっていうんじゃないだろうか。
言葉じゃなく、まるで自分の前に理屈を描いた絵でもあるような話し方。

彼はいつも色んな事をこんなふうに考えてるんだろうか。言葉や文でない感覚的なところで考えてるって感じ。
今更言うまでもないけど、感覚が優れている。

またCutの記事を読んだ。

『特別な何かを持っているからインスピレーションだけでここまで行った』なんて言ったら自信をなくす人も多いと思うから、『いや、違うんだよ。普通だよ』って勇気づけたい。

そんな意味の事が書いてあった。
本当に驚いた。ここまで考えていたなんて…。

彼はもしかしたら 自分が類い希なる感覚(インスピレーション)を持っている事にちゃんと気づいているんじゃないだろうか。
勿論 練習して努力してきたのはいうまでもないけど、根底に優れた感覚があってこそ、あんなに上り詰められるんじゃないだろうか。
そんな事、本当に
何を今更…だよね。

今まで 素晴らしいパフォーマンスと身近な雰囲気…その大きなギャップが謎だとずっと思い続けてきたけど、ちょっと謎が解けたような…。
大野くんが意識して勇気づけるためにファンに近づいてくれていたんだな~。

いやいやいや…謎は解けない。
ファンにどうしてそこまでできるんだろう。勇気づけるために自分を見せるなんて…

素晴らしい歌やダンス お芝居をして適当に可愛らしく笑顔を振りまいとけばファンはついて来るのに。


また蘇った。この間の紳助さんの言葉。
「ファンの為だけじゃなく好きな人に見せる為もあるやん」と言われた時の大野くんの強い意思が見える横顔。
何を考えていたんだろう。


コンサートでのファンに対する接し方も思い出した。
「ファンサービス」という言葉が彼に失礼にも思えちゃうくらい、同等で普通の関わりが返ってくる…

なんだか色んな情景が私の頭の中を飛び交い、混乱…


「使命」って事か…

もう そうやって生きていこうって決めたって事かな

なんだかすごすぎる…

インスピレーションさえも崇高な大野くんに戸惑ってしまった。

私、
ちょっとぼーっとなってます。


[:あせあせ:]
関連記事
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

深い時間にこんばんは、めぐりさん

私は紳助さんについて考えてました。
番組の絡み方から紳助さんが台本とか資料とか読まない状態で直に嵐さんに接しているのがファンとしては羨ましい反面、掴みきれず、空回りしてると感じています。
絵も描かれるし、沖縄に別荘とか持ってるから智くんとか好きになると思うんですよね。

CUTは他のメンバーの媒体は買わないので覚えていないですが、購買者がアイドルではなく芸術性の高い人や作品を求めているため、ライターさんもその辺りを意識してインタビューしている気がします。
また智くんも後からジワジワ押し寄せる言葉を発言しているからすごいんですけど。
他のジャニーズグループと比較したことないですが、意図的にこの雑誌に受け入れられる仕事を選んでいるとしたらすごい策略だなとふと感じました。
最近は各年齢層の女性誌からサンデーの巻頭表紙座談会まで、どこまでファンを増やす気なんでしょうか(苦笑)
ファンクラブ70万人ですってとうとう私も中堅です。

なんだか長々失礼しました。

No title


春風さん♪

台本を読まないという話を披露しながら、台本を読まないがゆえに空回りしてるってのは なんだか面白いな~と思いました。
(≧▽≦;)
でも 番宣がらみとはいえ、あんな大物さんに来てもらえて良かったと思います。
CUT…
私は逆にCUTの方がジャニーズやアイドルに歩み寄ってきてるんじゃないかなと思いました。そういう意味では 大野くんのような芸術的な話のできるアイドルは 格好の人ではないか…と。
まあ CUTだけじゃなく、サンデー、小学生一年生、ファッション誌、週刊誌…と、思いもよらないところからも引く手あまたの嵐さん、智さんで、すごい勢いですね~。


No title

突然初めての書き込み失礼いたします。
私も大野くんのひとつひとつに衝撃と混乱を押さえきれないでいる者です。
実は昨日私もCUTを買ってきて、読んで、またぐわ~んと衝撃を受けて、奈良さんの大野くんへの思いなどを知りたくなり、ネット検索していましたら、「奈良美智 怪物くん」というキーワードから、こちらのブログを知りました。
昨日少し読ませていただいたのですが、すぐに書き込めず、今朝更新されていた記事を読んで、めぐりさんのお話が、自分も感じていることと同じようだったので、何か、体の芯の方で興奮状態です。すみません。

大野くんのブログは初めて開いたのですが、まさにその初めてのブログで、めぐりさんにはぶしつけでおこがましくて申し訳ないのですが、同じような思いでいる方にめぐり会って、感動し、不思議な気持ちでいます。

私は大野くんが生まれた年にデビューした元ジャニーズのアイドルが好きで、私の中で彼以上の人は現れないだろうと思っていました。かっこよくてかわいい人が好きで、ダンスを見るのがとても好きです。なのでジャニーズのエンターテイメント性は元々とても好きなのですが、その後のジャニーズには私の琴線に引っかからない子ばかりでしたので、嵐も知っていはいましたが、自分自身も忙しいこともあって、深く見る気もなく機会もなかったのです。それが今では残念でなりませんが。バレエやフィギュアスケートも好きなのでそちらにハマっていることもありました。

ところが、中学生の娘がおととしくらいから「嵐、嵐」と言いだして(笑)、元々ジャニーズ好きなので違和感のない私は(笑)、一緒にテレビを見たり、録画したり、雑誌や本(アラシゴトなど)を読んだり、ライブDVDを見たり、アルバムの歌も聞いたりするうちに、踏みこんで嵐を知ることになりました。

名古屋ドームのコンサートに行って、こんな楽しいエンターテイメント!とファンを幸せにするという言葉通りの彼らに感動しました。歌も私が思っていたよりずっとクオリティが高くて(高くしているのは大野くんかな?)いい歌も楽しい歌も多く、驚きっぱなしでした。

過去のとぎれとぎれに見ていたドラマも、娘を借りまくっているうちに、自分が忙しかった時期にまともに見れなかった「魔王」を隅々まで見て驚愕しました。

それ以後大野くんに関する本で彼の写真や言葉を、動画でいろいろな姿を見続けて、ますます彼の感性の世界に引き込まれ、言葉、歌、コーラス(というのかな)、ダンス、振られた時の反応、もちろん絵、などなど、それらの元となる彼の感性と精神性、、、ひとつひとつに衝撃を受け、なんという人なんだろう、、、とガーンと雷に打たれた感じ、、、ひとつひとつの大野くんにノックアウト(言葉が古くてすみません、今ではヤバイって言うのかな、それも古いのかな?笑)されてます(笑)
でも本当に不思議、不思議な感覚です。(うまく言えません。)

こんなに長くなって申し訳ありません。ご想像のように、おばさんではありますが、大野くんに引き込まれた一人として、また時々書き込みさせていただければ幸いです。

またライブを見れることを夢見て毎日過ごしています。今日は「怪物くん」の2話ですね。「魔王」の時も感じたんですけど、いくら監督さんにこうやれって言われても、あのように演技するのは難しいことだと思いました。大野くんは感性と努力のかたまりです!!

あ、「嵐にしやがれ」も楽しみです!(私もMonsterすごくリピしています!)

読んで下さってありがとうございました。

No title

めぐりさん こんにちは

私も、CUTを読んで、あらためて考え込んでしまいました。
深いです。

大野君って、すべてをまず、ありのままに受け入れているように感じます。
自分なりのフィルターをかけずに物事を受け入れるのって難しいです。
私はなにか考える時、自分で処理したデーターを元に、世間的な評価を基準とした漠然とした結論が心の奥に初めからあるのですよね。それに気づいたのも大野君を知ってからですけどね。

世間的によく思われたいとか、誰かに勝ちたいとか、注目を浴びたいという、そんな思いが大野君には無いのはすごいです。
それ以上に、私がすごいと思うのは、人にどう受け取られるかを意図して自分の意見を導きださない所なのです。純粋な想いだけで、物を考えれるのはすごいです。紳助さんの意見、発言、行動は、すべて他人にどう受け取られるかを意図していますよね。だから、一般的な価値を基準にして、言動が出てくるんですよね。
私には、大野君の前では、紳助さんの言動はあまりにも俗物に見えます。

この年になって、大野君に生きる道をあらためて示してもらっている気がします。ほんと、聖人です。

No title

めぐりさん☆

言いたいことはたくさんあるのに、うまく気持ちを表せないのですが…ひとつだけ…

『ファンサービス』

って言葉に実はずっと違和感をもっていました(^_^;)

嵐さんたちには何だかあてはまらない気がして…

きてくれてありがとう☆

楽しいね(^^)

俺たちも楽しいよ☆☆

って、話しかけてくれてる気がしたから…


とにもかくにも、嵐さんたち、智くんは…知れば知るほど…奥が深いです
(*^_^*)

No title


こすもすさん♪

初めまして。こんなに沢山の思いを綴って下さってありがとうございます。共感して下さった事、とても嬉しいです。

そのキーワードで検索してここにたどり着くものなんですね。(ビックリ!)

大野くんの歌、ダンス、お芝居、トーク… 結局私はどれが好きなのかな‥と考えると、こすもすさんと同様で、彼の感性、精神性というもの自体に惹かれていて、何をしていても全部が素晴らしいと思います。彼の豊かな人間性がどんな時も伝わってきます。

1980年頃といえば、私は ハッとしてグッときてた頃ですけど(笑)それもまた同じですかね~?フフフ

言葉が古くてすみませんなんて‥たぶん同年代ですから全然心配ご無用です。
o(^-^)o
よろしければいつでも遊びにいらして下さい。どうぞ宜しくお願いします♪

No title


ひるさん♪

こんばんは~!
私も自分のフィルターを通してものを考えてしまいます。年齢を重ねると 経験からも勝手に結論を決めつけたりします。私もみんなそんなものだと思い込んでましたが、大野くんを見て 目から鱗って感じでした。

彼は 個展でみんなに観てもらう事を意識してしまった事に 自分らしくないと気づいて、考えを改めようとするところがすごいですね。俗な世界とは違うところにいるような変わり者ではなく、普通の感覚も持ちながら、強い意志で自分らしくあろうとしている人なのかな‥とも思ったりします。
本当に深いですね‥


No title


mikiちゃん♪

こんばんは~。
コンサートで大野くんが客席を見る表情を見ていると、全体ではなく 一人一人を見ている感じがして…。彼自身もそれを楽しんでいるように見えますよね~!決してサービスって感じではないですものね。(笑)


私も最近特に 言いたい事が上手く書けないでいます。文にするって難しいですね。
大野くんが深すぎるせいかも…(笑)


line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line