VoCEの写真

VoCEがいい。

軽く1時間ぐらいは観てしまう。(暇人でスミマセン[:あせあせ:])


この写真を見て私は人物の写真というものに興味をそそられた。

本屋でページをめくった時から衝撃が走った。

私の涙腺はこういうものに弱い。

荒木経惟さんは世界的写真家なのね。(すいません‥今更の無知が悲しい)

大野智の自由と題された1ページめの写真がすごい。微妙にピントがピッタリじゃない事によって吸い込まれてしまう不思議がある。なぜか引き込まれる。私はこの写真から大野くんの内側を感じ取ろうとしてしまう。
目がどうだとか、鼻がどうだとか細部の余計な事は考えない。
彼はこの腕で、この顔で、そして この体で 色々体験して29年生きてきたんだなぁと思った。
そのまっすぐなまなざしがいい。このページ全体の光と影の陰影のバランスがすでに美しくて魅了された。

モノクロの写真もいい。珍しくやや上方から全身が撮られていて、ぽつりと孤独なんだけど、寂しく弱そうな感じにも、男らしく強そうな感じにも見える。
顔と腕にしか光の反射がなくて、これも陰影のきれいな写真ばかり。
大野くんって本当はこういう人なんだろうな~って想像をかき立てられた。


[:ぴかぴか:]
一人で家にいる時の大野くんは 当たり前だけど笑顔ではなく こんな表情なのかもしれないなぁ…と。

最後の斜めよこから撮られたショットもすごく好き。やはり全体的に微妙にぼやけてふわっとしていて…なのに よくみると 大野くんの左目の奥だけには ピントがあってる感じでシャープに光っている。

そうかもしれないなぁと思った。
片目の奥の奥ぐらいしか 彼の考えている事は 私にはわからないのかも。

しかし、それにしても(何回も言い過ぎかもしれないが)光と影がきれい。
大野くんの存在感が、まんまで伝わる写真に思えた。
これ以上でも以下でもない、これが大野くんそのものなんじゃないかしら などと思っちゃうくらい勝手なリアリティを感じた。


いつもテキストばかり何度も読むくせにね。この記事に関しては 珍しく写真の事ばかり書いてしまった。

ドル誌等の写真もいいし、いかにも若く可愛く撮られた大野くんもいい。
けど、最近 私はこういう写真に惹かれる。
自分が年をとったせいか、大野くんがちょうど年相応に感じられる写真をみると ホッとする。

荒木経惟さんの写真をあまり知らないので、色々観てみたいな~。


[:ぴかぴか:]
関連記事
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

初めまして。関西住むとちと申します。
明日は仕事がお休みなんでこんな時間まであそんでます。
通りすがりでお邪魔したのですがくるりさんの智愛とお人柄と文章の面白さに引かれ最初から一気読みしてしまいました。夜中に大笑いしながら。
私も、かなりいたいサトシックおばさんと自覚してるのですがなんのその・・・
御見それしましたわ・・・
これからもお邪魔させていただきますね。
ちなみに
昨晩のVS,最後のブランケットに包まれた智君
ほしいよー(笑)

No title

めぐりさん  深いですね… 何度もみてしまいます。お近くだったら嵐会 参加したいです。 毎日 楽しみにめぐりさんと大野くんに明け暮れています。 有難う(ハート)

No title

めぐりさん、こんにちは♪

智友さんに勧められるまま本屋さんで一目惚れ。連れて帰ってきました(*^_^*)

年を重ねた男性写真家が切り取った智君は、年相応に成長したひとりの男性の姿として写っていましたね。

多くの葛藤を乗り越えてきた内面の強さと孤独と戸惑い…
モノクロだからこそ、光と陰が一層際立って、美しくて…。

ずっと見ていたいとか、目が離せないとかじゃなくて、目が離れられない感じ(笑)

どの写真もリアリティがあって素敵ですが、特に斜め左前からのお顔の写真が美しくて切なくて…


いつもの母性本能をくすぐられる写真も相変わらず大好物ですけどね(*^_^*)

こんな大人仕様もまたグッときます。

どこまで深みに堕ちていくのでしょう(笑)

幸せです♪

No title


とちさん♪はじめまして。

つたない文章ですのにお読み下さってありがとうございます。
ずいぶん明け暮れているので びっくりさせてしまったのではないかしら。でも コメントをしてくださるかたも同じような症状(?!)のかたが沢山いらっしゃるようで ここで話すのが楽しいです。
よろしければ またいつでもいらして下さいませ。またお話しましょう♪
o(^-^)o


No title


flowerさん♪

私も飽きる事なく何度も写真をみては目が離せない状態に陥っています。

flowerさんにはいつも温かいコメントを頂き、励まされております。ありがとうございます。
本当に…お近くならお会いしたいです。

No title


星砂さん♪

本屋においたまま帰れませんよね~(笑)見てしまったが最後、時間を忘れて見入ってしまいます。

大野くんは強くて肝のすわった人なのか、または 繊細でストイックで壊れやすい人なのか…
時々わからなくなりますが、あの写真からは 色んな葛藤を乗り越えてきた、その経験によって強くなっているような…そんな感じを受けたりしました。
写真なのに不思議ですね。色々考えさせられてしまうなんて…

本当に美しい写真です。


No title

こんにちはめぐりさん

無駄口派の春風です(笑)

荒木さんの写真はモノクロ感が好きです。
元々奥さんを撮影した写真が綺麗で興味を持った写真家さんで、最近はあまり関心がなかったのですが、スイッチ入りました。
昭和ぽいのと哀愁を纏う感じが大野さんにあっていると思います。

No title


春風さん♪

アハハハ…(≧▽≦)
ここのブログ自体 無駄口ですからネ…
コメントも大いに無駄口派でお願いしたいです♪

昭和っぽさと哀愁が大野さんらしいというところ…
私もその雰囲気に惹かれたのかもしれません。
東京日和を借りに慌ててレンタルショップに行ったんですが、なかったです…(悲)
私もどうにもスイッチが入ってしまったようです♪


line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line