嵐ちゃん★黒木メイサさん

昨日この番組をリピしてたら すごく面白かったので、遅くなったけど 書いてみよ~。


潤くん…彼は確かにドラマの役柄に応じては目ヂカラあるよね。でもワタクシ的に言えば 目ヂカラってのは、ちょっと怖いくらいのキツい印象の人を思い浮かべる。で、潤くんの目をよく見ると、やっぱり優しい。下まつげ、下まぶたが可愛い。
人の目つきは環境で変わる。嵐にいるから こんなに可愛くて優しい目になったのかもしれない…な~んてふと勝手な事を思った。

だって 目ヂカラでアゴが出ちゃう人が2人もいるグループなんだもん(笑)

甘えん坊って言葉から、恋人を小突く仕草を想像するところがまた可愛い[:ハート大小:]
しかし、おかしいのは、なんで翔さん そんなすまし顔?(笑)
いちいちバカ殿を思い出すんですけど(爆)[:プシュー:]


告白できないというメイサさんに
「マジで言ってんの~?」って。
ニノちゃんいいなぁ…足の感じがめっちゃリラックス。家か[:!:][:イヒヒ:]
やっぱソファーに引っ付いてる嵐さん[:モグモグ:]いいよね~


メイサさんの殺陣を見ていて、やっぱ大野くんの殺陣をちょっとでも見たいと思ったには思ったけど…でも まあいいや。こんな場で マジに披露してくれるような人ではないもんね。

[:ぴかぴか:]
メイサさんの殺陣のお相手の方をしきりに気にしていた大野くん。知り合いっぽかったけど結局言葉を発する事もなかった。
そういう人なんだなぁ…大野くんって[:モグモグ:]

嬉しそうに銃を持つメイサさんをみて顔をしかめてひっつく大宮さん。森の木陰の小動物みたいだった。(笑)

大野くんを選んだ理由を「なんとなくです」というメイサさんに、どんだけコケるつもりな三人も可愛かった。[:イヒヒ:]

特に大野くんはやっぱりほめられるよりけなされたほうが気が楽なんだろうね。ホッとしてる感じがした。

そんな肩の力の抜けたところにも惚れ惚れ。つつましくて、でも 話をふられたら面白くて…
いいなぁ[:ハート大小:]

ランキングダービーで「特に何もない」と言った女子大生[:!!:]
ったく…何もわかっとらん[:!!:]

「何か持ってんだろうね。持ってっからコイツら ついて来てんだと思う」
それが 普通に妥当な考え方だと思うがネ~。
ここで「リーダーっぽい」と発する相葉ちゃんも素敵[:ぴかぴか:]

とにかく テレビ前で拍手するおばちゃんここにあり[:!:][:イヒヒ:]


ただやっぱり今回も思ったんだけど、馬の着ぐるみ 本当に必要?

随分面白くなってきた嵐ちゃんだけど、やっぱりちょいちょい不思議な演出があるよね…と思う。(笑)

[:イヒヒ:]
関連記事
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

めぐりさん、こんばんは。
私にとって嵐ちゃんは、どうも100%支持できない番組です。この番組大好きな人にはごめんなさい。制作側の変な意図がかいまみれたり、嵐さんたちのよさ、自然な嵐さんが消されてしまっていることが多いような・・これは、私が単にに宿題くん好きだからなのでしょうか。確かに最初のころに比べたらだいぶ温かく見守れるようになりましたが。
それはさておき、10代20代の若さでは大野くんの深さはわからないのではないでしょうか。大野くんは、かつて三高(古くてごめんなさい。高学歴、高収入、もうひとつなんでしたっけ??)みたいなわかりやす記号でくくられる人ではないと思うのです。
あんなにぽやや~んとしているのに、どうしてアウトプットされる絵はあんなにシュールなんでしょう。表面だけみたら変わった人でおしまいかもしれないけど、私にはこれだけのことでこの人のこともっともっと知りたくなる。
お気に入り嵐に選ばれるのが一番多いのは、本当の大野くんに接して、バラエティー番組とは違った印象を持つからじゃないのかな、なんて思います。

No title


しゅりさん♪

最初の嵐ちゃんに比べたら だいぶ 楽しい番組になってきましたね。今後なんとかなってほしいものです。

三高のあと一つは 背の高さだったかな‥
大野くんの魅力はそんなのとは無関係なところにありますね。
今回たまたまあんな結果でしたが、高校生や大学生にも大野くんを支持する人は沢山いるわけで、逆に考えれば、二十歳前後で そういう深いところを感じ取り、大切に考えられる人の感性は素晴らしいと思います。
でも、自分がよく知りもしない人の事を悪びれた様子もなく、「特に何もない」と失礼な言いぐさをするような感覚の人には 彼の魅力はとうていわからないでしょう。

line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line