森大衛先生との対談

書道家の森大衛先生が、大野くんと対談しているのが雑誌に載っていた。(9/27 この撮影場所を京都だとここに書いていましたが、間違いでした。東京都内だそうです。失礼しました。)
*10/4訂正


森先生が大野くんの書いた字を見て言った言葉に私は感動した。

今までの経験が生かされて 洞察眼が素晴らしく、簡単に自己満足はしない。小手先に走らない人。
すごい。
先生、すごすぎる。
字でわかるんだね。

私はこの「小手先に走らない」というところにめっちゃうなずいた。

そう。そうなんだ…
大野くんを見ていて私が強く惹かれるところだ。
目標が一つの点じゃなくて、長い長い線(道)のような…そんな地道な感じがする。

一番近道を…なんて考えない。迷うのも失敗するのもまた楽し。そう考えられる人だけが得られる宝物がある。私はそう信じてる。
大野くんは その宝物をいっぱい持ってる気がする。

洞察眼か…。ちょっと怖いなぁ。大野くんの目は目尻が下がって優しいんだけど、それだけじゃなく、時に 少しつり上がって 鋭く厳しく見える事がある。(ファン以外の人はここで「ないない…」って首振ってるかも…笑)
いや しかし
あるんだな、これが。


[:ぴかぴか:]
だから 物静かで穏やかな表情でも、彼は 何もかも見透かしていそう。

字を書いた後「格好つけちゃった」と言ったのもうなずける。格好つける格好悪さや 格好つけない本物の良さが 彼にはもう見えちゃってるんだろうな~。

さて、今回、大野くんの話も印象的だった。

面白いものは勝手に脳に入ってきちゃう…って話。仕事にはできないってところも本当によくわかる。

私は かつて華道やら好きな事をやってるうちに最終的に教える仕事をする事になって、忙しくなって…やがてしんどくなって脱落というパターンを経験しており、
趣味は仕事にしちゃいけないって やっと気づいたのは最近だよ[:プシュー:](失敗からしか何一つ学べず[:汗:])

だから、大野くんって 若いのになんでこんなによくわかってるんだろうな~って感心するよ。


私も大野くんみたいな美しい字を書きたいな~と思って、最近は筆耕(芸術とかじゃなく、きちんとした読みやすい字を書く実務書道)に興味を持ち少しずつ練習している。(ヘタクソだけど)
年をとっても続けていきたいな~。

なので、今回の書道対談はとても面白かった。
大野くんの書の展覧会もぜひ観たいなぁ。切望[:!:]
ぜひやってほしい[:るんるん:]

[:モグモグ:]

関連記事
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

めぐりさん、こんにちわ~!森先生との対談よかったですね~めぐりさんの文章読んでうんうんうなずいてしまいました!私は文章力がないので上手くいえないけどフリスタを読んだときも智くんに対する見方が変わったと言う事は言える!森先生もすごいですね!字であそこまで見抜けるなんて!是非ともコラボしていただきたいです!

No title

お久しぶりです、こんにちは。現在、お昼休みの真っ最中のウズラです。新曲、また発売されますね…。さっき、auのサイトで予約して来ました。大衞先生とのやりとり、見る人には見えるんだな~って思います。めぐりさんの大野さんの目が鋭くなるっていうのも納得しちゃいました。と、いうよりも全力で頷いてます。集中した時、鋭くなるんだなって。魔王の時とか…。ヤバい。仕事してるのに大野さんを眺めたくなってしまった…。

No title

めぐりさん♪

大野クンでも格好つけちゃうことがあるんだぁ~って思いました。
そして
それをわざわざ自分で告白しちゃうところがまた彼らしい

うふふ

先生が書き順通りじゃなくっていいって
自分の心感じるままに書いていいってことかなぁ~って思いました。
で、あればワタクシも書けるかも(笑)
趣味=仕事
興味のあるものは全て挑戦しての繰り返し
只今ワタクシ趣味模索中(笑)
私も字が上手になりたくペン字をちょこちょこやっております。
これだけはかろうじて…続いてる(笑)

ワタクシも大野クンの下げ目尻大好き。
ここゾッ!!! って時に目尻はキリリッ
ってなりますよねぇ♪
その瞬間
大野クンFANはo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o
(笑)
あの下げ目尻はタダ者じゃない(人じゃないから目だから)(^_^;)

No title

書って、ほんと深いですよね。
んなものには縁もなく育ち、未だに家族の誰ひとり「きれい」と呼べる字を書けるものはいませんが、
数年前に、書展でむちゃくちゃ感動した覚えがあります。
俳優の緒形拳さんが、広島の熊野筆を愛用していらっしゃって、
その縁で熊野の筆の里で個展を開かれ、ご本人もいらっしゃるとの事。
我が家から車で15分程度の所だったので、当時小学生だった
娘を連れ、いそいそとミーハー心で見に行ったのです。
はじめて「書」ってものに触れ、心から感動しました。
「書」って人が顕れるってその時はじめてわかりました。
ご本人がいらっしゃったので余計に感じました。
娘は、その時の経験が強烈だったらしく
今でも、そこで買った筆しか使いません。
学校の授業的には全く上手になってないのですが。

大衛先生の「智」と「嵐」
見てると落ち着く。ずーっと見ていたい気分になる字でした。
もっと大きなのが見たいな。
是非コラボしていただいて、智くんの「書」も見せていただきたいな

No title


智智智さん♪

私も もっと上手く文章にできればいいのにな~って思いますが、出てくる言葉は、「すごい、すごすぎる…」とかそんなんばっかりです(笑)
字も絵も、歌もダンスも お芝居も…大野くんは、謙虚で 素直に 美しく 表現していて 全部 共通するものがあるのかも。何をやっても やっぱり大野くんでしかないっていう感じがします。ぜひ 書も見てみたいですね~!

No title


ウズラさん♪

新曲がどんどん出ますね。CD予約やら うちのブログにもきてくださったり…お昼休みもお疲れ様でございます!

大野くんのまなざし。集中すると 内から何か出てきますね。やっぱり何かたくわえてる気がします。沸々とわくマグマみたいな情熱が吹き出る事があり、バラエティーのホワ~ンとした目尻とは大違いですね。

No title


さーちゃん♪

人間だもの 誰しもいいように見られたいですよね。でも、大野くんは そういうところも見抜けてしまうんじゃないかしら。だから、自分がカッコつけてるというのも 恥ずかしくなっちゃうんでしょうね。

さーちゃんはぺん字をなさってるんですね。私もぺん字も好きです。今は 筆ぺんが気に入って楽しんで書いています。

大野くんの腕や手も好きだけど、やっぱり目尻が一番かも♪
癒やされます…

No title


ちゃいむさん♪

私は 小中学校の時、書道をやってましたが その後 続けてないので 結局全然ダメですよ。大人になってから習ってる知人の方がよっぽど美しく書いています。
なので、縁なく育っても 関係ないような気がします。何かのきっかけでやる気になった時が 始め時かな…とも思います。でも、書かなくても鑑賞するだけでも 気持ちが豊かになれますよね。
緒形拳さんの書も、そして、何より大野くんの書も ぜひ鑑賞させて頂きたいです♪

line
ギャラリー
line
プロフィール

常盤めぐり

Author:常盤めぐり
朝起きて ディスカバリー聴いて 大野くんの事 考えてたら
あら!\(@o@)/
もう夜!
そんなアラフィフのユル〜イ毎日♪
大野くんなしでは明日は来ない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line